close

Enter

Log in using OpenID

9月5日号 - 北海道保険医会

embedDownload
●毎月5・20日発行
●定価1部〒共120円
●郵便振替 02790-3-20354
(会員の購読料は、会費に含まれています。)
Eメール info@h-hokenikai.com
本会のホームページアドレス
http://h-hokenikai.com/
是非ご覧ください
2面⋮●時論﹁街頭宣伝にご参
加を﹂
●解説﹁貿易協定と国民
の健康に関する
理事会決議﹂
3面⋮●支部だより
●会員訪問
●読後感
4面⋮●歯科保険診療研究
主な目次 制度の十分な理解と危険性が国民に周知されないまま
﹁マイナンバー制度﹂が見切り発車されようとしている︒
機微性が高いため限定的な利用とされた医療分野の情報
は︑
〝成長戦略の一環〟として利用範囲が拡大されようと
での被害を更に深刻なも
のとする。
医療情報は
企業の利益に
定健診データの管理」や 過した。企業などが取得
範囲を、改正案では「特 法の改定案も衆議院を通
している︒
マイナンバー(社会保 に大きく関わるものであ
障・税番号)法は「社会 ることから、個人番号と
マイナンバー法改正案
れている医療分野の利用 と同時に、個人情報保護
保障と税の一体改革」の 紐付けしない、かつ、慎
実施されるのに先駆け、 にも明記されていた。
制度が来年1月から順次 るとされ、厚労省報告書
との国会答弁は明らかに すれば第三者へ情報提供
にあたり、診療行為と異 可能にすることや、個人
拡大させる。「健診は保健 用を、本人の同意なしに
一環として成立した。本 重な取り扱いが必要であ 「予防接種の履歴管理」に した個人情報の目的外使
しかし政府は 年6月
月から各個人の番号
(マイナンバー)を記載し ﹃ 世 界 最 先 端 I T 国 家 創
詭弁である。
究に利用可能な「医療等 ある。
から新たに医療連携や研 ることも注視する必要が
さらに、政府の産業競 的として「新たな産業の
さらなる効率化・利便性
の向上が見込まれる分野、 争力会議は2018年度 創出」が書き込まれてい
ができる。さらに法の目
なり、医療行為ではない」 情報を加工して「匿名化」
た「通知カード」が郵送 造宣言﹄を閣議決定し、
される。
つまり金融や医療分野へ
6月に閣議決定された
分野の番号」を創設し、
マイナンバーと紐付けし 「日本再興戦略」改定20
のマイナンバーの利用範
マイナンバー法が成立 囲の拡大や制度基盤の活
した2013年5月、利 用を図るための改正案が
機微性の高い「患者の医 15の中で、「医療・介護
を拡大する方針を示した。 バー活用が成長戦略の目
療情報」にまで利用範囲 分野へのITとマイナン
用対象は行政が保有する 本年5月 日、衆議院本
社会保障、税、災害対策 会議で可決された。
分野の個人情報に限定さ
医療分野の利用拡大
今後個人のプライバシ 玉」として、医療データ
ーに大きく関わる医療分 活用による民間ビジネス
れ、施行後3年を目処に
対象範囲を拡大するとし
野で、なし崩し的に利用 の 活 性 化 が 盛 り 込 ま れ
すべてのカルテ、
1か所にまとめたいですか?
-知られたくない部分はあります?預け先信用できます?- き む ら
み ち お
浜松医科大学
医学部附属病院医療情報部 教授 木村 通男 氏
【パネリスト】 木村 通男 氏(浜松医科大学医学部附属病院医療情報部教授)
参加費:無 料(どなたでも参加できます)
REI ホテル 札幌市中央区南 4 条西 5 丁目 1
※詳細は同封のポスター及びチラシをご覧ください。
今年の夏も北海道は暑
かった。8月の平均気温
は例年に比較して軒並み
2・0℃前後上昇し、北
見では2・5℃も上回っ
た。またゲリラ豪雨が頻
回に各地を襲った。そん
な中、我々にはより強烈
な衝撃が走った▼地域医
年の必要病床数の推
療構想の策定に際し、道
は
年の
計結果を提示した。それ
によると、なんと
8・4万床から ・6~
・0%減の7・3~6・
9万床となっている。と
くに檜山、北空知、遠紋
地区では約半数だ。医療
の地域格差は一層拡大し、
僻地医療は崩壊する▼勿
論これは医療費削減策の
意点を中心に解説した。
整理と検証、請求時の留
して、改定内容に関する
れ一定の評価ができると
からの要求が取り入れら
省交渉等により医療現場
参加者からは、「とても
わかりやすい説明で大変
を挙げながら詳説した。
Aや審査での具体的事例
切な請求に関して、Q&
心に、増点に向けての適
療用装置・暫間固定を中
に基づくSPT・歯周治
さらに、日常診療にお
ける歯周疾患の治療計画
定されている▼秋の夜長、
病院へのペナルティも想
基本」
と言いのがれたが、
り「自主的な取り組みが
厚労省は「参考値」であ
とされた。反発にあった
は少なくとも ・9%減
府県で削減され、北海道
道
する講習会」を開催し全 始まり審査の強化が図ら
勉強になった」「不明な点
名月をめでながらゆっく
年必要病床数は、
道各地から114人が参 れる中、本年4月からの
を見直せて治療計画のヒ
調整会議には医療関係者
していられなくなった。
と思っていたが、そうも
従わない場合、道府県、
りそうな話しが聞けて大
今回の講習会は「最近 機に、特に薬剤について ントにもなり良かった」
