close

Enter

Log in using OpenID

GCsolution アップデートキット説明書

embedDownload
223-60175H
GCsolution アップデートキット
1 部品一覧
品番
品名
個数
1
GCsolution アップデートディスク
1
2
GCsolution アップデートキット ( 本説明書 )
1
2 アッ プ デート ディ スク の イ ンスト ー ル手順
1.
Ver.1.00 ~ Ver.2.42 SU2 を アッ プ デート でき ま す。パソ コ ンを 起動し 、Windows が起動し た ら 、CD-ROM ド ラ イブに
アッ プ デート ディ スク を セッ ト し ま す。「GCsolution のセッ ト アッ プ」 が自動的に起動し 、〈 よ う こ そ〉 が開き ま す。
〈 よ うこ そ〉 画面の [次へ >] ボタ ンを ク リ ッ ク し ま す。
.
.
2.
Windows Vista ま たは Windows 7 の場合、「Autorun.exe の実行」 か 「フ ァ イ ルフ ォ ルダを 開 いて表示 する」 かを 選択 する [ 自動再
生 ] 画面が表示さ れるこ と が あり ま す。 イ ンスト ー ル時に自動再生 するためには 「Autorun.exe の実行」 を 選択し て く ださ い。
ま た、 こ のと き 「プ ロ グラ ムを 実行 するには あなたの許可が必要で す」 と い う [ ユーザー アカ ウント 制御 ] 画面が表示さ れた
場合は、 [ 続行 ] を 選択し て く ださ い。
自動的に 〈 よ う こ そ〉 が開かな い場合は、 【ス タ ート 】 ボタ ンの 【フ ァ イ ル名を 指定し て 実行】 を ク リ ッ ク し 、 表示さ れた
〈フ ァ イ ル名を 指定し て実行〉 の [名前] テ キスト ボッ ク スに E:\Japanese\Setup.exe と 入力し て [OK] ボタ ンを ク リ ッ ク し て
く ださ い。 (こ こ で E: の部分には、 CD-ROM ド ラ イ ブを 指定し ま す) Windows Vista ま たは Windows 7 を ご使用の場合は、 タ ス
ク バーの 【ス タ ート 】 メ ニュ ーから 【 すべてのプ ロ グ ラ ム】 - 【 アク セ サリ 】 - 【フ ァ イ ル名を 指定し て実行】 の順に選択し て
く ださ い。
〈Internet Explorer の検出〉 画面が開き ま す。
1
[次へ >] ボタ ンを ク リ ッ ク し ま す。
3.
〈HTML Help の導入〉 画面が開き ま す。
通常 「は い、 イ ン スト ー ルし ま す。 」 の方を 選択し ま す。 ヘ ルプを 見 る必要がな いこ と がわかっ て い る場合 や、
Internet Explorer のバージョ ンに問題が ある場合は、 「いいえ、 インスト ー ルし ま せん。」 を 選択し ま す。 選択し 終
わっ た ら [次へ >] ボタ ンを ク リ ッ ク し ま す。
.
〈HTML Help の導入〉 で [次へ >] ボタ ンを ク リ ッ ク し た と き に、 〈DAO の検出〉 が開いた場合は、 [OK] ボタ ンを ク リ ッ ク し て
イ ンスト ー ルを 中止し 、 操作編の 「DAO の イ ンスト ー ル」 を 参考に、 DAO (Data Access Objects ) を イ ンスト ー ルし て から 、
も う一度 GCsolution の イ ンスト ー ルを し て く ださ い。
2
4.
イ ンスト ー ルが終了 すると 、 〈 イ ンスト ー ルの終了〉 画面が開き ま す。
5.
[完了] ボタ ンを ク リ ッ ク し てパソ コ ンを 再起動し ま す。
3
3 GCsolution Agent の使用に関 する ご注意
GCsolution のバージョ ン 2.21 以前と GCsolution Agent を 合わせて使用さ れて いた場合、 バージョ ン 2.4 に アッ プ デート
後も 、 データ ベースへの登録機能を 引き 続き 使用 するためには幾つかの設定が必要で す。
GCsolution Agent の自動登録
