close

Enter

Log in using OpenID

法曹発展科目

embedDownload
紹 介 項 目
① 講義の目的と範囲
⑤ 関連科目
② 講義方法
(事前履修・同時履修・展開履修科目の提示)
③ 講義計画
⑥ 評価の方法
④ 教 材
⑦ その他の要望事項
法曹発展科目(刑事法)
第 1 部( 3 回生以上) 前期 2 単位
大江 洋一
検察官による起訴独占主義、起訴便宜主義の実状と、
準起訴手続・検察審査会
国選弁護人の選任・保釈・証拠開示等、弁護人のな
し得ること、なすべきこと
① 刑事裁判について、実際の裁判実務を通じて刑事法の
基本的考え方を身に付けることを目的とする。
( 4 )公判(第 7 ・ 8 回)
人定質問から起訴状朗読・黙秘権の告知・意見陳
② 第 1 回に問題提起的な講義をしたあと、第 2 回以降は、
述・冒頭陳述・証拠請求(同意・不同意)・証拠調
以下の課題について順次参加者にレポートを分担しても
(人証・物証・書証の意義)・論告・求刑・弁論・判
らい、その報告をもとに参加者とディスカッションし、
決という流れを概観した後、交互尋問のポイントや情
最後にまとめをする。
状立証の実際などを解説する。
③ ( 1 )厳格な刑事手続保障の意義(第 1 回・第 2 回)
憲法が厳格な刑事手続保障規定をなぜ定めているの
か
オウム事件、カレー事件、池田小事件、秋葉原事件
等々で示される素朴な市民感情 「悪いことをしたことがはっきりしているのに、長
い時間と費用をかけて裁判をする必要があるのか」
「国が費用を出して弁護士をつけなくてもよいので
は」「被害者の人権」より「加害者の人権」ばかりが
( 5 )刑事裁判における被害者の権利(第 9 回)
「犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随
する措置に関する法律」を解説し、「公益の代表」とし
ての検察官の責務、弁護人の立場、さらに被害者側代
理人の立場、被害弁償と示談などの問題点を深める
( 6 )国民の司法参加(裁判員)と陪審・参審(第10
回)
裁判員制度が実施される中で見えてきた問題点を含
め、あらためて裁判員制度について考える
強調されるのはおかしい」「悪いやつの弁護をするな
( 7 )刑事弁護の論点(第11回)
んて許せない」
( 8 )刑罰(第12回)
足利事件、布川事件など再審事件や、犯行に至る事
死刑の問題点、自由刑と財産刑について、刑法改正
情を立ち入って考えたときに見えてくる事件の真相な
問題の際に議論された点などを紹介しつつ刑罰への理
ど、具体的な冤罪事件を素材として議論する
( 2 )捜査(第 3 ないし 5 回)
捜査と裁判の現実の進行を、実務の流れを概説する
捜査開始(捜査の端緒、告訴・告発)、捜査手続の流
れ(逮捕・勾留 捜索・差押)
任意捜査と強制捜査、令状主義、刑事当番弁護士制度
解を深める 刑の執行猶予の実状についても検討する
私選弁護と国選弁護の異同、無罪弁護と情状弁護、
弁護人の真実義務、弁護士自治の意義と役割など、刑
事弁護に取り組む際に直面する問題点を検討する。
( 9 )犯罪の成立(第13回・第14回)
なにが処罰されるのか(構成要件)
を紹介しつつ、弁護人選任権の意義と起訴前弁護活動
違法性と責任はどのように問題として現れるのか
の内容、接見交通権・取調べと黙秘権・供述調書の問
正当防衛、過剰防衛や緊急避難が問題となった事例、
題点を紹介する
ゴビンダ事件などを素材に、勾留や保釈制度の問題
点も検討する
警察・検察・裁判所・弁護士会の組織についての説
明もあわせて行う
「検察不祥事」問題なども考える
( 3 )起訴(第 6 回)
安楽死や臓器移植法の成立過程における議論を紹介し、
医療と法についても検討する。
④ テキストは、それぞれの課題ごとに判例を配布するほ
か、毎回、次回のための教材を指示する。
⑥ 最小限 1 回の発表を求め、発表内容やこれを受けた討
論の状況などの日常点と、最後に提出を求めるレポート
によって評価する
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
140 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content