の審査の動向と2014 は全てコンピューターに 「 具 体 的 に 増 点 に つ な が
加した。
変参考になった」「もっと
が行われていることなど、 時間を取って詳しく聞き
も加わる。しっかりと実
ばいけない。 ︵Y・K︶
態を発信していかなけれ
が寄せられた。
たい」などの感想や意見
りお団子でもほおばろう
年診療報酬改定の整理・ よる適応・用法・用量に
開催した。
戻・査定を防ぐための留
めざそう 」をテーマに 請 求 に 際 し て 無 用 な 返
ご う! 歯 周 治 療 で 増 点
再検討︱無用な返戻を防 ついての厳密なチェック
8月 日、札幌で「歯
また、電子レセプトに
科保険請求・審査等に関 おける突合・縦覧点検が
電子請求原則義務化を契
査会が公表した(6月)
意事項について説明した。 一環である。先に政府調
川西 譲児 氏(医療法人社団銀杏会川西内科胃腸科病院院長)
佐藤 明理 氏(医療法人社団明雄会そのまち歯科院長)
日本年金機構の情報漏え
【司 会】 立花 啓(本会政策部長、医療法人社団たちばなこどもクリニック院長)
第2部 パネルディスカッション
い事件を受け、参院での
日の参院本
家化」が懸念される。
第1部 特別講演
昨年4月の歯科診療報
酬改定は、保団連の厚労
日 時:2015 年 10 月 24 日(土)
15:00 ~ 17:00
審議は見送られていた。
しかし8月
会議で強行採決し、政府
は医療分野で新たな番号
制度で病歴の把握・管理
を行い、強引な医療費削
減に繋げようとしてい
る。一方、預金口座など
への紐付けにより、個人
資産を把握し医療費の窓
口負担の増加を求める考
えを示している。情報の
れるものから、企業利益
一元管理による「管理国
のための道具に変質しよ
る医療フォーラムを開催
する。多くの会員に出席
していただき、この制度
の潜む問題点について活
発な議論を行いたい。
保険請求・審査等に
関する講習会
現在、マイナンバー法
改正案は6月に発生した
注意
改正案後の行方にも
うとしている。
本会は 月 日(土)、
マイナンバー制度に関す
医療分野の拡大に
重大な懸念
編集発行人 小笠原俊一
範囲を拡大することは情 た。今後の医療情報は患
₄1
〒060-0042 札幌市中央区大通西6丁目
北海道医師会館3F TEL.
(011)
231-6281
FAX.
(011)
231-6283
報の漏えいや目的外使用 者のために利用・保護さ
1₃
1₂
11
₂₄
₂5
1₈
₂5
W
M
A
14 年改定の総括と
適切な保険請求を解説
場 所:札幌東急
₂₈
1₀
発行所・北海道保険医会
施行前から改正案
1₄
マイナンバー制度で
医療や暮らしはどうなるの?
▲ 田辺歯科副部長、
堤田理事
が解説
マイナンバ ー 制 度
1₀
ていた。
現行法では保険給付の
「 医 療 等 分 野 」 の 情 報 支給・保険料等の徴収に
は、本人のプライバシー 関する事務関係に限定さ
北海道保険医会 2015 医療フォーラム
₂₂
!!
₂1
歯 科
2015年
(平成27年)
9月5日
北 海 道 保 険 医 新 聞
第3種郵便物認可)
(1)第815号(昭和40年4月18日
北 海 道 保 険 医 新 聞
2015年
(平成27年)
9月5日
(参照価格制)
、さらに
WMA Council Resolution on Trade Agreements and Public Health
Adopted by the 200th WMA Council Session,Oslo,April 2015
PREAMBLE
Trade agreements are sequelae of globalization and seek to promote trade liberalization. They can have a significant
impact on the social determinants of health and thus on public health and the delivery of health care.
Trade agreements are designed to produce economic benefits. Negotiations should take account of their potential
broad impact especially on health and ensure that health is not damaged by the pursuit of potential economic gain.
Trade agreements may have the ability to promote the health and wellbeing of all people, including by improving
economic structures, if they are well constructed and protect the ability of governments to legislate and plan for
health promotion, health care delivery and health equity, without interference.
