close

Enter

Log in using OpenID

一生涯のパートナー With You プロジェクト

embedDownload
第一生命の今後の展開
Our Vision
第一生命では、営業職員によるコンサルティングを主軸とする対面販売を「中核事業」と
位置付けています。
また、貯蓄機能の高い保険商品市場と、海外アセットマネジメント事業の市場、
アジアパシフィック地域を中心とする海外生命保険市場を「成長市場」と位置付けており、
それらの詳しい内容についてご説明します。
一生涯のパートナー
With You プロジェクト
当社は、1902 年の創業以来、「お客さま第一主義『一生涯のパー
トナー』」を経営理念に掲げ、お客さま、お一人おひとりの “今”
と “未来 " を見つめ、次の世代につながる確かな安心のお届けに
努めてきました。そして、現在、社会環境は大きく変化し、お一
人おひとりのライフスタイルや価値観も多様化してきています。
このような時代だからこそ、私たち第一生命は『いつもあなたの
そばにいる【一生涯のパートナー】であり続けたい」と考えてい
ます。こうした考えのもと、さまざまなライフステージに応じた
最適な商品・サービスで、お客さまお一人おひとりの安心で健康
な人生を、生涯設計デザイナーをはじめとする高い専門性を持つ
全役職員の「強固なチームワーク」でサポートしていく【一生涯
のパートナー With You プロジェクト】を推進しています。国内
成長戦略「一生涯のパートナー With You プロジェクト」では、
本業の生命保険を通じた【確かな安心】とともに、第一生命らし
い【充実した健康サポート】を、お客さまお一人おひとりにご提
供していきます。
新市場の開拓に向けた
取組
新市場の開拓に向けた取り組みを開始します。銀行窓口における
保障性保険販売の拡大や、「自分で比較検討して保険を選びたい」
ことから、このゾーンを成長分野と捉え、医療などの第三分野を
中心に、「どこよりもわかりやすく、お手続きが簡便な、新しい
時代にあった商品とサービスの提供」を行います。新市場開拓を
機動的に進めるべく、国内生命保険事業では、第一生命、第一フ
ロンティア生命に加え、比較購入志向の高いお客さまに対し商品
お客さまニーズ
コンサルティング
パッケージ
商品
お客さま嗜好
というご意向で来店型ショップを訪れるお客さまが増加している
¥
¥
を供給するネオファースト生命の開業によって国内3社体制がス
タートしています。今後積極的に、国内マーケッ卜展開を加速さ
せて行きます。
比較検討
単品商品
第一生命
営業職員による
コンサルティング販売
ネオファースト生命
第一フロンティア生命
銀行窓口・来店型
保険ショップ等を通じた
シンプルな商品を販売
銀行・証券の
窓口を通じた
貯蓄性商品の販売
海外アセット
マネジメント事業の強化
第一生命と関わりの深い
グローバル資産運用会社
第一生命は、中期経営計画において、生保事業との親和性が高く、
人口増加・退職資金拡大を背景に高成長が期待できる海外アセッ
トマネジメント事業への事業参画を検討してきました。
ニューヨーク証券取引所に上場している、米国有数の独立系資産
日本市場では社債市場の流動性が限定的ということもあり、
ジャナス社のノウハウを活かして、海外でのクレジットリス
クを的確に取り、リターンを向上させています。
運用会社、ジャナス・キャピタル・グループ(以下「ジャナス社」)。
ジャナス社は、リタイアメント人口の増加等を背景に中長期的な
成長が見込める米国資産運用市場において、株式運用を中心とし
た高い競争力、幅広い販売ネットワークを有し、強固なブランド
を確立しています。第一生命はこのジャナス社が中長期的に成長
していくと想定。同社を当社グループに加えることで、連結収益
運用力の強化、グローバルな分散投資をはかるため、DIAM
の向上を図るとともに、当社の資産運用体制の強化や、当社関連
アセットマネジメントは、米国、英国、シンガポール、香港
会社である DIAM アセットマネジメント(※)を通じた双方向で
に子会社を有しています。
の金融商品販売の拡大、さらには人財交流等を通じたアセットマ
ネジメント事業に関するノウハウの獲得などを目指しています。
※DIAM アセットマネジメントは、みずほフィナンシャルグループと第一生
命が折半出資する資産運用会社
「プロフェッショナル」性を
さらに高める
最も重要な経営資源は「人財」。私たちは研修や現場教育におい
て『プロフェッショナル & チームワーク』というコンセプトの
もと、職員一人ひとりの人財育成を進めています。プロフェッショ
ナルとは、専門的な能力を持つ人のことではなく、日々の業務に
「プロ」として自覚、こだわり、責任を持ち、創意工夫しながら
