Click - 株式会社イノベーション推進センター

社会サービスの民営化(8)
地域に資金が留まる!
シュタットベルケの存在意義と
地域経済への効果
Principal Research Engineer
嶋野 崇文
「社会サービスの民営化」
シリーズ8回目は、
これまでに2回取り上げてきたドイツ・シュタットベルケ
の存在意義と地域経済への効果について、
シュタットベルケ・デュイスブルクが公表している効果
推計結果などの現地情報をもとにレポートします。
1 シュタットベルケの存在意義
していた都市ガス事業や水道事業、地域熱供給事業を
母体に設立されていることが多いため、100年といった
長い歴史を持っている事業体が多く存在しています。
これらの長い歴史を持つSWには、エネルギー供給を
行う民間セクターが育つ以前に、
「住民の基本生活の
保証」を担うサービスを自治体が直営で実施し、後にSW
という公社形態に移行したものが多くみられます。SWと
いう公社形態のため自治体による出資が行われ、提供
意義があり、単に価格が安いという以外のサービス購入
の選択要因となっています。
また 、S W など によるドイツ 自 治 体 公 益 企 業 協 会
(Verband kommunaler Unternehmen:VKU)が世帯に
対して行った「大きな、
または極めて大きな信頼を寄せる
機関は何か?」
というアンケート調査では、SW等の自治
体公益企業が75%、市町村が57%の票を得ており、一
方で大企業は16%の票を得ているに過ぎ ず、市 民 が
SWを信頼し、求めていることが垣間見えます。
サービスの地 域 密 着 が ひとつの目的に、そしてS Wの
存在意義ともなっています。
一方、
ドイツで電力完全自由化が行われた1998年以降
に、ヴァルトキルヒ(Waldkirch)、ジンデルフィンゲン
(Sindelfingen)、ミュルハイム・シュタウフェン(MüllheimStaufen)など新たに設立されたSWもあり、これら
の 中 には「エネルギ ー自治」を目 的 に、地 域でエネル
ギー会社を持ちたいという意志の下に新設されたものが
みられます。
「エネルギー自治」
として、平常時・非常時の
連続したサービス提供の維持、再生可能エネルギーの
選択を可能とするということがこれら新しいSWの存在意
義となっています。
一例ですが、シュタットベルケ・ヴァルトキルヒ(以下、
大きなまたは非常に大きな信頼を寄せる機関は?(%)
シュタットベルケ
75
地方自治体
57
ラジオ
57
信用組合
48
連邦政府
46
労働組合
45
報道機関(新聞)
37
テレビ
28
銀行
23
政党
21
大企業
16
0
20
40
60
図1:様々な機関へのドイツの世帯の信頼
80
i
SWW)は、エネルギー自治と再生可能エネルギー導入推
進を目的に1998年11月に新設されました。このような
趣旨に基づき、SWWは以下のような役割を担っています。
○太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギー事業の発電
適地として誘致・立地させるだけでなく、地域エネルギーの需給
管理と地域マネジメントを連動させ、地域のエネルギー需給を
安定化させること
○地域内の生活・産業活動のコストを低下させ、活性化を図ること
○地域内循環を促進し、地域で生産し消費する経済構造を強化
すること
○地域内循環促進の結果として、地域所得の外部流出を減少させ
ること
2 シュタットベルケの地域への経済効果
人口約49万人のデュイスブルク市のシュタットベルケ・
デュイスブルク
(以下、SWD)の地域経済への効果につ
いて、エデュアルド・ペステル研究所が研究したレポートを、
SWDが公開しています。
(1)
シュタットベルケと大手電力/ガス会社との地域への
資金還流の比較
地域への資金還流については、100セント
(€1)あたり、
電力では大手電力会社であれば12セントなのに対し、
社会サービスの民営化
ドイツのシュタットベルケ
(以下、SW)は元々、市が保有
歴史のあるSW、そして新しいSWにはこれらの存在
(8)
SWDの場合は29セントが地域に還流すると試算されて
(3)
シュタットベルケと大手電力/ガス会社との地域への
います。
雇用効果の比較
同様に、ガスの場合は大手ガス会社であれば9セント
同レポートでは、SWDにより1,709人が直接雇用され
なのに対し、SWDでは50セントも地域に資金が還流す