BACKGROUND
There have been many trade agreement negotiated in the past. New agreement under negotiation include the Trans
Pacific partnership(TPP)〔1〕, Trans Atlantic Trade and Investment Partnership(TTIP)〔2〕, the Trade in Services
Agreement(TiSA) and the Comprehensive Economic and Trade Agreement(CETA).〔3〕
These negotiations seek to establish a global governance framework for trade and are unprecedented in the size,
scope and secrecy. A lack of transparency and the selective sharing of information with a limited set of stakeholders
are anti-democratic.
Investor-state dispute settlement(ISDS) provide a mechanism for investors to bring claims against governments and
seek compensation, operating outside existing systems of accountability and transparency. ISDS in smaller scale trade
agreement has been used to challenge evidence-based public health laws including tobacco plain packing. Inclusion
of a broad ISDS mechanism could threaten public health actions designed to effect tobacco control, alcohol control,
regulation of obesogenic foods and beverages, access to medicines, health care services, environmental protection/
climate change and occupational/environmental health improvements. This especially in nations with limited access to
resources.
Access to affordable medicines is critical to controlling the global burdens of communicable and non-communicable
diseases. The World Trade Organization’s Agreement on Trade-Related Aspect of Intellectual Property Right(TRIPS)
established a set of common international rules governing the the protection of intellectual property including the
patenting of pharmaceuticals. TRIPS safeguards and flexibilities including compulsory licensing seek to ensure that
patent protection does not supersede public health.〔4〕
TiSA may impact on eHealth provision by changing rules in licensing and telecoms. Its impact on the delivery of
eHealth could be substantial and damage the delivery of comprehensive, effective, cost-effective health care.
The WMA Statement on Patenting Medical Procedures states that patenting of diagnostic, therapeutic and surgical
techniques is unethical and “poses serious risks to the effective practice of medicine by potentially limiting the
availability of new procedures to patients.”
The WMA Statement on Medical Workforce states that the WMA has recognized the need for investment in medical
education and has called on government to “….allocate sufficient financial resources for the education, training,
development, recruitment and retention of physicians to meet the medical needs of the entire population….”
The WMA Declaration of Delhi on Health and Climate Change states that global climate change has had and will
continue to have serious consequences for health and demands comprehensive action.
RECOMMENDATIONS
Therefore the WMA calls on national governments and national member associations to:
1 Advocate for trade agreements that protect, promote and prioritize public health over commercial interests
and ensure wide exclusions to secure services in the public interest, especially those impacting on individual
and public health. This should include new modalities of health care provision including eHealth, Tele-Health,
mHealth and uHealth.
2 Ensure trade agreements do not interfere governments’ ability to regulate health and health care, or to guarantee
a right to health for all. Government action to protect and promote health should not be subject to challenge
through an investor-state dispute settlement(ISDS) or similar mechanism.
3 Oppose any trade agreement provisions which would compromise access to health care services or medicines
including but limited to:
- Patenting(or patent enforcement) of diagnostic, therapeutic and surgical techniques;
- “Evergreening” , or patent protection for minor modifications of existing drugs;
- Patent linkage or other patent term adjustments that serve to as a barrier to generic entry into the market;
- Data exclusivity for biologics;
- Any effort to undermine TRIPS safeguards or restrict TRIPS flexibilities including compulsory licensing;
- Limits on clinical data transparency
4 Oppose any trade agreement provision which would reduce public support for or facilitates commercialization of
medical education.
5 Ensure trade agreement promote environmental protection and support efforts to reduce activities that cause
climate change
6 Call for transparency and openness in all trade agreement negotiations including public access to negotiations
texts and meaningful opportunities for stakeholder engagement.
〔1〕TPP negotiations currently include twelve parties: the United States, Canada, Mexico, Peru, Chile, Australia, New
Zealand, Brunei, Singapore, Malaysia, Japan and Vietnam.
〔2〕TTIP negotiations currently include the European Union and United States.
〔3〕CETA negotiations currently include European and Canada.
