close

Enter

Log in using OpenID

302KB - 豆類協会

embedDownload
豆類基金
コーナー
アメリカ豆類事情調査団の派遣について
(財)日本豆類基金協会
企画調査部長 滝 沢 明 夫
海外豆類事情調査団の派遣の目的は、豆
はピント、ネイビーの全米一位の生産州、
類の生産・流通・消費状況等に関する諸外
ミシガンはブラックビーンズ、ネイビーの
国の事情調査を行うことにより、我が国へ
主要な生産地であるほか、クランベリー、
の輸入の円滑化、需給の安定、消費の拡大
キドニー、スモールレッド、大手亡、小豆
のための計画立案等の参考としようとする
等多くのビーンを生産、ネブラスカはグ
ものです。
レートノザン、ピントの主要な生産地、ミ
アメリカは、昭和59年(1984年)に雑豆
ネソタはネイビー、ダークレッドキドニー
輸入基金協会において雑豆市場調査を実施
の主要な生産地です。なお、全米第7位の
しています。
カリフォルニアはその気候から多様な豆の
世界の豆類生産に占めるアメリカの豆類
生産に適しており、主要な品種として、ブ
生産は、作付面積では1.2%、生産量では
ラックアイ、ライマ(ベビー、ラージ)、チッ
2.7%(FAO 統計02~04平均)であり、単
クピース(ひよこ豆)です。
位収量は各国に比べ高くなっています。米
アメリカの農業生産の規模は2002セン
国農務省(USDA)統計によると、2005年
サスによると、農場数2,129千戸 、 農地面
の豆類の作付面積は1,184千 ha、うちビー
積376百万 ha、1農場当たり176ha。また、
ン(いんげん豆)664千 ha、ピース(えん
豆類については農場数8,947戸 、 農地面積
どう)323千 ha、レンティル(レンズ豆)
70万 ha、1農場当たり78ha と我が国の1
180千 ha であり、ビーンが豆類作付面積
戸当たり平均作付面積(北海道19.8ha、都
の56%を占めています。豆類の主要産地は
府県1.3ha)を大きく上回る大規模生産が
北部平原、五大湖地方に集中し、ビーンの
行われています。農業経営に占める豆類の
主な栽培地域は、ノースダコタ(栽培面積
位置付けをミシガン、カリフォルニア両州
のシェア37%)、ミシガン(14%)、ネブラ
についてみると、他作物との輪作の上に行
スカ(11%)、ミネソタ(9%)の4州で、
われており、特にミシガンの輪作は北海道
米国全体の7割強を占めています。
の畑作農業に近い姿です。
この4州の生産の特徴は、ノースダコタ
- 63 -
・ミシガン:90年代まで全米第一位の生
産 州、 農 場 数1,587、 大 半 の
は対日市場向けに契約栽培されています。
農場は40ha 未満の栽培面積、
最近のアメリカ穀物生産を巡っては、燃
とうもろこし、大豆、ビート
料向け需要の増大がトウモロコシの作付け
との輪作
増、大豆の作付け減を招くなど、各作物の
・カリフォルニア:多様な豆類生産に好
作付け選択に大きな影響を生じており、今
適な気候、農場数385、綿花、
後の雑豆生産にも及ぼす影響が懸念されて
野菜、小麦との輪作
います。また、昨年、収穫時の降雨等から
なお、豆類の作付けから収穫までの一連
の作業は、ミシガンの場合、
「霜のない季節」
壊滅的であった大手亡の本年産の作付け、
生育状況も大きな関心事です。
とされる5月初めに始まり10月初めまでに
2004年 FAO 統計によるアメリカの豆類
完了します。作付けは6月1日から15日ま
消費量は、1人1日当たりイギリス(10g
での間に大半は終了、収穫は9月7日から
強)と同程度の10g 弱、我が国はフラン
30日までの間に大半が終了するとのことで
ス(5g)と同程度の6g 弱となっています。
あり、北海道の豆の栽培体系と類似してい
アメリカの豆別消費量はいんげん豆57%、
ます。
えんどう32%、ひら豆9%であり、毎日、
アメリカの豆類輸出は、2002年から2004
国民の14%が消費しています。特にアメリ
年の3ヵ年は56万トン前後で安定して推移
カ南部、西部で多く消費されています。乾
していますが、豆別に2004年をみると、い
豆の3/4は、小売店で家庭用に販売されて
んげん豆は前年比84%、えんどうは前年比
います。
151%と大きく変動し、生産量を反映した
消費の形態はサラダ、スープ、煮込み、
輸出実績となっています。豆別輸出シェア
ベイクドビーン、米料理、メキシコ料理等
はいんげん豆48%、えんどう32%、ひら豆
多用な豆料理に利用されています。アメリ
16%、ひよこ豆2%となっています。輸出
カでも若者の豆離れ、豆料理の利便性から
先国は第一位メキシコ、次いでイギリス、
