close

Enter

Log in using OpenID

「通じなかった冗談…」

embedDownload
★竜ヶ池浄化活動の紹介
小山小ではEMの浄化の働きに目をつけ、5年前からEM
第608回 例
会報告
須坂ロータリークラブ 会長 永田正幸様
〃 幹事
山岸宣明様
■会長あいさつ :中野俊幸君
11月18日には北信第1グルー プのセミナー 及び I.Mに
ご参加ありがとうございました。当クラブも再来年度担当
となるので、身の引き締まる思いです。須坂RC 様にもご
協力の要請があるかと思います、よろしくお願い致します。
そして本日は沈宇( シンウ)様の卓話や懇親会が大変に
楽しみです。ゆっくりとくつろぎながら、大いに歓談、親
睦の実を上げていただきたいと思います。
■幹事報告 :小林晃君
○英語版「ロータリーの友」に小林正明君投稿「初めてのメ
イクアップ」掲載。
○国際ロー タリー 年次大会明年6月15日からロサンゼル
ス開催の旅行案内。
○須坂商工会議所会頭退任、就任挨拶状。
○更埴RCより、I.M出席御礼。
○12月ロータリーレート 1ドル=112円。
○学友情報……「2001年4月─02年3月」 米山奨学生韓
国 金龍中(キムリョンジュン)さんは、現在、信大工学部カー
ボン科学研究所准教授(遠藤教授の下)になられ、ご活躍。
■出席・ニコニコBOX委員会報告 :梅崎謙勝君
梅本カウンセラーに代わって、沈宇君の紹介をします。
●1978年5月29日生まれ 29歳 中国瀋陽( シンヨウ)市出
身 信大工学部 修士課程( 工学系研究科社会開発工学専攻 )
主に善光寺における景観構成の研究。
●担当教授……土本俊和様(須坂市町並み研究委員の一人)
家庭は両親とも教師であり、 教育一家の環境で、 工学系以外に中
国史、日本史も得意分野。卒業後は日本の企業で働きたいそうです。
米山
奨学生 沈 宇(シン ウ)様 卓話
「通じなかった冗談…」
ある日、日本人の友達に日本の平安時代のことを質問した。
歴史専門でなかっ た彼らには難しかっ たらしく、わからなかっ
N A TI O
No.
No.
例会:毎週水曜日
12:30∼13:30
N
国際ロータリー第2600地区
須坂五岳ロ ー タリ ー クラブ
於:須坂迎賓館
TEL(026)
246−3333
会長:中野俊幸 幹事:小林 晃 会報・雑誌委員長:梅崎謙勝
2007∼2008年度国際ロータリーのテーマ ロータリーは分かちあいの心
2007 . 11 . 28㈬
た。
「 自分の国のことなのに、小学校卒業でき
たの?」と言っ てしまっ た。中国人同士だ
と、「 ばれてしまっ た。実は小学校も裏金
でやっ と卒業したの。」などで話しは終わ
るのだが、違っ た。
「 日本は中学校までは
義務教育だから、中学までは出なければな
らないよ。」とまじめな答えが返っ てきて、困
ってしまった。怒ってはないと言っていたが、怒ったに違いない。
日本に長くいる友達に話すと、「 純中国式の冗談は通じないの
は当然」と言われ気付くものがあった。その結果、色々な面白い
文化での違いが分かっ てきたのである。例えば、皇居の池の鯉
を見た時、日本人は「かわいい」と言う。僕は「美味しそう」と言
ってみんなをびっくりさせた。
わが国では、鯉は日本の鯛のように縁起のいいお祝いの時の
美味なのである。全然違う反応は実に面白いことだと思っ たの
である。留学生なので、日本のことだけでなく、他の国の習慣
の違いも交流を通じて分かり、
「一石二鳥」だと思うようになった。
日本は、 アジアではとても重要な存在であり、 アジア各国の
憧れの国である。僕の親は幼い時から「 日本をみてごらん、頑張
らないと世界一にはなれないよ。」と説教されたほどであっ た。
強くなる秘密を求めて、今もアジア各国の若者が日本にやっ て
くるのである。
留学生活は既に7年目に入っ ている。冗談好きの僕はまだジョ
ー クを言っ ている。昔と違うところは、説明を加えていること
である。異文化間の交流や理解は歴史の流れに間違いないと思う。
会員数:26名 出席数:13名(欠席者MU:5P)
出席率:72%(MU:パスト会長会、IM地区・会員セミナー)
須坂RC 永田会長、山岸幹事…… 今晩はお世話になります。
中野君………須坂RC永田さん山岸さんごくろうさんです。
計 6 , 000円 累計 285 , 000円
■ゲスト紹介 :須坂RC幹事 山岸宣明様
ER
L
T
司会:湯本邦久副SAA 点鐘:中野俊幸 会長 斉唱:我等の生業、中国国歌
■本日のゲスト :米山奨学生 沈 宇(シン ウ)様
237 2007
2007. .12
7 . .19
253
251
10
24
12
TARY
RO
A
を使って池の浄化活動を進めてきました。
6月の参観日には、家族の人にもEM だんご作りに参加
していただき、EMの活動について知ってもらいました。
私達6年生が先輩から引継ぎ行っ てきた主な浄化活動を
班毎に発表します。
EM団子作り………3班 EM液作り……4班
EM団子の投入……5班 EM液投入……1班
透視時計(透明度)測定……2班 ph計測定……6班