〔4〕See World Trade Organization, Declaration on TRIPS and Public Health(“Doha Declaration”)
解 説
り返すことになる。
75
自然増の切り込みを進
いる。保険給付範囲の
める姿勢だ。
の保険料の引き上げ、
縮小と患者負担の増大
社会保障の自然増は、 めることを目指す方針
高齢化や医療の高度化 を示している。特に、
社会保障費自然増を
により年間8000億 2 0 1 8 年 度 ま で を
円から1兆円になると 「 集 中 改 革 期 間 」 と し 政府の目標通り抑え込
入院時食事療養費の自
を柱にし、国民皆保険
者・国民の声に背を向
「 医 療 保 険 制 度 改 革 は、外来時定額負担の
関連法」では 歳以上 導入などが検討されて
むために、毎年300
己負担引き上げや、紹
いわれている。
しかし、 て、この3年間で社会
0億円から5000億
制度を崩壊に導く、患
保障の自然増を1・5
介状なしで大病院受診
政府が閣議了承した2
円の社会保障費を削減
兆円程度に抑えること
けた提起である。
問題点を訴え、道民と
ともに、安心して受け
本会は9月 日
(土)
、
札幌大通公園にて街頭
時の定額負担の導入が
街頭宣伝にご参加を
決まった。
られる医療の実現を目
宣伝行動を行う。街行
することになる。これ
指す。会員諸氏の理解
く道民に政府が計画し
は、小泉政権の構造改
また、 歳以上の窓
口負担の引き上げ、湿
ている医療制度改悪の
革時の毎年2200億
布など市販類似薬の保
を明記した。つまり、
円削減を大幅に上回
と運動への参加をお願
社会保障費は年平均5
る。その後の医療崩壊
険外し、後発品のある
000億円程度に抑制
と国民生活の疲弊をも
いしたい。
する方針を示してい
予算編成でさらに社会
先発品の負担引き上げ
る。今後、年末までの
保障削減策を推進させ、 たらした同じ過ちを繰
19
016年度予算の概算
要求に向けた基本方針
では、社会保障費につ
いては、高齢化を主要
因とする増加分として
概算要求の上限を67
00億円とすることを
決めた。
「骨太方針」
では財政
健全化目標を達成する
ため、過去3年間の実
績を踏まえ、社会保障
費を高齢化による増加
分に相当する範囲に収
原文
75
(2)
第815号
(昭和40年4月18日 第3種郵便物認可)
貿易協定と国民の健康に関するWMA理事会決議
2015 年4月、WMA オスロ理事会採択
TPP閣僚会合が7月末に開催されたが、大筋合意には至らなかった。農業分野
や医薬品の特許期間を含む知的財産の分野などで各国の主張の隔たりが大きかった
としているが、具体的な交渉内容は明らかにされないままである。今後の再開の見
通しは明らかになっていないが、グローバル企業の利益を優先し、日本の国民皆保
険や農業を破壊に導くTPP交渉からは撤退すべきである。
世界医師会(WMA)は今年4月にオスロで理事会を開き、貿易協定と国民の健
康に関する声明を採択し、各国政府と医師会に対し行動を呼びかけている。本解説
ではその全文を紹介し、今後の運動の参考に供したい。
声明文
序 文
貿易協定はグローバリゼーションの産物であり、更なる貿易自由化促進を目指し
ている。貿易協定は健康の社会的決定要因ひいては公衆衛生とヘルスケアの提供に
重大な影響を与える可能性がある。
貿易協定は経済的な利益を生み出すために設計される。交渉においては、特に協
定が健康に与える潜在的で広範な影響を考慮するべきであり、経済的利益の追求に
より健康が損なわれることがないように保証すべきである。
経済構造がよく構築され、政府の健康増進やヘルスケアの提供、健康の公平性な
どの計画が干渉を受けることなく制定されれば、貿易協定は経済構造を進歩させる
ことにより、全ての人々の健康と安寧を増進させる可能性がある。
背 景
これまで数多くの貿易協定交渉が行われてきた。現在交渉中の新しい協定には環
太平洋連携協定(TPP)
、環大西洋貿易と投資連携協定(TTIP)
、新サービス貿易協
定(TiSA)および EU とカナダ間の包括的経済貿易協定(CETA)が含まれる。
これらの交渉では貿易に係るグローバルな統治の枠組みの確立が求められ、その
規模、範囲および秘密性は前例のないものとなっている。透明性の欠如および一連
の利害関係者による選択的な情報共有は民主主義に反するものである。
国家と投資家間の紛争解決(ISDS)は、投資家が政府に対して訴訟を起こし補
償を求める仕組みを提供するもので、説明義務と透明性からなる現行の仕組みから
乖離している。より小規模の貿易協定における ISDS は、タバコの簡易包装などの
エビデンスに基づく公衆衛生法に対する法的な抗議として使われてきた。広範な
ISDS の仕組みは、タバコ規制、酒の規制、肥満を引き起こす食品や飲料水の規制、
医療やヘルスケアサービスへのアクセス、環境保護や気候変動、労働や環境衛生の
進歩などに寄与するよう設計された公衆衛生活動を脅かす可能性がある。これは、
特に資源の利用方法が限られている国々で起こりやすい。
