close

Enter

Log in using OpenID

参考文献 1. 井上善文、根津理一郎、中井澄雄:在宅静脈栄養法における

embedDownload
参考文献
1. 井上善文、根津理一郎、中井澄雄:在宅静脈栄養法における完全皮下埋め込み式カテーテル
の有用性に関する検討. 日消外会誌 22:1839-1846,1989.
2. 田口鐵男:皮下埋め込み式カテーテルシステムに関するアンケート集計結果報告. 癌と化学療
法 16:3251-3263,1989.
3. 齋藤博哉、鎌田正、桜井康雄:悪性腫瘍患者における皮下埋め込み式中心静脈確保システム
の臨床的有用性の検討. 癌と化学療法 19(4):519-524,1992.
4. 小沢善,元原智文,森田荘二郎,堀見忠司:当院における IVH リザーバーの現状. 高知県中医
誌,21(2):1-5,1994.
5. 小沢善,森田荘二郎,秦康博,堀見忠司:左鎖骨下動脈経由でリザーバー留置後脳梗塞をき
たした 2 症例. 日本血管造影・IVR 誌,10(4):449-452,1995.
6. 小沢善,森田荘二郎,秦康博,堀見忠司:P.A.S. port を用いた前腕部からの中心静脈カテーテ
ル留置術. 日本血管造影・IVR 誌,11(1):113-116,1996.
7. 秦康博,森田吉多佳,森田荘二郎,小谷了一:当院における中心静脈カテーテル留置術の検
討-特に P.A.S. port を用いた前腕部留置-. 高知市医師会誌,1(1):74-77,1996.
8. 川田陽子,松下智津,山本紀子,秦康博,森田吉多佳,森田荘二郎,小沢善:当病棟における
IVH リザーバー(P.A.S. port)の管理. 高知県医誌,23(1):15-20,1996.
9. 高橋優美子,西村廣子,押川千恵子,田村真知,山崎雅代,駒沢陽子,坂本展子,田村啓子,
坂本房子,古味なほ子,森田荘二郎:リザーバー療法における自己抜針指導の手順の検討.
高知県中医誌,24(2):47-56,1997.
10. Y. Hata, S. Morita, Y. Morita, T. Awatani, M. Takasaki, T. Horimi, Z. Ozawa: Peripheral Insertion
of a Central Venous Access Device Under Fluoroscopic Guidance Using a Peripherally
Accessed System (PAS) Port in the Forearm. CVIR, 21:230-233,1998.
11. 川崎竜太,森田荘二郎,久修明,野田能宏,辻晃仁:左橈骨動脈経路の経皮的リザーバー留
置術. 日本血管造影・IVR 誌,14(1):83-86,1999.
12. 森田荘二郎:前腕部 IVH リザーバー留置術. 臨床放射線科のコツと落とし穴-IVR-, p150-152,
小塚隆弘編,中山書店,東京, 1999.
13. 川崎竜太,森田荘二郎,久修明,辻晃仁:前腕部留置の埋没式中心静脈カテーテル法(IVH リ
ザーバ)389 例の検討. 癌と化学療法,26(13):2055-2060,1999.
14. 辻晃仁,森田荘二郎,堀見忠司,高崎元宏,高橋功:前腕部留置埋没型カテーテルシステム
お よ び 少 量 CDDP+5-FU 療 法 を 用 い た 外 来 , 在 宅 癌 化 学 療 法 . 癌 と 化 学 療
法,26:Suppl,326-332,1999.
15. 辻晃仁,森田荘二郎,高崎元宏,堀見忠司,高橋功,白坂哲彦:前腕部留置埋没型カテーテ
ルシステムにおける外来・在宅癌化学療法の実際(ビデオ),癌集学的治療財団,1999.
16. 西村廣子,高橋優美子,田村真知,押川千恵子,坂本展子,田村啓子,駒沢陽子,田村真紀
子,森田荘二郎,久修明:前腕部留置式リザーバーにおける単独自己抜針補助用具の工夫.
高知県中医誌,27(1):11-14,2000.
17. 森田荘二郎,辻晃仁:基礎から理解する IVR-第 2 回 リザーバー留置術
中心静脈リザーバー
肝動注リザーバー,
. 総合消化器科ケア,7(2):104-127,2002.
18. 森田荘二郎:IVR 特集:これからのリザーバーを考える(ドクターのこだわり)埋没型中心静脈
カテーテル留置術(IVH リザーバー)
前腕留置を中心に
. Rad Fan, 1(3):36-41,2003
19. 坪井伸暁,森田荘二郎,山西伴明,森下哲,野田能宏:前腕留置式埋没型中心静脈カテーテ
ル法の長期成績. 日本血管造影・IVR 誌,18(4):43-48,2003
20. 森田荘二郎,野田能宏,篠田節子,小野文恵:看護師が知っておきたい中心静脈リザーバー
の基礎知識. 総合消化器ケア, 10(2):96-104,2005
21. 武内周平,齋藤博哉,平松一秀,鉾立博文,高邑明夫,張大鎮:中心静脈リザーバーからの
自動注入器を用いた造影 CT における耐圧試験. IVR 誌,20:27-30,2005
22. 松本知博,山上卓志,加藤武晴,廣田達哉,吉松梨香,西村恒彦:Pich-off によりカテーテル
離断を来した中心静脈リザーバーの1例. IVR 誌,21:45-48,2006
23. 的場俊、森田荘二郎、野田能宏、山西伴明、志摩泰生、小谷和彦:前腕留置式埋没型中心静
脈カテ ー テル 法の 長期 成績 に伴う 合併 症 につ い て-抜 去例 を 中 心に-. 高 知市 医師 会
誌,10(1):198-209,2005
24. 小 出 昌 伸 、 松 尾 武 文 : ヘ パ リ ン 起 因 性 血 小 板 減 少 症 . 別 冊 日 本 臨 床 領 域 別 症 候 群
Ⅱ,1998,307-310
25. Kuriakose P, Colon-Otero G, Paz-Fumagalli R:Risk of deep venous thrombosis associated
with chest versus arm central venous subcutaneous port catheters:A 5-year single-institution
retrospective study. JVIR,2002,13:179-184
26. Teichgraber UK, Gebauer B, Benter T, Wagner HJ, et al:Central Venous Access Catheters:
Radiological Management of Complications. CVIR,2003,26:321-333
27. Biffi R, Pozzi S, Agazzi A, Pace U, Floridi A, Cenciarelli S, Peveri V, Cocquio A, Andreoni B,
Martinelli G : Use of totally implantable central venous access ports for high-dose
chemotherapy and peripheral blood stem cell transplantation:results of a monocentre series of
376 patients.Ann Oncol,2004,15:296-300
28. Hinke DH, Zandt-Stastny DA, Goodman LR, et al:Pinch-off Syndrome: A Complication of
Implantable Subclavian Venous Access Devices. Radiology,1990,177:353-356
29. Andris DA, Krzywda EA, Schulte W, Ausman R, Quebbeman EJ:Pinch-off syndrome: A rare
etiology for central venous catheter occlusion. JPEN,1994,18:531-533
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
82 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content