close

Enter

Log in using OpenID

愛知工業大学計算センター利用規程

embedDownload
○愛知工業大学計算センター利用規程
(趣旨)
第1条 愛知工業大学計算センター(以下「センター」という。)の利用については、この規程の定め
るところによる。
(利用の制限)
第2条 センターの利用は、当該利用が次の各号の一に該当するものに限る。
a 学術研究
b 教育
c 大学の運営上必要な業務
d その他運営委員会の議を経て、センター長が承認したもの
(利用の資格)
第3条 センターを利用することのできる者は、次の各号の一に該当する者とする。
a 本学の教職員
b 本学の学生
c その他特にセンター長が適当と認めた者
(利用の申請)
第4条 センターを利用しようとする者は、課題ごとに所定の申請書を提出し、センター長の承認を得
なければならない。ただし、教員以外の者は、指導教員又は所属長の承認を得て提出するものとす
る。
(利用の承認)
第5条 センター長は、前条の申請が適当であると認めたときは、課題番号を付して承認する。
2 前項の課題番号の有効期間は、当該年度内とする。
(課題番号の転用と禁止)
第6条 前条の承認を得た者(以下「利用者」という。)は課題番号を当該課題以外の利用のために転
用し、又は第三者に利用させてはならない。
(代行の制限)
第7条 利用者がセンターの利用を第三者に代行させるときは、センター長の承認を得なければならな
い。
(変更の届出)
第8条 利用者は、申請書の記載事項に変更があったときは、すみやかに、その旨をセンター長に届出
なければならない。
(端末の設置)
第9条 利用者がセンターの外にセンターの端末を設置しようとするときは、別に定める方法によらな
ければならない。
(報告)
第 10 条 センター長は、必要に応じて、利用者に対してセンターの利用の経過及び結果について報告
を求めることができる。
2 センターを利用して行った研究の結果を公表するときは、その写をセンター長に提出するものとする。
445
(利用承認の取り消し等)
第 11 条 利用者が、この規程又はこの規程に基づく定めに違反した場合、その他センターの運営に重
大な支障を生ぜしめた場合は、センター長は、その者の利用の承認を取り消し、又は一定期間その
者の利用を停止することができる。
(経費の負担)
第 12 条 センターの利用にともなう経費は、その一部を利用負担金として利用者の所属する部門が、
校費の移算により負担するものとする。
2 利用負担金額については、別に定める。
(施行細則)
第 13 条 この規程を施行するために必要な事項は、運営委員会の議を経て、センター長が定める。
附 則
この規程は、昭和 47年11 月1日から施行する。
附 則
この規程は、昭和 54年4月 25日から施行する。
446
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
12 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content