手軽な価格の医薬品を利用できることは、感染性および非感染性疾患に対する世
界的な負担を軽減するために極めて重要である。世界貿易機関(WTO)の「知的
所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)
」は、医薬品の特許を含む知的財
産保護を管理する一連の共通する国際的ルールを確立させた。認可義務化を始めと
する TRIPS の保護条項と弾力的運用は、国民の健康を特許保護よりも優先するよ
うに求めている。
新サービス貿易協定(TiSA)は免許取得や電気通信の規則の変更により eHealth
の供給に大きな影響を与えるだろう。その影響はかなり大きなものになる可能性が
あり、包括的で有効な、費用対効果の高いヘルスケアの提供を損なうことになる。
『医薬品の特許手続きに関する WMA 声明』では、診断法、治療法そして外科的
技術の特許取得は非倫理的であり、
「患者に対する新たな医療技術の有効活用が制
限される深刻な事態が起こりうる」と述べている。
『医療労働者に関する WMA 声明』では、WMA は医学教育への投資の必要性を
認識しており、各国政府に対し「国民全体の医療要求に応えるために、医師の教育、
研修、成長、採用と確保に十分な財源を配分するよう要請している」と述べている。
『健康と気候変動に関するデリー宣言』では、世界的な気候変動は今までも、そし
て今後も健康に深刻な影響を及ぼすとして、
包括的な行動が求められると述べている。
勧 告
以上より、WMA は各国政府および各国医師会に対し、以下の要請をおこなうもの
である。
1 商業的利益よりも国民の健康を保護、増進かつ優先させ、特に個人と国民全体
の健康に影響を及ぼす公的サービスを確保するため、広範な例外規定を保証す
る貿易協定を擁護する。これには eHealth、Tele-Health、m(mobile)Health、
u(ubiquitous)Health などの新しい形のヘルスケア供給を含めるべきである。
2 貿易協定が、健康およびヘルスケアを調整し、全ての国民の健康の権利を確保
しようとする政府の行政権に干渉しないことを保証する。国民の健康保持と増
進に係る政府の活動は ISDS や同様のメカニズムを介した異議申し立ての対象
とすべきではない
3 医療サービスや医薬品の利用を損なう、いかなる貿易協定にも反対する。これ
には以下のものを含むが、それだけに限らない
・診断法、治療法および外科的技術の特許(または特許の強制)
・
「エバーグリーニング」や既存の医薬品の軽微な変更による特許保護
・市場へのジェネリック医薬品参入の妨げになる特許の連繋やその他の特許
期間の調整
・生物製剤のデータの独占的諸権利
・免許義務化を始めとする TRIPS の保護条項を損ったり、TRIPS の柔軟性
を制限する一切の試み
・臨床治験データの透明性に対する制限
4 医学教育に対する公的援助の減少や、商業化を促進するようないかなる貿易協
定条項にも反対する
5 貿易協定が環境保護を促進し、気候変動の原因となる活動を減少させる取り組
みを支援することを保証する
6 交渉内容や利害関係者の関与に係る公的アクセス権を始めとして、全ての貿易
協定交渉において透明性と公開性を要請する
んだ事などの自分の記憶 なく、国民が身近に経験 も大切だと感じている。
黒焦げの遺体を横目に遊 大がかりな報道だけでは 子や孫に語り伝えること
らを戸板で運ばれてゆく 級の悲惨な被害に関する について、個人や地域が
燃え続けている民家の傍 くべきだと思うが、最大 した戦没者や被災の状況
加していると述べた。
縦覧による査定件数が増
ターチェックが充実し、
古屋を出発したのが終戦
よると、当時梅原氏は旧 行動について厳しく反省
空襲があったという。こ た。さらに首相の談話が
れに、今はもう死語に近 閣議決定して発表される
い「ひもじい」という感 など、戦争を総括する特
の不気味な爆 別の年となった。こうい
音、焼夷弾による空襲で う作業は不断に続けてい
覚やB︱
︱ 開業して嬉しかったこと
歯科では田辺副部長と
飯田部員が平成 年度改
れに自分の経験を織りま を聞き出し、記録してお
当日の夕刻だったのは不
が重なる。疎開のため名
ぜることにした。具体的 くべきだった。
上川北部支部 支部長 長 尾 恒
戦後 年に思うこと
当支部は会員数が少な
く、かつ多くの会員が他
の団体と重複して加入し
ているので、支部の活動
が、案外記憶が曖昧だっ
者の診療、さらには訪
︱ ご趣味は
には食の歴史、味覚、食
今年の8月 日の読売 思議なタイミングだった。
材、最近の食料事情や話 新聞朝刊に掲載された哲
今年は戦後 年に因み、
学者、梅原 猛氏の回想に 先の大戦における日本の
を独自に企画しにくい。 題、また池波正太郎の小
このため昨年は、名寄開 説、鬼平犯科帳から引用
する内容の報道が多く、
年夏頃から名古屋の三菱 中でも沖縄戦や原爆によ
業医師会との共催で市民 した「初鰹1匹3両云々」 制第八高校の1年生で
健康講座を担当するかた の話なども紹介し、最後
た。大人達から当時の話
