close

Enter

Log in using OpenID

子乗せ自転車転倒による子供事故削減の為の基盤

embedDownload
子乗せ自転車転倒による子供事故削減の為の基盤情報整備
~転倒に関わる子供の行動と親の身体能力~
株式会社ブリヂストン
プロジェクトの背景と目的
結果
全転倒事故
65.4%
子供が同乗事故の
約65%が転倒事故
同乗事故の27%
が子供に原因
① 今回の実験で幼児座席のSG規格による身長の
最大値(115cm)の児の立体的な足の可達が推定可能
になった。
② 昨年開発したSpoke Managerの改善により足の動きを
可視化することができた。
Spoke Managerによる足の動きの可視化
キッズデザイン製品開発支援事業
子供が原因の約20%
が足の挟まれ
子供の同乗時の
足の動きを観察、計測
結果をもとに
幼児座席等での改善を模索
実施方法
① Mo-capを用いた足の動きの計測と結果の可視化
② 被験者の身体寸法の計測
※1 計測項目: 身長、体重、股下高、座位臀幅、座位転子高、
座位膝蓋骨上縁高、座位臀・膝蓋距離
※2 被験者: 男児2名、女児2名
(SG規格の最大値115cmの前後で選択)
足を前方に出した状況
前から見た状況
足を後方に引いた状況 (足が車輪に近接した状況)
今後の展望・展開
今回の結果により、子供が幼児座席で同乗する場合の
足の動きを、立体的に把握することが可能になった。
結果を乗車姿勢、子供の身体寸法、
幼児座席の形状等を考慮し解析する。
・自転車及び幼児座席等の改善
・子供の幼児座席乗車時の注意点
(⇒子乗せ自転車の安全教育)
足の動きの計測
座姿勢での身体寸法計測 身長等の計測
方向性を
模索する
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
434 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content