close

Enter

Log in using OpenID

図:Oteller(オテラー)の試作機 ブース番号 14 分 野 新素材・ものづくり

embedDownload
ブース番 号
14
分
野
新素材・ものづくり・情報通信
問 合 せ先
大学院自然科学研究科(工学系) ・ 永井 伊作
Tel: 086-251-8065
Fax: 086-251-8065
E-mail: [email protected]
テ
一輪駆動型パーソナルモビリティ
ー
マ
研究ステップ
共同研究
希望先企業
基礎研究
1
2
3
○
4
5
応用研究
自転車・自動車関連企業 (例えば,片山工業株式会社さん)
【研究の概要と特徴】
環境負荷の抑制や低燃費の実現のためパーソ
ナルモビリティが注目されている.有名な Segway
(セグウェイ),Winglet(トヨタ),UNI-CUB(ホンダ)で
は,いずれも高度な姿勢制御のため全体が高価で
ある.また,道路交通法の制約で公道では使えな
い,あるいは,適した設計になっていない.そこで,
一輪駆動型パーソナルモビリティ「Oteller」を開発し
た.自転車のように使用者が練習を重ねることで乗
りこなせるようになっていく楽しさを残すため,姿勢
制御はあえて行っていない.とはいっても,乗るの
は自転車ほど難しくはない.また,スマホを持ったま
までも乗れるように,速度の増減操作は片手で行
えるようにした.一輪駆動にも関わらず右左折を可
能とするために,スケートボードのトラック機構を用 図:Oteller (オテラー)の試作機
いた補助輪を組み合わせ,最小回転半径は 0.55m
である.モータ回転数センサと小型マイコンを使用して速度は 6km/h 以上出ないよう
制御されるため,道路交通法上は歩行補助車として公道でも使用できる.寸法は幅
345mm,全長 500mm,高さ 1090mm,重量は 5.5kg.バッテリには 14.4V/1300mAh を使
用して,航続距離は約 1.6km.
課題としては,さらなる軽量化,量産化へ向けた設計,手軽に充電が可能なスタン
ド,高出力モータ採用による坂道への対応,バッテリの大容量化,回生ブレーキの採
用がある.
【産業界へのアピールポイント】
駆動輪(モータ)は1つ,また,姿勢制御は行わず全体として低コスト.電動アシスト
自転車より安価に製作できる.
【想定される用途】
屋内~屋外のシームレスな移動,オフィス間/キャンパス内の移動,通勤/通学,
散歩,ボケ防止
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
153 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content