り、同年暮に名古屋初の 番 組 が 改 め て 注 目 さ れ
重工で勤労奉仕をしてお る被害の悲惨さに関する
日に「食」につい も言及した。
ちで私が演者を引き受け、 に高齢者に対する胃瘻に
月
この際自分の職業から離
て複合的な話をした。
また自分が経験した太
病気についての講演は 平洋戦争末期から戦後の
各種開催されているので、 食料難時代の話も加えた
れてゼロから準備し、こ
患者様が歯科衛生士学 いため、自転車を取り
に来院してくれたり、 年は腰の調子が良くな
平成3年8月、日本 問での診療となれば、
当院の患者様が母親
夏はランニングに励
歯科麻酔学会認定医を 開業が必要であると考 となり、お子様の治療 んでいます。ただ、今
︱ 開業後に苦労したこと
取得していますが、一 えました。
般診療が中心です。ま
苦労しました。採用し 嬉しかったです。
準指導員のためスキー
た、矯正も行っていま
地方ということもあ 校に進学し、歯科業界 入れています。冬はス
り、スタッフの確保に で働いてくれたことが キーを続けています。
す。
︱ 開業した動機は
尾谷病院の本院では、 ても続かないスタッフ ︱ 診 療で心がけていること 学校の検定等の手伝い
訪問看護を実施してお が多かったので、パー
診療の内容や患者様 もしています。
り、歯科での訪問診療 トの歯科衛生士を多く の現在の状況をしっか ︱ ご 家族は
保険診療に関する研修会
小㌭・後志支部(末永
通支部長)は8月8日、
て電子レセプト化に伴う
「最近の審査の動向」
とし
留意点を解説。さらに、
定を受けた点数項目毎の
を開催し、医科・歯科会
の伊藤正美研究副部長、
た。医科研修会では本会
記載上の注意点、指導・ 情報により要件を満たさ
請求のチェック、算定日
特に縦覧点検による過誤
審査の傾向を説明した。
歯科では田辺隆歯科副部
監査の仕組みや指導時の ない請求事例、薬剤の突
名が参加し
長、飯田一彦歯科部員が
指摘事項などについて解 合点検による適応外使用
員合わせて
講演を行った。
伊藤副部長は「保険診 説。さらに、最近の審査 例の発見などが容易に行
療の留意点 ︱最近の動向」 の動向にも触れ、薬剤や われるようになり注意が
のテーマで、保険診療に 検査等の適用外使用、傾 必要と指摘した。
会場からは、請求の実
関し療養担当規則等の法 向診療等の査定事例など
令上の留意事項、カルテ を紹介した。また、最近 務等に関して活発な質疑
は審査機関のコンピュー が寄せられた。
戦後リベラルの終焉
なぜ左翼は社会を
変えられなかったか
池 田 信 夫 著 PHP新書
国民は政府に対する不
満をリベラルに期待して
きたが世の中は変わらず、
一つの方向に向かってい
話し、患者様の希望と 当院の訪問指導や施設 施設への訪問がより必
リベラルと称するように
々が左翼と言う名を嫌い
きた。戦後中道左派の人
る人々が政府と対峙して
日本には戦前戦後を通
して左翼、左派と呼ばれ
今の日本に必要なのは、
日本全体の空気に流され
いる。
因があると筆者は述べて
こなかったのに失敗の一
い、物の本質を見極めて
るように思われる。リベ
当院ができる内容を検 入所者の健口を守る活 要になると考えていま
なった。そのリベラルと
討しています。
︱ 患 者 さ ん に 対 し て 家 族
す。
頑張って頂きたいです。
︱ ど の よ う な 医 院 を め ざ ︱ 今後の目標は
していますか
2025年問題に向
「 ゆ り か ご か ら 墓 場 けて、最期まで好きな
まで」と、一生涯かか 物を口から食べられる
わる歯科医院にしてい 手助けをしていきたい
ラルは進歩的文化人を装
のように親身になって
ない物の本質を見極める
にも大変興味がありま 採用してシフトを組む り説明するようにして
妻と子ども3人で
います。時間をかけて す。妻は歯科衛生士で、 だけではなく、自宅や
した。子どもから高齢 ようにしています。
対応されており、これか
称する知的にエリートな
能力を持つリベラルな人
動もしています。
らも地域の支えとして
人々が、敗北してきたこ
々ではないか。
■ 日 時 10 月3日(土) 午後4時~6時
日︶
① 年度歯科部関連事業の具体化等について
(8/ )歯科保険請求・審査等に関する講
習会、
(9/5)歯科医療安全管理に関する研
修会・歯科施設基準届出に係る研修会、( /
)第 回歯科市民集会等、各事業の具体的
な進行や申込状況、企画内容・準備等につい
て協議・検討する。
②次期歯科診療報酬改定等について
最近の報道や厚労省資料を基に次期診療報
酬改定に関する情勢等について協議する。
③そ の他
︿主な協議・検討事項﹀
第5回歯科部担当理事会︵8月
歯科部だより
■ 場 所 北海道保険医会 会議室
70
︱ ご専門は
保険診療の留意点・
査定対策を説明
とに日本の抱える深い問
︵聞き手
(• / )
医療フォーラムの歯科パネリスト
選定について
保
• 団連「入院・介護と口腔」の発行の案内
と注文について
11
小㌭・後志支部 保険診療研修会
です。診療室での治療
(• /
「保団連若手医師歯科医師の
‒)