および手動登録
の機能は、 本バージョ ン より GCsolution の標準機能と し て
搭載さ れて いま す。 し たがっ て、 現在 ご使用の自動登録および手動登録プ ロ グラ ムは不要と な り ま すので、 下記手順に
従っ て本バージョ ンでのデータ 登録設定を おこ なっ て く ださ い。 (操作は全てシ ステ ム管理者が行っ て く ださ い。)
3-1 データ 登録の設定手順
1.
〈GCsolution ラ ンチャ ー〉 を 起動し 、 管理メ ニュ ーの [ データ 登録設定 ] を 選択し ま す。
2.
GCsolution 自動登録で設定さ れて いた内容が表示さ れま すので、 設定に間違いが無いこ と を 確認し ま す。
こ の時、 手動登録先と な るデータ ベース フ ァ イ ルの選択を 、 [ 装置別データ ベース設定 ] で行っ て おく こ と を お勧
めし ま す。(な お、手動登録は、本バージョ ンでは、 データ エク ス プ ロー ラーの右ク リ ッ ク メ ニュ ーで実行し ま す。)
3.
[OK] ボタ ンを 押し て データ 登録設定画面を 閉 じ ま す。
4
.
な お、 GCsolution 自動登録に あっ た下記の設定は、 本バージョ ンでは不要と な り ま し たので削除さ
れて いま す。
・ 「環境設定」 の 「通常の方法でログイン する」 「システムユーザーに よ る自動ログイン」 「任意のユーザーに よ る自動ログイン」
・ 「環境設定」 の 「パソコン起動時に自動起動 する」
・ 「圧縮ファイル設定」 の 「ファイル圧縮の経過を 表示 する」
3-2 GCsolution 自動登録プ ロ グ ラ ム自動起動の解除手順
GCsolution 自動登録プ ロ グラ ムを 、 パソ コ ンの起動と 連動し て自動起動し て いた場合には、 下記手順でその設定を 解除
し て く ださ い。
1.
GCsolution 自動登録を 起動し ま す。
2.
[ 環境設定 ] の 「パソコン起動時に自動起動 する」 のチェ ッ ク を 外し ま す。
3.
[ 終了 ] ボタ ンを 押し て、 GCsolution 自動登録を 閉 じ ま す。
さ ら に、 Windows を 複数の ユーザー アカ ウント で ご使用にな ら れて いた場合は、 全ユーザ アカ ウント のス タ ート アッ プ
メ ニュ ーから 自動起動のシ ョ ート カ ッ ト フ ァ イ ル ( 通常、 フ ァ イ ル名は 「GCsol_Tt2.lnk」 ) を 削除し ま す。
4.
Windows エク ス プ ロー ラーを 起動し ま す。
5.
Windows シ ステ ムの ある ド ラ イ ブ ( 通常 C:) の、 「Documents and Settings」 フ ォ ルダ及びそのサブフ ォ ルダ内の
「Gcsol_Tt2.lnk」 フ ァ イ ルを 検索し ま す。
6.
検索結果に表示さ れた 「Gcsol_Tt2.lnk」 フ ァ イ ルを すべて削除し ま す。
3-3 PDF フ ァ イ ルのデータ ベース登録に ついて
バージョ ン 2.3 以降では、データ 登録設定で、PDF フ ァ イ ルを データ ベース登録 する設定(「Acrobat ファイルを [ リンクファイル 10]
に登録 する」) にし て いると き には、GCsolution で分析終了後にレ ポート 出力し な い設定にし て いる場合でも 、必ず PDF
フ ァ イ ルを 出力し て自動登録し ま す。
旧バージョ ンでは必要で あっ た、 データ ベース登録だ けのために、 サンプ ル登録やバッ チテー ブ ルでレ ポート 出力の設
定を おこ なっ て いただく 必要は ご ざいま せんので ご注意く ださ い。
な お、 手動登録時には、 自動では PDF フ ァ イ ルを 出力し ま せんので、 予め手動で PDF フ ァ イ ルを 出力し た後に手動登
録を おこ なっ て く ださ い。
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
424 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content