close

Enter

Log in using OpenID

ガスパビリオン 炎のマジックシアターについて(概要)

embedDownload
会見資料
ガスパビリオン 炎のマジックシアターについて(概要)
平成16年4月1日
社団法人 日本ガス協会
1.名称
ガスパビリオン 炎のマジックシアター
※略称:ガスパビリオン 英名:GAS PAVILION
5.展示内容
「ガスパビリオン 炎のマジックシアター」の主な展示は「プレショー」「メインショー」「展
示ホール」の3部で構成します。
2.ロゴタイプ
炎が本来持つ「やさしさ、楽しさ、神秘性」
を軸にパビリオンの中で展開する「エンターテ
イメント性あふれるライブショー」をイメージ
しています。(5.展示内容参照)
(1)プレショー
プレショーは、メインショーをより楽しんでいただくための導入ゾーンです。
(2)メインショー
メインショーでは、炎をはじめとする特殊効果、映像、音楽、それにアクターが織り成す「ライ
ブ感」と「エンターテイメント性」のあふれるショーを展開します。
また、来館者とアクターとの対話、ユーモアいっぱいのストーリーとファンタジックな演出、不
思議な炎のマジックなどを楽しみながら、「炎の持つやさしさ、楽しさ、神秘性」や「エネルギー
の大切さ」を感じていただきます。
演出に使用する実際の炎には、天然ガス(都市ガス)を使用します。
※右上のキャラクターは、メインの展示で登場
する人物(魔術師)をイメージしてイラスト
化したもの。
3.テーマ
ゆめエナジー 人へ、地球へ
「人にやさしい」「地球にやさしい」クリーンエネルギーとして、世界的に普及拡大が期待さ
れている天然ガスの多様性・可能性を演出します。
4.外観
リズミカルに楕円を描いて林立する
列柱と、外周にそって伸びる緩やかな
階段が特徴。パビリオン外壁への木材
利用や屋上緑化など周辺の緑との一体
感を醸し出します。
また、バリアフリーに配慮すること
はもちろん、1階部分に広いピロティ
(屋根のある屋外空間)を設け、雨天
時や酷暑期において入館待ちとなる場
合でも快適に過ごしていただける「人
にやさしいパビリオン」。
(敷地面積:2,000㎡)
(延床面積:約2,000㎡)
<参考:出展場所>
ガスパビリオン
炎のマジックシアター
演出イメージパース
(3)展示ホール
展示ホールでは、ガスエネルギーを使った様々な技術や情報を紹介するゾーンです。
・未来のエネルギー資源として脚光を浴びつつある「『氷なのに燃える』メタンハイドレート」
・2005年に商品化が予定されている「『ガスで電気を作る』家庭用燃料電池」
・オゾン層を破壊するフロンを使用しない「『ガスを燃やして冷やす』ガス冷房」
など、「不思議なガス」をキーワードに、天然ガスを中心とするガスエネルギーの未来性・多様性
を紹介していきます。
以 上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
248 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content