close

Enter

Log in using OpenID

スバルーその星名伝承の多様性に迫る

embedDownload
スバルーその星名伝承の多様性に迫る
北尾浩一
スバルのグループの星名の多様性
約千年前に枕草子で、「星はすばる……」と登場
し、今ではハワイの「すばる望遠鏡」の名前にもな
っている「スバル」。実は、スバルという呼び方を
するのは一部で、スバリ、シバリ、ヒバリ、スマル・・・
といように多様で豊かな星名伝承が伝えられている。
(図1)
スバルの南限
スバルの南限は、現時点では、トカラ列島であり、
スマルである。奄美より南においては、七つ星のグ
ループの星名が伝えられているが、スバルのグルー
プの星名は記録できていない。(図2)
スバルと歌
魚島、室津等に伝えられている。
図1 スマルから出発して、多様で豊かな星名をたどる
スバルと生業
イカ釣り等、生業と多様なかかわりが伝えられている。
図 2 スバルの南限
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
175 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content