つどいIN長崎」参加について
次回 9月9日
(水)
本
• 会新聞9月5日号「保険診療研究」原稿
のテーマ等について
₂₃
http://nakamura-family.info
₂₆
︵M・S︶
~ クリニック(医科・歯科)の医院継承と税務問題 ~
継承問題を考える
₂₂
₂₄
₂₂
7₀
きたいと思います。
題がある。
- ライフプラン講座 -
5
1₀
₄₄
73
₂1
15
事務局 宮崎︶
(札幌市中央区大通西6丁目6 北海道医師会館3階)
■ 講 師 むらずみ経営グループ代表取締役
玉木 祥夫(たまき よしお)
さん
■ 参加費 無料
同封のチラシで
お申し込みください
■ 定 員 先着 50 名
₁₂
北海道保険医会
₂₇
15
略歴 新十津川町出身。
昭和62年に北海道大
学歯学部を卒業。平成元年より同大学病院歯
科麻酔科医員、
平成4年には医療法人社団尾
谷病院新千歳空港クリニック歯科院長を経て、
平成8年9月、
なかむらファミリー歯科を開業。
1₄
11
なかむらファミリー歯科・滝川市
68
₂9
1₀
一生涯かかわる 歯科医院を目指して
中村 光宏 先生
2015年
(平成27年)
9月5日
北 海 道 保 険 医 新 聞
第3種郵便物認可)
(3)第815号(昭和40年4月18日
北 海 道 保 険 医 新 聞
2015年
(平成27年)
9月5日
(4)
第815号
(昭和40年4月18日 第3種郵便物認可)
歯科外来診療環境体制加算
歯科外来診療環境体制加算(外来環、再外来環)
初診時 +26 点、再診時 + 4点
厚生労働大臣が定めた施設基準に適合し、地方厚生(支)局長に届け
出た保険医療機関に限り、患者1人につき初診料および再診料に加算す
る。改めて施設基準について確認をする。
歯科外来診療環境体制加算の施設基準
1.①偶発症に対する緊急時の対応
②医療事故
③感染症対策
の医療安全対策に係る研修(本会でも毎年開催しております)を終
了した常勤の歯科医師が1人以上配置されていること
※外来環の施設基準に係る研修は、3項目全てを終了しているこ
とが要件。外来環の施設基準となっている研修(修了証)は、
届出日から3年以内のもの。届出にあたっては修了が確認でき
る文書またはその写しを添付する。
2.歯科衛生士が1人以上配置されていること(常勤・非常勤を問わない)
3.患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うための次の十
分な装置、器具などを有していること
①自動対外式除細動器(AED)
②経皮的酸素飽和度測定器(パルオキシメーター)
③酸素(人工呼吸 , 酸素吸入用のもの)
④血圧計
⑤救急用蘇生セット
⑥歯科用吸引装置
※歯科用吸引装置とは口腔外の吸引機能をもつ装置で、薬事法
上の承認を受けたものに限られる。
4.診療における偶発症など緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保
険医療機関(医科)との事前の連携体制が確保されていること(医
科歯科併設の場合は同一保険医療機関でもよい)
※医科の先生の承諾が必要。
5.口腔内で使用する歯科医療機器などについて、
患者毎ごとの交換や、
専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底するなど十分な感染症対
策を講じていること
6.感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保などを含め
た診療体制を常時確保していること
※感染症患者の専用のユニットが常設されていなくても、複数台
のユニットを用いて円滑な診療体制が確保されていればよい
7.歯科用吸引装置などにより、歯科ユニットごとに歯の切削や義歯の
調整、歯の被せ物の調整時などに飛散する細かな物質を吸引できる
環境を確保していること。
8.その保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療
機関との連携方法やその対応およびその医療機関で取り組んでいる
院内感染防止対策など、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施し
ている旨の院内掲示を行っていること
疑義解釈 H 24. 3. 30
Q 歯科外来診療環境体制加算の施設基準適合の届出をした
保険医療機関において、1日2度来院した場合であっても、
同日2回目の再診時に再診時歯科外来診療環境体制加算を
算定しても差し支えないか。
A 差し支えない。
Q 電話再診の場合でも、この加算は算定できるのか。
A 外来診療に対する評価であることから、算定できない。
歯科外来診療環境体制加算の取得に必要な装置・器具の一例
メーカー
AED
酸素マスク
および
酸素ボンベ
救急蘇生セット
パルスオキシメーター
商 品 名
CU
AED iPAD NF 1200
ヤガミ
ライフパック CR Plus
アドミス(株)
AED PLUS
PHILIPS
ハートスタート HS 1
日本光電工業(株) AED2100 カルジオライフ
