close

Enter

Log in using OpenID

インテリアコーディネーター実践科(昼間部)

embedDownload
訓練番号: 認 22-40-03-18-1567
インテリアコーディネーター実践科(昼間部)
定員30名
特色&訓練目標
■ 必要な知識全般を習得し、さらに実際の業務で必要となる知識と業務遂行時のパソコンスキルを身につけ
る事で、インテリア関連会社、建築設計事務所、照明器具のメーカー及びショールーム、オフィスインテリア等の
設計事務所等で活躍できるインテリアコーディネーターとして就業できる事を目標とする。
― 応 募 方 法 ―
ハローワーク
でお申し込み
選考会の
ご案内
選考試験
結果通知
入校の
ご案内
訓練開始
(1)住所管轄ハローワークにて就職のための相談を受け、原則ジョブカードの交付が必要です。
(2)ハローワーク窓口にある受講申込書に必要事項を記入し、写真(上半身、脱帽、正面向、縦4cm×横3cm
応募6ヶ月以内に撮影したもの)を添付のうえ、ハローワーク窓口にて確認を受け、訓練実施施設(求人情報
ふくおか)に直接本人が提出して下さい。
(3)募集期間 : 平成 23 年 4 月 22 日~平成 23 年 6 月 7 日
(4)選考試験実施日 : 平成23年6月9日
(5)選考試験内容 : 面接、筆記試験
(6)選考試験実施場所 : 求人情報ふくおか 福岡センター
( 福岡県福岡市中央区天神3-15-24 8F)
※受講条件
(1)安定所に求職申し込みを行っている者であること。
(2)現在有する技能、知識、職業経験等と労働市場の状況から判断し
て基金訓練を受講することが適切であると判断され、キャリア・コンサ
ルティングを経て安定所長による受講勧奨を受けた者であること。
(3)訓練を受けるために必要な能力等を有する者であること。
(4)公共職業訓練の受講終了後1年未満でない者であること。
(7)合格発表 : 平成23年6月10日(郵送にてお知らせ致します。)
※授業料は無料です。
※講座のテキスト料金(¥26,000-)、交通費、資格取得の受験料などは自己負担となります。
※雇用保険を受給出来ない方が、ハローワークの斡旋により職業訓練を受講する場合に一定の条件を満たせば
訓練期間中の生活保障として、訓練・生活支援給付金が支給されます。
【訓練期間】
平成23年6月20日~
平成23年12月19日
9時00分~15時30分 【研修場所】
求人情報ふくおか
福岡センター
【お問合せ先・受講申込書提出先】 9:30~17:30
㈱求人情報ふくおか
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3-15-24 8F
TEL : 092-738-1001
認定様式第5号
訓練カリキュラム
訓練実施機関名: 株式会社求人情報ふくおか
職業横断的スキル習得訓練コース( IT基礎 分野)
想定する就職先の職務・仕事
(基礎演習コースにあっては、訓練修了後に
想定する実践演習コースの訓練分野)
基礎演習コース ( 分野)
実践演習コース ( 建築関連 分野)
社会的事業コース ( 型訓練)( 分野)
訓練コース名
訓練科名
インテリアコーディネーター実践科(昼間部)
募集期間(予定)
平成 23 年 4 月 22 日~平成 23 年 6 月 7 日
選考日(予定)
平成23年6月9日
インテリア関連会社 建築設計事務所
照明器具のメーカー及びショールーム
オフィスインテリア等の設計事務所
選考方法
□ 面接 □ 筆記試験 □その他( )
選考結果通知日
平成23年6月10日
訓練期間
平成 23 年 6 月 20 日~平成 23 年 12 月 19 日 ( 6 か月)(訓練日数 108 日)
9 時 00 分 ~ 15 時 30 分
訓練時間
訓練対象者
の条件
訓練目標
(仕上がり像)
訓練修了後に取得
できる資格
練
内
30名
訓練定員
インテリアに興味を持ち、必要な知識の習得を目標に再就職を目指す人
必要な知識全般を習得し、さらに実際の業務で必要となる知識と業務遂行時のパソコンスキルを身につける事で、イン
テリア関連会社、建築設計事務所、照明器具のメーカー及びショールーム、オフィスインテリア等の設計事務所等で活
躍できるインテリアコーディネーターとして就業できる事を目標とする。
・インテリアコーディネーター ・福祉住環境コーディネーター ・カラーコーディネーター
科目
入校式/オリエンテーション
/修了式
就職支援
学
科 建築諸論
の資格取得(任意)が可能である
科目の内容
・開校においての様々な注意およびオリエンテーション
・修了においての挨拶および修了証の交付
接遇・・ビジネス電話の基本・電話のかけ方の基本・電話の取次ぎ…6時間
電話対応・職務経歴書・履歴書の書き方…12時間
面接の心構えおよび実際の面談の指導…6時間
面接の受け方および模擬面談…12時間
建築構造・インテリア基礎・建築工法・建築士・建築基準法などインテリアに関する基礎知識
インテリア製図
製図に関する知識を学び製図の読み方から試験対策に向けての技術対策を行う
インテリアパース
パースの基礎からインテリアに欠かせない内装パース、試験対策に必要となる着色までの技術習得
を目指す
実際の建築物や展示場といった実際の仕事現場に出向きどのように図面が活かされインテリアを構
成しているかを学ぶ
実 インテリアエレメント
技
パソコンワーク
職場見学
職業人講話
インテリアコーディネーター資格試験に向けて『販売編』『技術編』への試験対策をおこなう
・職場見学 6H×2回
6
36
144
51
業務遂行にあたりインテリア/建築専門書類作成時に必要となるエクセル・ワードからCADソフトを
使った図面作成までを学んでいく。
インテリアコーディネーター資
格対策
職場体験
訓練時間
144
21
75
147
18
・職場体験 6H×1回
その他
訓練時間総合計
642.0時間
座学の場合の訓練形態
施設設備や教材等を有効に活用
指 した効果的な指導のための工夫
導
方
法
受講者ごとの特質及び習得状況
に応じた指導のための工夫
(学科186.0時間
、実技438.0時間
、職場体験等18.0時間)
□ 集合型 □ その他( )
1. 集合型授業を基本に取り組み、コミュニケーションや他の授業でもグループワーキングを取り入れる。
2. 状況に応じて基本の教材以外に、さまざまな資料なども柔軟に追加する。
1. 講師による習得および理解度のテストを実施する。
2.インテリアコーディネーター資格試験に直結したカリキュラムを中心に構成し就職に有利な資格取得をめざす。
3.資格取得だけにとどまらず、入社後必要となる書類作成業務にも対応し業務遂行に合わせた実践的な内容のカリキュラム
構築と指導を行う。 4.現役
の一級建築士・インテリアコーディネーターの指導により資格取得だけではなく『仕事』に直結す
※受講条件
(1) 安定所に求職申し込みを行っている者であること
(2) 現在有する技能、知識、職業経験等と労働市場の状況から判断して基金訓練を受講することが適切であると判断され、
キャリア・コンサルティングを経て安定所長による受講勧奨を受けた者であること。
(3) 訓練を受けるために必要な能力等を有する者であること。
(4) 公共職業訓練の受講終了後1年未満でない者であること。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
118 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content