close

Enter

Log in using OpenID

- JIPテクノサイエンス株式会社

embedDownload
コードメータキーについて
2013 年 4 月
JIP テクノサイエンス(株)
PLAXIS のソフトウェアプロテクトキー(CodeMeter:コードメータ)は、パソコンに接続したときに外部記
憶装置(USB メモリ)として認識されます(図 1)。そのため、パソコンから取り外す場合には、必ず以下の
手順に沿って行ってください。なお、この手順に沿うことなく取り外しを繰り返しますと、CodeMeter の破
損の原因につながりますので、取り扱いには充分ご注意ください。
CodeMeter が外部ディスクとして
認識されています。
図1
マイコンピュータの情報
重要:CodeMeter は、USB メモリとして認識されますが、空き領域がゼロとなっている
ため、その機能は使用できません。また、空き領域が表示されている場合にでも、
パソコンを再起動したり、CodeMeter を取り外ししたりしますと、保存したファ
イルは消えてしまいますのでご注意ください。
CodeMeter の取り外し手順
1.コードメータサービスの停止
別紙の "コードメータコントロールセンタについて" を参照し、コードメータのサービスを停止してく
ださい。
2.ハードウェアデバイスの停止
(1)システムトレイにある「ハードウェアの安全な取り外し」のアイコン
をダブルクリックして
ください。
(2)
「ハードウェアの安全な取り外し」ウィンドウにて、USB 大容量記憶装置デバイスを選択し、停止
ボタンをクリックすると、ハードウェアデバイスの停止ウィンドウに「WIBU-CodeMeter-Stick
USB Device」が表示されますので、OK ボタンをクリックします。
1
USB 大容量記憶装置デバイスを選択後、
停止をクリックします。
USB 大容量記憶装置デバイスが
「WIBU-CodeMeter-Stick USB Device」で
あることを確認し、OK をクリックします。
注:複数“USB 大容量記憶装置デバイス”が表示されている場合には、停止ボタンをクリックしたとき
に、WIBU-CodeMeter-Stick USB Device が表示されるものを選択して下さい。
3.コードメータキーの取り外し
以上の手順にて、コードメータキーを安全に取り外すことが可能となりましたので、パソコンから
CodeMeter を取り外してください。
以上
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
173 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content