close

Enter

Log in using OpenID

主な表面処理

embedDownload
132-注意 07.8.22 2:06 PM ページ136
主な表面処理
(JIS H8615より抜粋)
工業用クロムめっき
主として耐摩耗性、耐食性を付与する目的のクロムのめっき
めっき硬さ HV800以上
種類及び記号
めっき前後の加工方法の記号
種類
等級
記 号
めっき厚さ
めっき前
めっき後
工業用クロム
めっき
1級
MICr 1
0.002以上
バフ仕上げ
1BF
2BF
2級
MICr 2
0.01 以上
ブラスト仕上げ
1SB
2SB
3級
MICr 3
0.02 以上
グラインダ加工
1G
2G
4級
MICr 4
0.03 以上
5級
MICr 5
0.05 以上
6級
MICr 6
0.1
以上
電解メッキのため、端部、エッジ部にメッキが厚く付く特性があります。一般的にヤキイレシャフトは、MICrlー2BF(めっ
き厚2∼5μ、バフ仕上げ)が多く、2種(10μ)以上のメッキ厚については、仕上げ公差により、研削仕上げにて加工い
たします。台形送りねじにつきましては、ねじ歯面のエッジ部にめっきが厚く付く特性があります。
無電解ニッケルーりんめっき
(JIS H8645より抜粋)
主として耐摩耗性、耐食性を付与する目的でりん2∼5%を含むニッケルめっき
めっき硬さ HV500以上(熱処理にてHV600∼1000)
種 類
無電解ニッケル
ーりん
めっきの
最小厚み
等級
1級
2級
3級
4級
5級
6級
7級
鉄及び鉄合金
3
記 号
ELpーFe/NiーP 3又は[1]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP 3又は[1]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP 3又は[1]
鉄及び鉄合金
5
ELpーFe/NiーP5又は[2]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP5又は[2]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP5又は[2]
鉄及び鉄合金
10
ELpーFe/NiーP10又は[3]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP10又は[3]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP10又は[3]
鉄及び鉄合金
15
ELpーFe/NiーP15又は[4]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP15又は[4]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP15又は[4]
鉄及び鉄合金
20
ELpーFe/NiーP20又は[5]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP20又は[5]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP20又は[5]
鉄及び鉄合金
30
ELpーFe/NiーP30又は[6]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP30又は[6]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP30又は[6]
鉄及び鉄合金
50
ELpーFe/NiーP50又は[7]
銅及び銅合金
ELpーCu/NiーP50又は[7]
アルミニウム及びアルミニウム合金
ELpーAl/NiーP50又は[7]
均一にメッキが付きますが、硬質クロムめっきより、硬度は低く、耐摩耗性は落ちます。熱処理により硬度を上げることは
できますが、加熱するため、焼入れシャフトの素地の硬度の低下、歪みの発生がある場合があります。
136
137
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
23
File Size
682 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content