close

Enter

Log in using OpenID

NHKスペシャル 東京スカイツリー 世界最難関への挑戦

embedDownload
トピックス
NHK 総合テレビ「NHK スペシャル 東京スカイツリー 世界最難関への挑戦」
において当研究所が溶接技術背景の説明指導を行いました
2011 年 7 月 24 日(日) の午後 9 時 00 分~9
時 58 分に、NHK 総合テレビにて NHK スペシ
ャル「東京スカイツリー
世界最難関への挑戦」
と題した番組が放映され、接合科学研究所がこ
れに撮影協力を行いました。
2012 年 5 月 22 日に開業予定の東京スカイツ
リーは、全高 634m と現存する電波塔としては
世界第 1 位の高さを誇ります。この精密な巨大
建造物という相反する要求を両立するためには
実験の準備の様子
卓越したテクノロジーが求められ、建設会社が
かつて経験したことのない困難な高所作業の連
続となりました。
地上数百メートルに及ぶ高所では、常に非常
に強い風が吹き続けています。鉄骨等を組み上
げる際に用いられる溶接においては、空気中の
窒素等が不純物として入ると、ブローホールと
呼ばれる沢山の小さな気泡が生じ、鉄の強度が
失われます。このため、シールドガスと呼ばれ
るガスにより不純物の混入を防いでいますが、
高速度ビデオカメラにより撮影された強風下での
アーク溶接
風が強いとシールドガスが吹き飛ばされてしま
い、健全な溶接が困難となります。番組中では、
最新の高速度ビデオカメラを用いて、強風によ
りブローホールが発生する様子を撮影し、これ
が溶接に及ぼす影響について紹介しました。
なお,8 月 22 日(月)の NHK「あさイチ」
(午
前 8 時 15 分~9 時 45 分)でも同じ溶接に関す
る内容が放映されました。
溶接結果の比較 (上:強風、下:無風)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
252 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content