close

Enter

Log in using OpenID

道徳指導略案【友の肖像画】⑨

embedDownload
道徳指導略案【友の肖像画】⑨
貝塚市立木島小学校 川崎雅也
1.学 年: 小学校高学年
2.主題名:『友情』 2-(3) 互いに信頼し、学び合って友情を深め、男女仲よく協力し助け合う。
3.主題設定の理由:
今回は、指導項目2-(3)をうけ、相手の人間的成長を願い、互いに励まし合い、高めあう心を育てることをねらい
とする。真の友情は、変わらない信頼があってなりたち、相手に対する敬愛の念がその根底にある。しかし、5年生のこ
の時期、感情の起伏が激しく、些細なことから感情の行き違いが生じ、せっかくの友達関係が台無しになってしまうこと
がよくある。真の友情や友情の尊さについて理解を深め、友情がいっそう確かなものになるよう指導をしていきたい。
4.ねらい:正一の版画を見て変化したぼくの心を通して、互いに信頼し学び合って友情を深めあう道徳的実践意欲を養う。
5.出典:友の肖像画(文部省)
6.指導の展開例
授業内容・発問など
生徒の反応
留意点
導入 ・「生きる」と黒板に書く。
2分
展開 ・資料を範読。おさらいをする:
・範読は教師がする。
①
・おさらいは簡単にする。
発問1:「正一の家族も引っ越して…」 ・調子悪いのかなあ。どうしたのかなあ(不安)
12分 どんな理由で、正一から手紙が来ないと ・何かあったのかなあ。心配だなあ(不安)
場合・(正一を友として疑う)場合
ーンを考える)⇒結局手紙を書かない
ぼくの心の揺れを見つめる。
展開 発問2:
②
25分
発問1:(正一の病気を心配する)
ぼくは考えましたか?(いろいろなパタ ・ぼくのことを忘れてしまったのかなあ(疑問)
・他に仲のよい友だちができたのかなあ(疑問)
【中心発問】 (1)正一:
「前の学校のとき…」
正一の解説を読みながら、ぼくはどん
・版画をよくがんばったな。(努力)
発問2:
版画を見たときの衝撃、そこか
・正一はほんとうに努力をしたのだな(努力)
ら変化した主人公の思いを、児童
なことを考えていましたか?
・1年間すごいな。なんてすごい版画だ(尊敬)
としっかり考えたい。その中でぼ
■補助発問1:
・やっぱり正一はすごい(尊敬)
くが正一を信頼しきれずにいたこ
主人公が流した涙は、どんな涙?
・いくらか物が持てるようになってよかった(安堵) とを後悔し、そして正一のすばら
・うれし涙、喜びの涙、感謝の涙、
・自分を忘れていなかったのだ(安堵)
しさに気づいた喜びを児童と共有
・後悔の涙、申し訳ない涙、
・これからも頑張ってほしいな(希望)
したい。
・希望の涙、未来への涙、
・病気がよくなればいいのに(希望)
“本当の友だちとは何か”しっか
・正一の顔が見たいな(希望)
りと児童と見つめたい。
■補助発問2:
正一は、どんなことを思いながら、版 (2)自分
画を1年間彫り続けていましたか?
→元気になってぼくに会いたい。
・自分は1年間何をしていたのだろうか(後悔)
・手紙を書かなかった。ごめんなさい(後悔)
また野球がしたい。絶対やる。
・正一を疑ってごめんなさい(後悔)。
病気なんかに負けたくない。
・他に友だちができたなんて思ってごめん(後悔)
しんどくてもやり続けたい。
・手紙を書けばよかった。これから書くぞ(希望)
■補助発問3:
どうして正一はぼくの肖像画を彫る
(3)友情
・正一の僕を思う気持ちがほんとうにうれしい。
ことにしたの?家族・風景じゃないの?
・すごい。ありがたい。うれしい。感動した。
→ぼくのことが一番好きだから。
・病気が治って一緒にボール投げたい。絶対に。
しんどいけれどぼくのことを思うと
・正一は心から本当に信頼できる友だちだ。
がんばれそうだから。
・自分はもっと正一を信頼すべきだった。
ぼくを版画で彫ると、
何か自分を応援
・正一はやっぱり信頼できるぼくの友だちだ。
してくれているみたいに思うから。 (4)生きる
■真の友情は:
相互に変わらない信頼があ
って成り立つもの。相手に対
する敬愛の念が、その根底に
ある。
■信頼:相手を丸ごと信じる
信用が、
「悪いようにはしな
いだろう」程度の消極的な人
間関係であるのに対し、
「自
分の味方になってくれる」と
の、積極的な意味合いがある
補助発問を使い、正一の心を考
苦しいことでも、ぼくと一緒なら乗り
・心から信頼することがやっぱり一番大切だ。
えることで、友情についての思い
越えることができると思ったから。
・正一とはこれからもいい友だちでいたいな。
を深めたい。最後の補助発問には
ぼくを信頼しているから。
・心から信頼できる友だちがいることは幸せだな。
必ず時間を残しておき、じっくり
僕ともう一度野球がしたいから。
・正一と共に素晴らしい人生を生きるぞ。
問い“友情”について深めたい。
終末 ・生きる⇒共に生きる
6分 ・感想を書く。
7.評価:互いに信頼し、学び合って友情を深める道徳的実践力が育まれたか?
・学級通信で感想を振り返る。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
22
File Size
193 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content