来る実需低下が見られており、豆の消費促
カナダ、ハイチ、ドミニカ共和国の順となっ
進策として、消費者の健康意識に訴えてい
ています。
くことの必要性が課題となっています。
(政
アメリカから我が国に輸入されるライマ
府協賛で「豆を週に3カップ食べよう」と
ビーン、グレートノザン、大手亡、小豆な
いうキャンペーンが展開されていると聞き
どの豆類は、我が国で古くから主に餡、煮
ます)
豆等に利用され、需要の一角を占めるなど
このようなことから、アメリカについて、
主要な輸入先国(輸入総量に対するアメリ
安定供給の面から最近の生産事情や先進的
カのシェアは1995年の20%、2005年13%)
な大規模畑作農業における栽培技術を調査
となり、輸入豆の中で、特に小豆、大手亡
し、また消費拡大の面から多用な豆類利用
- 64 -
の実態や消費拡大のための方策等の調査を
豆の産地であるミシガン州と、ベビーライ
実施することは、我が国の豆類の生産、流
マ、ひよこ豆など多様な豆の生産地である
通、消費対策を検討する上で参考となるこ
カリフォルニア州におけるほ場と調製選別
とが多いと考えます。
工場の視察、市場調査、関係団体との意見
これらのことから、調査先としては、豆
交換等を計画しています。
類の主要産地であり、大手亡を含む多くの
調査団員には、全国豆類振興会の推薦により、次の方々が選ばれました。
団 長
矢 野 征 男
㈶日本豆類基金協会 理事長
ホクレン農業協同組合連合会 代表理事会長
副団長
今 村 雄 紀
雑穀輸入協議会 理事長
株式会社カーギルジャパン東食ビジネス・ユニット 執行役員
団 員
福 田 秀 勝
雑穀輸入協議会 関西支部 理事
豊田通商株式会社大阪食料グループ 部長補
団 員
平 田 大三郎
全国穀物商協同組合連合会 常務理事
株式会社森光商店 相談役
団 員
川 西 文 男
日本製餡協同組合連合会 常務理事
株式会社まるぶん 代表取締役
団 員
小 林 信 樹
ホクレン農業協同組合連合会 雑穀課長
団 員
松 村 征 仁
㈳北海道豆類価格安定基金協会 専務理事
団 員
伊 藤 洋
㈶日本豆類基金協会 常務理事
- 65 -
また、調査団の日程(案)は、次表のとおりです。
ᐕ᦬ᣣ
⊒⌕࿾෸߮ṛ࿷࿾
㧔ᦐᣣ㧕
੤ㅢᯏ㑐
⊒⌕
⸰ ໧ వ
ኋᴱ࿾
ᚑ↰ⓨ᷼
㧺㨃㧜㧞㧢
㓸ว‫ޔ‬ᚑ↰߆ࠄ
㧔ᣣ㧕
࠺࠻ࡠࠗ࠻ⓨ᷼
࠺࠻ࡠࠗ࠻⚻↱
㧺㨃㧝㧣㧣㧥
࡜ࡦࠪࡦࠣ߳
೔⌕ᓟࡎ࠹࡞߳
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
࠺࠻ࡠࠗ࠻ⓨ᷼
࡜ࡦࠪࡦࠣⓨ᷼
࡮ࡒࠪࠟࡦᎺ┙ᄢቇ
ࠨࠡ࠽࠙
࡮หᄢቇ⢒⒳⎇ⓥᚲ
࡮ࡃࠗࠝࠛ࠲ࡁ࡯࡞Ꮏ႐
࡮⼺㘃ㆬ೎ടᎿ႐
࡮Ꮢ႐⺞ᩏ
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
㧔᦬㧕
ኾ↪ࡃࠬ
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
㧔Ἣ㧕
ኾ↪ࡃࠬ
࡮ࡒࠪࠟࡦ㔀⼺ャ಴ᬺ⠪࿅૕ ࠮ࡦ࠻࡚ࠫ࡯ࡦ
࡮ࡒࠪࠟࡦ㔀⼺↢↥⠪࿅૕
࡮⼺㘃ㆬ೎ടᎿ႐‫߶ޔ‬႐ⷞኤ ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
ࠗ࡯ࠬ࠻࡜ࡦࠪࡦࠣ
࡜ࡦࠪࡦࠣⓨ᷼
㧺㨃㧟㧜㧟㧠
ⓨ〝⒖േ
㧔᳓㧕
࠺࠻ࡠࠗ࠻ⓨ᷼
࠺࠻ࡠࠗ࠻ⓨ᷼
㧺㨃㧟㧠㧡
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦⓨ᷼
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦ
ኾ↪ࡃࠬ
㧔ᧁ㧕
࠻࡟࡯ࠪ࡯
࠻࡟࡯ࠪ࡯
ኾ↪ࡃࠬ
㧔㊄㧕
ࠨࠢ࡜ࡔࡦ࠻
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦ
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦⓨ᷼ 㧺㨃㧜㧞㧣
࡮⼺㘃ㆬ೎ടᎿ႐
࡮߶႐ⷞኤ
࠻࡟࡯ࠪ࡯
࡮⼺㘃ㆬ೎ടᎿ႐
࡮߶႐ⷞኤ
࡮Ꮢ႐⺞ᩏ
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦ
㧔࿯㧕
ࠨࡦࡈ࡜ࡦࠪࠬࠦ
ᯏਛᴱ
ᚑ↰ⓨ᷼
೔⌕ᓟ⸃ᢔ
㧔ᣣ㧕
ߥ߅‫⚦ޔ‬ㇱߩᣣ⒟╬ߦߟ߈߹ߒߡߪ‫⃻ޔ‬࿷⺞ᢛߒߡ޿ࠆߣߎࠈߢߔ‫ޕ‬
4
- 66 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
302 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content