仕事を進めていける人財です。そして、このプロたちがチームを
結成し、チームワークを発揮していくのです。チームワークとは、
一般に言う組織内の協力関係ではなく、部門などの垣根を越えて
協業すること。
Career Development Program(CDP)
キャリアサポートプログラム
グローバル人財育成プログラム
海外短期語学留学(指名制)
、TOEIC 受験、
海外留学・トレーニー(キャリアチャレンジ制度)
プロフェッショナル&チームワーク実践
マネジメント研修、異業種交流研修、
働き方変革研修
階層別育成プログラム
階層別研修(グローバル職員、エリア職員)
ポジティブアクションプログラム
各階層での指名制研修(エリア職員)
、
そのためには、個々の高い目標を支援していく仕組みが必要だと、
私たちは考えます。さまざまなキャリアサポートプログラムを充
実させ、職員の新たなチャレンジを支援し続けます。一人ひとり
コンサルティングサポートプログラム
キャリアサポートプログラム
社内外トレーニー制度、キャリアチャレンジ制度、
メンター制度
の人間力を強くしていく環境が、私たちの「プロフェッショナル」
性をさらに高めていくのです。
2013 年 3 月、経済産業
省が主催する「ダイバー
シティ 経営企業100 選」
に保険業界から唯一選
定 さ れ、表 彰 を 受 け ま
した。
ビジネススキルプログラム
e ラーニング制度、蒼梧記念論文
海外での収益拡大に貢献
第一生命の海外展開
界 !
業 出
進
初
開業後 3 年間で新契約保険料が
民間生保会社 23 社中 10 位(2 013 年度)
世界に目を向けると、世界の生命保険会社ベストテンはすべて株
式会社、持株会社形態の会社が席巻しているという状態になって
いる今日。「多様な資本調達手段と自由な商品開発を可能にする」
インド
(2007 年 12 月)
現地有力国有銀行と合弁生保設立に関する契約終結
(スター・ユニオン・第一ライフ 2009 年 2 月に営業を開始 )
ために、2010 年、第一生命は東証一部へ上場し、株式会社とな
界 !
業 出
進
初
りました。資本調達に制限があった相互会社から、大胆な M&A
マーケットシェアも 2006 年度の
4.4%から、2012 年度には 8.0%まで拡大
を駆使した成長戦略も描ける株式会社への転身で、アジアを中心
とする海外の企業へ大型 M&A をしかけ、市場シェアを高めてい
けるようになります。
ベトナム
(2007 年 1 月)
現地生保を買収し「第一生命ベトナム」として
営業開始
第一生命は、海外の保険市場においても成長に向けた事業展開を
加速させています。2007 年のベトナムの保険会社を買収して子
2 013 年度の収入保険料を
前年度比で24.2% 増加
会 社 に し た の を 皮 切 り に、タ イ、オ ー ス ト ラ リ ア に 進 出 し、
2013 年にはインドネシアの有力金融グループへの投資により、
同国で保険ビジネスを展開する土台を築きました。
オーストラリア
(2007 年 12 月)
なかでも、オーストラリアの子会社 TAL 社は順調に成長し、
2013 年末には同国の保険市場 ( 保障性商品 ) で首位に躍進して
います。第一生命ベトナムも保険料収支が買収前の 5 倍になり、
インド、タイ、インドネシアでも事業は堅調に推移しています。
タワー社を友好的買収により完全子会社化
タイ
(2008 年 7 月)
収入保険料業界ランキング 8 位
(2013 年度、24 社中 )
「優秀保険会社賞」3 年連続受賞
オーシャン・ライフとの業務・資本提携(出資含む)
さらに、2015 年 2 月には米国の保険会社プロテクティブを買収
しました。また、プ口テクティブ生命を完全子会社としたことに
2013 年度の収入保険料は
前年比で 4 5.7% の増加
より、利益の拡大に貢献する「先進国における事業」と、将来の
成長に期待する「新興国における事業」のバランスを見ながら、
戦略的な投資ができるようになりました。
インドネシア
(2013 年11月)
現地保険金杜のパニンライフとその親会社パニンイン
ターナショナルを関連会社化
そのほか、米国の資産運用会社ジャナスには 19.9% の出資を行
世界最大の保険市場・米国に大きな足場を持ち、
M&Aのノウハウやシステム運用面を強化
うことで、海外での資産運用能力を強化しています。
アメリカ合衆国
(2015 年 2 月)
プロテクティブ生命を完全子会社化。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
682 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content