close

Enter

Log in using OpenID

ケーススタディ - SolarEdge

embedDownload
ケーススタディ
出力増への道
ドイツ・アイドリンゲン
概要
特徴:煙突による影
設置業者:SL Solarlösungen GmbH
設置日:2010年 12月
設置場所:ドイツ・アイドリンゲン
設置サイズ: 6.75 KWp
平均日照:1,180 kWh/m2/year
太陽光パネル:ソラリア S6P 225
ストリングレイアウト:
パワーコンディショナ 2 台、
各15 直 1 ストリング
この写真を見ると、
ソーラーエッジシステムにより、
シュナイダー氏が余計な発電量低下なしに、如何に煙突近く
までパネルを設置できたかがわかる。.
部分影で、実際にどのくらいの発電量
がロスするか?
太陽光システムの設置業者であるベル
ンハルド・シュナイダー氏は、アイドリ
ンゲンの一軒屋の屋根に太陽光システ
ムを設置するよう依頼された。中央に
ある小さな煙突を除けば、屋根は6.75
kwの太陽光システムを設置するのに
適していた。
「私がゲルストナー夫妻に
ソーラーエッジパワーオプティマイザを
使うよう勧めたのは、煙突が主な理由
です。煙突はパネルの一部に影を落と
します。ちょっとした影でも、影自身に
よる出力減以上の大きな発電量低下を
システムにもたらします。」とシュナイ
ダー氏は話す。
直 列につながっている太 陽 光 パネル
が、互いに干渉してマイナスの影響を及
ぼすことは、よく知られている事実で
ある。モジュールの最大動作点がそれ
ぞれ異なるにもかかわらず、従来型シ
ステムは発電に画一的なアプローチを
する。部分影や不均等な日射は、パネ
ル毎の発電量を変化させる。影になれ
ば、そのパネルの発電量が必ず低くな
るが、直列に接続されている他の影に
なってないパネルも、全て出力低下し
この絵は、真ん中に煙突があり、225Wのパネル30個による6.75kWpの太陽光システムが搭載された家の
PVsystモデルである。
Traditional System:
PVsystシミュレーションの結果概要を見ると、たった1.5%の部分影によりソーラーエッジシステムでは13.4%の
ロスがあるのに対し、ソーラーエッジシステムではそのロスを最小限(1.5%のまま)におさえられるのがわかる。
[email protected]
1/2
SolarEdge System:
アイドリンゲンは、バーデン=ヴュルテン
ベルク州に位置する。町は、周囲の豊かな
自然と、
ドイツ初の女性戦闘機パイロット
であるウルリケ・フレンダーの生まれた地
としても有名である。
二つのパネルが他に影響を及ぼす為、
影により13.4%の出力減、全体のシス
テムパフォーマンスレートは71.8%と
なる。パワーオプティマイザにより、稼
働初年度だけで12.4%の出力増が実現
できた。変わり行く天気の中でパネル
は日々使い続けられるため、パネル間
の差異は20年超の使用期間中ごく少
しずつではあるが着実に増えると予想
され、この出力増の比率は徐々に拡大
していくこととなろう。
このソーラーエッジ・モニタリングポータルのスクリーンショットは、各モジュールのパフォーマンスをチャート
に表している。チャートは、朝8時〜10時の間に、モジュール9と12が影になっていることを明らかにしている
てしまう。問題は、実際の発電量がどの
くらい低下するかである。
部分影が、システム全体の発電量にど
のくらい影響があるかを、この6.75kW
の設置で検証する。
各パネルのパフォーマンス情報を提供
してくれるソーラーエッジ・モニタリング
モニタリングポータルのスクリーンショットを見ると、
煙突の影により部分影が生じている二つのモジュール
に、アラートが発せられているのがわかる。
ポータルで、以下がわかる:ストリング
1のモジュール9と12(サーバー上で
は、1.1.9と1.1.12で表される)は朝8
時〜10時の間、影になっている。影に
なったモジュール9と12によるシステム
全体の発電量への影響を定量化するた
めに、この6.75kwシステムでPVsystを
使って、画一的な従来型システムと、
各モジュールごとに最大電力点追従が
出来るソーラーエッジシステムの比較
シミュレーションをしてみる。
(PVsyst
は、ジュネーブ大学によって開発された
インストーラ用のシミュレーション・
ソフトウェア。)
各モジュールごとに最大電力点追従を
することで、影による電力ロスは、影の
サイズに比例し、全体の1.5%であるこ
とがPVsystの計算でわかる。全体のシ
ステムパフォーマンスレートは、他の要
因も全てあわせると80.7%になる。一
方、従来型のシステムでは、影になった
[email protected]
2/2
まとめ:このケーススタディは、朝のう
ちたった2枚のパネルに影を及ぼすだ
けの小さな煙突が、直接的な影の影響
は1.5%であるにもかかわらず、通常の
パネルミスマッチとあわせてシステム
全体の13.4%もの不必要な出力減をも
たらしていることを示している。この家
の周囲の家で、影を作る要素が全くな
い家は殆どない。次に住宅用太陽光の
設置を考えるときは、このことを頭に入
れておいたほうがよい。
「パワーオプティマイザを使うという
シュナイダーさんの勧めに従って本
当に良 かったです。我 が 家の 煙 突
は、ソーラーエッジシステムにとって
は問題とならないことは、結果が示
してます。
」
オーナーのゲルストナー夫妻談
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
837 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content