IN
細菌、乳酸菌、酵母菌は特に重要な働きをしています。
さて、EM を使っ てできることとしては、農業や環境浄
化、くらしにも役立ちます。弱っ た作物に適量のEM を与
えることで、作物が元気を取り戻します。生ゴミにEM を
投入すると、発酵し肥料になります。悪性対策もできます。
汚染された河川や池、沼などの浄化にも役立ちます。
第606回 例
会報告
■本日のゲスト :小山小学校6年西組担任 新井重則先生
臥竜公園管理事務所所長
■会長あいさつ :中野俊幸君
坂田 博様
先週のニットーさんへの職場訪問例会には多数のご出席
をいただき、ありがとうございました。研磨技術だけであ
の大きな工場や、売り上げの実績を実現している事に驚き
ました。更に広大な用地取得とお聞きし、技術革新と生き
残りへの強いメッセージを感じました。会長さんが商工会
議所の会頭に就任され、社業ともども今後のご活躍、ご発
展が期待されるところです。
本日は、当クラブが長年支援しております、竜ヶ池浄化
作戦の小山小学校児童の皆さんの発表や坂田臥竜公園事務
所長さん、また新井小山小学校先生のお話が楽しみです。
■幹事報告 :小林晃君
○土屋G事務所より中越沖地震義捐金の御礼。義捐金総額
1 ,796 ,025円送金し、新潟地区渡辺ガバナーより御礼。
○18日(日)地区セミナー・I.Mは7名参加。
須坂市役所 11:30集合(バスにて) ○28日(水)米山奨学生 沈宇(シンウ)さん卓話の夜間例
会、出席のお願い。例会前に理事会開催。
■出席・ニコニコBOX委員会報告 :梅崎謙勝君
■ハンディ型PH計贈呈式 ※目録 贈呈
稲荷山温泉 ホテル杏泉閣にて
12月5日 年次総会での承認事項
●08─09年度役員
会 長
直 前 会 長
会長エレクト
幹 事
会 計 監 査
菊池
中野
植木
上沢
小林
健造君
俊幸君
新一君
広光君
晃君
※この他、09─10年度北信第一グループガバナー補佐と
して梅崎謙勝君を推薦することを報告した。
──── ☆詳細は後日掲載します☆ ────
2007 . 11 . 14㈬
司会:渡辺典昭SAA 点鐘:中野俊幸 会長
藤沢君……………………………誕生日・結婚祝ありがとう。
計 10 , 000円 累計 289 , 000円
I.M&会員セミナー 11月18日(日)
市民公開例会
2008年 2月23日
(土)
■臥竜公園事務所 坂田所長あいさつ
臥竜公園、動物園には
たくさんの市民、観光客
のみなさんにおいでいた
だいています。
竜ヶ池の浄化について
は毎年小山小学校の総合
学習の 取り 組み で、EM
菌の投与をしていますが、効果が上がり透明度が出て来て
います。 気温、水温、湿度などの変化も影響しています
ので、池は自然の中で存在している事を痛感します。 小
山小学校のご協力、また須坂五岳ロータリークラブのご協
力に感謝しています。
■小山小学校新井先生あいさつ
小山小学校が池の浄化活動を始めて5年目になります。
今年の夏は非常に暑く、池の藻が大発生したため、透視度
が下がった時期もありましたが、年々池がきれいになって
きていることを大変嬉しく思っております。
小山小の子供達にとって臥竜公園は、学校の授業やマラ
ソン大会などの行事のほかに、放課後や休日の遊び場とし
ても利用させていただく大切な公園です。その公園の池の
浄化の一端を卒業学年の6年生が担うことは、ご恩返しと
いう点でも、また環境教育という点でも、大変有意義な活
動だと考えています。
五岳RCの皆様には毎年、透視時計やph 計をお贈りい
ただき、非常に感謝しております。今年はさらにph計を1
台増やしていただき、活動の幅を広げることができました。
これからの学習に役立てたいと思います。臥竜公園がいつ
までもきれいな場所で、市民や観光客の憩いの場であるこ
とを願い、活動を頑張りたいと思っています。
■小山小学校6年西組 児童35名の発表
☆EMについての紹介
昔からある発酵食品(ヨー グルト、チー ズ、キムチ、納
豆、味噌、しょ うゆ、酒)は微生物(こうじ菌、乳酸菌、
こうぼ菌)を利用して作られています。自然界にたくさん
いる微生物の中には、人間を助けるものも多く、身近な存
在です。また、人間の腸内に住むビフィズス菌のように環
境を良くし、動植物の細胞のはたらきをよくする酵素や生
成物を作り出す微生物もいます。
このように人間にも自然環境にも役立つものを有用微生
物と言います。これまで単独で利用されてきましたが、条
件が整えば微生物同士はお互い有用な共同作業ができます。
食品加工等に
利用される安
全で有用な微
生物ばかりが
含まれていて、
複数の役に立
つ微生物を組
み合わせたも
の がEM で す。
中でも光合成
事務局:〒382−0091 長野県須坂市立町1278−1 須坂商工会議所内 TEL 026(248)2734 FAX 026(248)2724
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
426 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content