close

Enter

Log in using OpenID

李 偉権 さん EY アドバイザリー株式会社

embedDownload
李 偉 権
技術職からコンサルタントへ。
経験に裏打ちされた強みを生かして、
グローバルに活躍することを誓う。
I
H
C
I
E
W
E
E
L
海
■ 外チームと働く
(アー
会計事務所 Ernst & Young
ンスト・アンド・ヤング)のアメ
リカオフィスと協力してコンサル
ティングを行うプロジェクトチー
ムの一員です。現在のクライアン
ト
(顧客)
は、
海外の製薬会社。チー
ムのメンバーは多国籍で、連絡は
すべて英語です。私は、英語、中
国語、日本語、マレー語の4カ国
語を話しますが、グローバルに働
所 在 地:東京都千代田区霞が関
事業内容:大手企業に対するアドバイザリー
業務(支援業務)全般の提供など
世界157カ国で約19万人のプロフェッショナル
と共に、会計監査、アドバイザリー、税務アドバ
イザリー、
トランザクションアドバイザリーサー
ビスを展開するErnst & Young(EY)のメンバー
ファーム。EYが開発したグローバルで一貫した
手法およびツールを用いて、高品質なサービス
を提供する
加 え た 新 た な 分 析 や 提 案 を 行い
ます。こうして提供する情報は、
クラ イアン トの 重 要 な 経 営 判 断
に 関 わ る た め、 事 実 に 基 づい た
正 確 な もので な くて は な り ま せ
ん。日々、緊張感を持って業務に
臨んでいます。
市
* 販のデータベースや従来のデータ管理では
処理することが困難なほど巨大で多種多様な
データの集合
■
技術職からコンサルタントへ
大胆転職
4
A
N
▶リー・ウェイチャン (29歳)
◦1985
(昭和60)
年 マレーシア生まれ
◦2010
(平成22)
年 岡山大学工学部物質応用化学科
(現化学生命系学科)卒
◦2012
(平成24)
年 岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了 修士号
(工学)
取得
大手消費材メーカー入社
◦2014
(平成26)
年 EYアドバイザリー株式会社入社
日本に来て今年で 年目。私は
自 身 の 強 み について、日 本
文化に馴染んでいること
▽ 技 術 者 と して 働い た
経 験 が あること▽ 語
学 力 ― と 考 えてい ま
す。将 来は、チーム
の中心に立って、海
外企業を担当する
な ど、 グ ロ ー バ ル
なプロジェクトに関
わ るこ と を 希 望 し て
い ま す が、 ど ん な プ
ロジェク トで も 私の 強
みは発揮できるはずです。
技術者の経験から、
内情(生
産や研究開発の現場のこと)も
分かるので、経営面だけではなく、
よりクライアントに寄り添ったコ
ンサルティングが可能です。また、
語学力を生かして様々な国の人と
コミュニケーションを図り、チー
ムをまとめることもできます。今
は ま だ、 先 輩 や 上 司 の 指 導 を 受
けて仕事を覚えている途中ですが、
いずれはチームを引っ張り、EY
のみならず社会に貢献できる人材
になりたいと考えています。
■
自分だけの強みを生かす
式会社で念願のコンサルタントに
なりました。物質生命工学を専攻
していた人がなぜコンサルタント
に、と思う方もいるかもしれませ
んが、私にとっては極めて自然な
流れ。むしろそうした経験がある
からこそ、今の仕事に出会えたと
考えています。
強みを生かし、
グローバルに活躍する人材に
Global
EYアドバイザリー株式会社◆岡山大学工学部卒、自然科学研究科博士前期課程修了
5
ICHO NAMIKI No.74●いちょう並木
いちょう並木●No.74 ICHO NAMIKI
6
■ EY アドバイザリー株式会社
▼工学部粒子材料学研究室の頃
(前列左から3人目
2011. 11)
く上で語学力は必要不可欠だと実
学生時代の
感しています。
専攻は、物質生
命工学。留学前
■
正確さが重要
から憧れていた
粒子材料学研
コン サ ルティン グで 最 も 重 要
なのは、クライアントの要望を明
究 室( 現 粒 子・
確 に 定 義 し、 経 営 課 題 に つ い て
流体プロセス工
双 方 が共 通した問題 意 識 を持つ
学 研 究 室 ) で、
ことです。
ナ ノレ ベルの 泡 に
ついて研究しました。
コンサルタントには、クライア
ントのビジネス上のゴールを達成
目 に 見 え ないほ ど 小
することを目指し、事業の推進を
さな泡の特性や機能を
支援することが求められます。今
調 べ て、 存 在 を 証 明 し
回のプロジェクトでは、クライア
て
いく過程はとても楽しく、
ントが市場に対して最適なマーケ
興味深いものでした。大学院修
ティングや商品戦略がとれている
了後は、技術職で大手消費材メー
かを分析した上で、抱える問題点
カーに入社。技術開発を行う部門
を 指 摘 し、 事 業 の 発 展 を 支 援 す
で、生産管理や商品開発に携わる
る業務に携わっています。最近は、 うちに、いかに無駄を省き、効率
多くの企業がビッグデータ から
的に生産(経営)するかを考える
*
情報を得ていますが、膨大なデー
コ
ンサルティング業務に強く惹か
タを有効に活用するのは想像以上
れるようになりました。未知の世
に難しいことです。私たちは、
ビッ
界に対する不安はありましたが、
グ データを扱 うスキルや 知 識 を
「やってみたい」という気持ちの
提供し、既にクライアントが行っ
方が強く、転職を決意。2014
た 分 析 を 検 証 し、 異 な る 視 点 を
年 月、E Yア ド バ イ ザ リ ー 株
10
Global
岡山大学から世界へ、グローバルに活躍する卒業生
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
1 504 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content