みどり安全
O2 パック
セキムラ
活気ゲン OQ
新鋭工業
セキムラ
セキムラ
村中医療器
セキムラ
オキシム
チェスト(株)
セキムラ
コニカミノルタ
酸素吸入器 オキシゲン5型
オキシカート 500c
酸素ボンベ(500L)
アンブ蘇生パック SPUR Ⅱ
MMI 人工蘇生器 NVY 成人用セット
アンブ蘇生バックマークⅣ
オキシボーイ
ほっとパル B
フィンガー SB220
パルソックス -1
NISSEI
パルフィス WB-100
東京技研
歯科用吸引装置
東京技研
フリーアーム アルテオ -F
フリーアーム アルテオ - I
フリーアーム アルテオ -T
フリーアーム アルテオ -S
TCV-FAC-21S
TCV-FAC-21W
特
徴
消耗品(パット)
(バッテリー)
¥9,000/2 年毎
¥29,000/4 年毎
セットで¥18,000/2 年毎。 8 年分の消耗品パック¥339,000
¥28,000/5 年毎
¥4,900/5 年毎
¥10,000/2 年毎
¥34,000/4 〜 5 年毎
¥6,800/2 年毎
¥18,000/2 年毎
使用時間 13 分間、使い捨て、3 年間有効
使用時間 9 分間 別売酸素カートリッジ 5本入り ¥11,250
酸素ボンベ無
酸素ボンベ無
ディスポーザブル成人用、小児用は¥5,100
酸素充填バック、酸素延長チューブは滅菌不可
ベビー用・成人用・すべて滅菌可能
指先に装置。SPO 2・脈拍測定。
指先に装着。SPO 2・脈拍測定。
指先に装着。SPO 2・脈拍測定。
指先に装着。SPO 2・脈拍 衝撃対策機構
手首と指先に装着。SPO 2・脈拍、最高最低血圧
データーは SD カードに記録、パソコンで管理
セントラル方式固定型・シャッター床上設置
セントラル方式固定型・シャッター床上収納
セントラル方式固定型・天井設置型
単体移動型
セントラル方式の操作盤・使用口数3カ所まで
セントラル方式の操作盤・使用口数6カ所まで
定価(税別)
¥198,000
¥285,000
¥289,800
¥358,000
¥391,800
¥9,800
¥18,000
¥35,000
¥41,000
¥21,000
¥4,500
¥23,000
¥47,400
¥9,340
¥14,000
¥24,800
¥49,800
¥85,000
¥500,000
¥520,000
¥680,000
¥780,000
¥900,000
¥1,500,000
※一例の為、他のメーカーでの取り扱いもございます。
北海道保険医会
女性部会
「市民公開セミナー」ご案内
子どもの貧困と児童虐待
家族の不思議
~本当に貧困が、
虐待や非行を引き起こすのか !?
最近の「児童虐待」
「少年非行」など「子ども」が関係した
事件や報道で「何かおかしい」と感じたことはありませんか?
今回、
「児童虐待」
「少年非行」など家族の問題に数多く携わ
り経験されてきた弁護士の内田信也さんをお招きし、
「家族」
「貧
困」
「虐待」
「非行」などをキーワードにお話いただきます。
講 師 弁護士 内田 信也(うちだ しんや)氏
(北海道合同法律事務所・札幌弁護士会所属)
日 時 10 月 17 日(土曜日)午後 3 時~ 5 時
場 所 かでる 2・7 1040 会議室(札幌市中央区北 2 西 7)
参加費 無料(どなたでも参加できます)
※詳細は同封のポスターをご覧ください。
〈 平成 27 年度 北海道保険医会 日帰りバスツア-〉
文化講演会 - 札幌市医師会「自然・昆虫クラブ」との共催 -
三笠ジオパークツアー
「野鳥生活 60 年 ・ 埼玉、北海道そして世界へ」
- 体験してみよう! 時空を超えた魅力が満載 -
三笠市は日本一のアンモナイト収蔵量を誇る市立博物館
や炭鉱遺産、貴重な地質を間近で見学できる野外博物館が
あり、それらが「三笠ジオパーク」として認定され、色々
なジオツアーが開催されています。今回は、三笠市役所商
工観光課のご協力で “ 一億年時間旅行体感ツアー ” を体験
していただく予定です。
日 時:10 月4日(日)北海道医師会館前 8時30分 出発
場 所:三笠市方面
定 員:40 名(先着順)
参加費:大人 2,500円 小人(小学生)1,500円(昼食代含む)
* 詳細は、同封のチラシをご覧ください。
しまだ
ただし
講師 鳥類写真家 嶋田 忠 氏
嶋田氏は、野鳥を中心とする写真家として同ジャンル
の草分け的な存在であり、鳥好きな方はもちろん、そ
うでない方にもプロならではの精密で迫力ある画像
は必見です。
日 時:9 月 12 日(土)午後4時 ~ 6時
場 所:札幌市医師会館 5 階大ホール
( 札幌市中央区大通西 19 丁目 )
定 員:200 名
参加費:無料(どなたでも参加できます)
お問合せは本会事務局まで。 Tel 011- 231- 6281
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 996 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content