close

Enter

Log in using OpenID

PowerPoint プレゼンテーション

embedDownload
MoMA の Tim Burton展
2009年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)はティム・バートンの幼少期に描いたスケッチからデッサンや写真、
映画製作のために作ったキャラクター模型、一般公開されてこなかった作品まで集めた約700点の作品を通し
ティム・バートンの世界観を公開した Tim Burton展を開催。
約80万人が来場して、MoMA史上3番目の入場者数を記録しました。
その後、ロサンゼルスやパリなど世界5つの都市を巡り、昨年春には、韓国・ソウルでも大成功を収めました。
期 間
会 場
入場者数
2009.11.22 ~ 2010.4.26
約5 ケ月
ニューヨーク近代美術館 (MoMA)
810,500人
2010.6.24 ~ 2010.10.10
約3 . 5 ヶ月
オーストラリア近代映像センター(ACMI)
275,770人
2010.11.26 ~ 2011.4.17
約4 . 5 ヶ月
トロント TIFF ベルライトボックス
96,016人
2011.5.29 ~ 2011.10.31
約5 ケ月
ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アート(LACMA)
363,271人
2012.3.7 ~ 2012.8.5
約5 ケ月
パリ シネマテークフランセーズ
352,371人
「ティム・バートンの世界」とは
MoMAによる巡回展が大成功を収めてからおよそ1年後の2014年3月、チェコのシティーギャラリープラハ
[ The Stone Bell]を皮切りに世界ツアー ≪ティム・バートンの世界≫ が新たな展覧会としてスタートし、
日本は2か国目の開催となります。
Tim Burton展では、バートン氏の作品を制作年の時系列毎に3つのセクションに体系化したものでしたが、
≪ティム・バートンの世界≫ ではバートン氏の作品をテーマ、モチーフ、プロジェクト毎のセクションに体系化し、
ティム・バートンの芸術活動をより深く掘り下げた内容に生まれ変わりました。
Tim Burton展では公開されなかった 新たな150点を加えた約500点が日本に初上陸します!
プラハでの様子
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
429 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content