close

Enter

Log in using OpenID

花粉症 大気汚染で猛威

embedDownload
花粉症が猛威をふるっている。都内の三・五
こ
人に一人が花粉症に苦しんでいるという。 ﹁
ちら特報部﹂でも、記者の半分がマスクに頼っ
てすごしている。今季は例年の二倍近い飛散量
になると予想されているが、それに加えて、最
近の研究では大気汚染が花粉症のリスクを高め
中山洋子)
ることが指摘されている。気が抜けない状況が
続く 。 (
ここのところ首都圏のが多くなりそう﹂(都健
花粉予報マップは連日、康保険課)。花粉の飛散
ほぼ﹁極めて多い﹂を示量がシーズン中の累計で
上になると、花粉症に十
す真っ赤な色に塗りつぶ一立方があたり二千個以
されている。
東京都の花粉情報のア分に注意することが必要
クセス数もうなぎ上り。 とされる。今季は東日本
昨年は二月から三カ月半を中心に、この目安を大
の情報提供期間で三十五きく上回る見込みだ。
万三千件だったのが、今ちなみに環境省の全国
年は一カ月半ですでに四の都市別の予測では、水
十三万三千件(今月二十戸市が一万六千七百九十
日現在)に達している。 個(前年比で約五倍)と
被害広げる仕組み解明
宇都宮市などが続く。東
京都千代田区も七千七十
個と前年比で約五倍。過
去十年の平均値と比べて
増えたマスク姿
花粉対策などで
の 人 た ち =東 京
都千代田区で
い年の翌年は増える傾向レルゲンは花粉の表面ゃ
にある。それと、猛暑の 世 にある一努以下の粒に
翌年も大量飛散しやすい含まれている物質だった
という。 ﹁近年は冷夏のことが分かった。
年がなく、過去十年の平王准教授は﹁花粉が大
均値は一九九0年代より気中のPM2・5にくっ
増えている﹂ 。林業の低つくと、破裂し、アレル
迷でスギ林の間伐や伐採ゲンの粒が飛び出しゃす
に一週間以上も滞留する
が進まないため、花粉をくなる﹂と説明する。
つける三十年以上のスギアレルゲンの粒は空中
も増える一方だ。
さらに﹁悪い知らせ﹂ばかりか、車の走行など
が届いている。大気汚染で繰り返し舞い上がって
との絡みだ 。車の排ガスいるという。
などのほか、中国から飛﹁きれいな空気でも二
し来する微小粒子状物質P 割の花粉から微小なアレ
染された大気では、それ
掴 M 2・5の影響が心配さルゲンが飛び出すが、汚
隣 れ て い る。
. 埼 玉 大 大 学 院 の 王 青 躍 が 八 割 に 上 る。去年の四
.准教授(環境制御工学) i五倍の花粉があるとす
圏らの研究で、 PM2・5 れば、汚染された大気中
聞が花粉を爆発させ、被害ではアレルゲン物質の量
・を広げるメカニズムが徐は数十倍にもなる﹂
王准教授は﹁微小なア
これまで花粉症の原因レルゲンは気道から肺
も、一・八倍の大量飛散々に分かってきた 。
になるという。
NPO法人﹁花粉情報物質は、約三十努のスギにも侵入し、花粉症ばか
解消が急務と訴えてい
る。
のみ屯らず、大気汚染の
対策には目先のスギ花粉
協会﹂の佐橋紀男事務局花粉そのものと思われてりかぜんそくの引き金に
.
長によると、飛散が少ないた 。しかし、原因のアもなる﹂と警告。花粉症
花粉+PMU ← アレルゲン大量放出
と、今年も症状が出る人
﹁これまでの傾向を見る
花粉症の患者も増える。
花粉が多い年は当然、
最多で、群馬県高崎市や
花粉症 大 気 汚 染 で 猛 威
ωωMmil_*Elール [email protected] I
開
5特 報 部
24
12 版 E掴E・~~・
2013年 (平 成 25年 )
3月25日(月曜日〕
厚罰
$
F
l
T
'
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
201 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content