close

Enter

Log in using OpenID

加古川市身体障害者自動車運転免許取得費助成事業実施要綱(PDF

embedDownload
加古川市身体障害者自動車運転免許取得費助成事業実施要綱
(目的)
第1条
こ の 要 綱 は 、 加 古 川 市 地 域 生 活 支 援 事 業 に 関 す る 要 綱 ( 平 成 18年
9 月 26日 福 祉 部 長 決 定 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づ き 、 身 体 障 害 者 が 道 路 交 通
法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 105 号 ) の 規 定 に よ る 自 動 車 運 転 免 許 ( 以 下 「 免
許」という。)を取得するのに要する費用の一部を助成することによ
り、身体障害者の行動範囲を拡大し、もって福祉の向上を図ることを目
的とする。
(市長の責務)
第2条
市長は、この事業の目的を達成するため、関係行政機関及び関係
団体等と緊密に連携を図り、この事業の円滑な推進に努めるものとす
る。
(対象者)
第3条
こ の 事 業 の 対 象 者 は 、 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283
号 ) 第 15条 の 規 定 に よ る 身 体 障 害 者 手 帳 を 所 持 す る 者 ( 以 下 「 身 体 障 害
者」という。)で、次に掲げる要件に該当する者とする。
(1) 市 内 に 1 年 以 上 住 所 を 有 し て い る 者
(2) 道 路 交 通 法 第 99 条 第 1 項 に 規 定 す る 指 定 自 動 車 教 習 所 に お い て 技
能を取得し、免許を新規に取得した者
(3) 免 許 の 取 得 に よ り 、 社 会 参 加 が 見 込 ま れ る 者
(4) 過 去 に お い て 、 こ の 制 度 に よ る 助 成 を 受 け た こ と が な い 者
(助成額)
第4条
助 成 額 は 、 免 許 取 得 に 直 接 要 し た 経 費 の 3 分 の 2 以 内 と し 、 10万
円を限度とする。
(助成の申請)
第5条
助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、免許取
得後6カ月以内に身体障害者自動車運転免許取得費助成申請書(様式第
1号)に自動車運転技能教習修了証明書(様式第2号)のほか市長が必
要と認める書類を添えて、市長に提出しなければならない。ただし、市
長は、当該添付書類により証明すべき事項を公簿等によって確認するこ
とができるときは、当該添付書類を省略させることができる。
(決定等)
第6条
市長は、前条の申請があったときは、その内容を審査し、助成の
可否を決定するものとする。
2
市長は、助成を決定(以下「助成決定」という。)したときは、自動
車運転免許取得費助成決定通知書(様式第3号)により申請者に通知す
るものとする。
3
市長は、申請を却下するときは、自動車運転免許取得費助成申請却下
通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。
(助成金の支給の請求)
第7条
前条第2項の助成決定を受けた者は、速やかに自動車運転免許取
得費助成金請求書(様式第5号)に運転免許証の写しを添えて、市長に
助成金の支給の請求をしなければならない。
2
市長は、前項の請求書類の提出を受けたときは、請求内容を審査し、
速やかに助成金を支払うものとする。
(助成金の返還)
第8条
市長は、申請者が申請等に当たり虚偽その他不正な行為を行った
と認めたときは、助成決定の全部又は一部を取り消し、既に支払った助
成金の全部又は一部を返還させるものとする。
(その他)
第9条
この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。
附
則
こ の 要 綱 は 、 平 成 10年 4 月 1 日 か ら 施 行 す る 。
附
則
こ の 要 綱 は 、 平 成 18年 10月 1 日 か ら 施 行 す る 。
附
則
こ の 要 綱 は 、 平 成 28年 1 月 1 日 か ら 施 行 す る 。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
64 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content