ると試算されています。
ていると報 告されています。また、地 域 の企 業 からの
サービス購入などによる間接雇用が1,390人と分析され
ています。
さらにSWDが支払った税金や料金によって発
SWDによる電力供給の場合
生する仕事による誘発雇用が2,494人と分析され 、これ
29Cent
大手電力会社による供給の場合
らを合わせて、約5,600人分の地域雇用が創出されて
12Cent
SWDによるガス供給の場合
大手ガス会社による供給の場合
いると分析されています。
50Cent
9Cent
0
20
40
図2:地域への資金還流の比較
60
80
ii
(2)シュタットベルケによる地域への資金還流の内訳
そして、
これら約5,600人の被雇用者が生活のために
物品やサービスを購入することにより、市および市周辺
地域の誘発雇用を生んでいるとレポートしています。
一方、大手では本社から少数の管理職などが派遣され
てくるだけだ、
と主張しています。
社会サービスの民営化
同レポートでは(1)に示したSWDによる地域への資
金還流の内訳も分析されています。
SWDに支払う電気料金100セント
(€1)
ごとに、下図の
ように地 域 内 の 様々な 相 手 先 、使 途 に資 金 が 還 流し、
合計で29セント(比率では29%)がデュイスブルク市
および周辺地域に留まることになります。
5% デュイスブルクに本社を置く企業との契約
(8)
2% 賃金 給与
1% 社会保障負担と税の地域での共有
6%
デュイスブルク運輸連合への
配当、
コンセッション料
71%
12%
地域内の他の主体からの
電力や燃料の購入支出
3%
地域内での契約企業だけではなく、
その他の企業への還流
地域還流の合計:29%
図3:電気料金をSWDに支払った場合の地域への資金還流の内訳 i i
同様にSWDにガス料金を支払う場合には、100セント
(€1)ごとに合計50セント
(比率では50%)がデュイス
ブルク市および周辺地域に留まることになります。
8% デュイスブルクに本社を置く企業との契約
3% 賃金 給与
50%
1,709人の
直接雇用
1,390人の
間接雇用
2,494人の
誘発雇用
図5:SWDの地域への雇用効果 ii
(4)市財政への寄与
SWDはデュイスブルク市100%出資のデュイスブルク
供給・交通有限会社(Die Duisburger Versorgungsund Verkehrsgesellschaft:DVV)の傘下企業で、SWD
の利益はDVVに還元されます(DVVは持ち株会社のよ
うな機能)。この利益還元が市の公共交通などの運営の
一部に充てられることから、SWDは地方自治体である市
の予算にも重要な貢献を果たしています。
SWDによる地域への経済効果の分析結果を紹介しまし
1% 社会保障負担と税の地域での共有
たが、我が国においても今後、地域に雇用を確保し、地域
12%
デュイスブルク運輸連合への
配当、
コンセッション料
日本の地域エネルギーのあり方、地域を元気にする
20%
地域内の他の主体からの
ガスや燃料の購入支出
6%
地域内での契約企業だけではなく、
その他の企業への還流
の富を地域内で再投資する仕組みが重要となります。
地域運営マネジメントの仕組みを考えるうえで、今回紹介
したような地域経済、地域の雇用、市財政への寄与など
の視点を取り込み、日本版シュタットベルケが実現できる
ように取り組みたいものです。
地域還流の合計:50%
図4:ガス料金をSWDに支払った場合の地域への資金還流の内訳 i i
i)図1 データ: forsa社会調査・統計解析有限責任会社を通じた世帯アンケート、2015年12月、ドイツ自治体公益企業協会(VKU)
ht tp: //w w w.vku . d e/ filea d min /m e dia / Bild e r/O e ff e ntlich keits a rb eit _ Presse/G ra fi ke n / V K U _ G ra fi k _160126-1.jpg
ii)図2、図3、図4、図5 Gut fur Duisburg. Gut fur die Region. Die regionalwirtschaftliche Bedeutung der Stadtwerke Duisburg
I s View : 2016(株)
イノベーション推進センター All rights reserved. お問い合わせ先:[email protected]fic.com