close

Enter

Log in using OpenID

「地域おこし協力隊」が呼び込む村の元気(売木 村)

embedDownload
う る ぎ
「地域おこし協力隊」が呼び込む村の元気(売木村)
H26.4.1作成 No.11
作成者:鹿野 将利
◆ランナーのトレーニングの適地としての魅力発信
◆人口637人、高齢化率45.9%の村に、1000人以上のランナーの来村を見込む
◆効果が見えにくい「地域おこし協力隊補助金」が村の活気を生み出した好事例
ランナーの聖地へ
地域おこし協力隊制度とは
国内屈指のウルトラマラソン選手 重見高好氏との出会い
平成25年「地域おこし協力隊」として委託
「走る村うるぎプロジェクト」始動!
◆地域の自然 ランナーの練習適地と発信
○村の中心地は標高約850mの準高地。
冷涼な気候や低酸素濃度がトレーニングに適している!
○自動車の交通量が少なく、信号機も少ない地形豊かな土地。
標高1415mの茶臼山も隣接しており、平地練習、坂道練習、目的に応
じたロードワークが可能!
○運動のあとは、温泉施設へ。村が一丸
となって対応しているので、合宿に適した
宿泊プランや栄養バランスの適した食事
の提供もあり!
○練習メニューやコース設定など、協力隊 田園や森林の風景を楽しめる
からの充実のサポート体制!
のも大きな魅力
◆協力隊員は、住民票を移し、地域に住み込んで「地域協力活動
(地域おこし活動支援、農林漁業の応援、住民生活支援、環境保全
等)」を実施。地域の活性化に貢献。
◆総務省の補助金(特別交付税)
隊員1人につき400万円上限の助成。また、募集に係る経費として
自治体1団体あたり200万円上限の助成。
◆隊員数978名(318自治体/平成25年)。
売木村では26年3月現在、5名の隊員が活躍中。
今後の取組み、課題
◆一村の取組みから、県内企業への
波及(北信のラグビー等合宿のコラボ
レーション、グリーンシーズンにおける
魅力発信)に繋げていく。
売木の各種取組み 山里体験
◆走ること以外にも魅力満載
◆クロスカントリーコース等の充実を
推進し、「また来たい」と思わせる村に。
◆初年度の活動と実績(ランナー来村による波及効果)
○NHKで取り上げられたこと、協力隊が各大会で優勝したことから、ラ ◆名実ともにランナーの聖地としての
確立を。
ンナー練習地の候補に。
○H25夏季合宿で約400人誘致!来村合宿者の宿泊のため、民宿・温
泉が活気づき、商店における関連消費もあり。
○村の知名度の上昇。豊かな自然、イベント、祭りなどを全国的にPR。
(清水村長)(H26.1.20事務所長対談)
重見君との出会いは運命でした。
地域一丸となっておもてなしの心で、売木村に
訪れた人は離さないように取り組んでいきたい。
のどかな田園風景と山を眺めながら、
村の魅力を感じてみませんか?
(重見隊員)
重見高好選手 愛知県岡崎市出身 1982年6月8日生
フリーランナーとして売木村で単身合宿を行っていた時に、
村長より、売木村地域おこし協力隊にスカウトされる。13年サロマ湖100kmウルトラ
マラソン2位(世界ランキング4位)、13年白川・白川郷100kmウルトラマラソン 優勝、
13年神宮外苑24時間チャレンジ優勝、14年宮古島100㌔ワイド―マラソン優勝など
売木村
公式キャラクター
うるのすけ
出典:国土交通省国土地理院
山里の桜守たちが育
てた一本桜が点在
人の優しさ、自然の恵
みに感動
紅葉、瀧、自然公園
など
神経痛、筋肉痛
+ 心への効能あり
満点のサイクル
フィールド
村内に4ヶ所
森と会話してみよう
〔長野県売木村〕
位
置 :長野県の南端に位置し南は愛知県に隣接している
面
積 :43.55K㎡(東京23区の約14分の1)
人
口 :637人(26年3月) ※県内地公体では2番目に少ない
高齢化率 :45.9%(25年10月)/全国平均24.1%(24年10月)
産
業 :一次産業32.4% 二次産業13.0% 三次産業54.6%
(出典:人口及び高齢率は長野県毎月人口異動調査
それ以外は総務省「平成22年国勢調査」「人口推計」)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
601 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content