close

Enter

Log in using OpenID

2015年5月号 - NPO法人会津ワイナリー会

embedDownload
会津ワイナリー会
News Letter
創刊号
MAY
2015
ぶどう苗作付け(2015.4.18)
会津メンバー 4人、 福島浜通りメンバー 10人、 東京メンバー 6人、
全20人
◆今後のスケジュール
◎ 10月 農業委員会申請・NPO認可
◎ 9月 畑草刈り・ビニール掛け・大学連携具体化
◆畑への案内図
新鶴ス
マートIC
◎ 8月 畑草刈り/棚張り・来年作付け方針決定
◎ 7月 畑確認・大学連携調整・事業計画調整
◎ 6月 畑草取り/芽かき・拠点決定・NPO申請/調整
ほっとぴ
あ新鶴
ぶどう
畑!
JR
只
見
線
◎ 5月 畑確認・大学連携方針決定・NPO申請準備
中田観音
◎ 4月18日 ぶどう苗 植樹会
JR根岸駅
至会津
若松
会津ワイナリー会への思い
(ニューズレター発行に寄せて)
ふくしまとの出会い
◇私は遡ること45年、大学入学するとともに阿賀野川
水系押切川、一ノ戸川そして飯豊水系、名峰飯豊連
峰、御神楽岳の福島の渓と山々に親しみ、美しい自
然の虜になりました。
◇7年前からは、思うところがあり、日本百名山踏破を
目指し、福島県では磐梯山、安達太良山、吾妻山そ
して会津駒ケ岳などの名山に挑戦しました。
◇大学時代の仲間は、年に1~2回東京湯島のビストロ
に集い旧交を温めておりましたが、そこのオーナーが
10年ほど前に会津若松に移り住み、そのオーナーを
慕う多く方々が若松の蔵に集い、会津への思いを
語っておりました。
◇2011年3月11日東日本大震災が発生し、福島浜通り
「南相馬市」の復興支援に協力、深刻な風評被害を
目の当たりし、農林水産業の復活を目指し頑張って
おられる浜通り・会津の方々、県庁の支援者にめぐり
合いました。
会津ワイナリー会がやろうとしていること
ひと ・ もの ・ こと
福 島
 地域活性化投資者
 生産希望者
震災復興
地域再生
 地域活性化事業者
 六次産業化事業者
★農村・農村生産交流
会 津
 六次産業化投資者
 生産者
 生産指導者
地方創生
六次産業化
★大学との連携
・品種改良
・技術開発
ワインとの出会い
◇20年以上前、会社の先輩と小諸のワイン社醸造所と
ショールームの設計を担当し、ワインづくりと出会いました。
◇仲間は、栃木のココファームワイナリーの支援者とし
て、秋の収穫祭を祝う喜びを知りました。
◇福島県は、ワイナリーの先進地域とはいえませんが、
ブドウづくり、ワイナリー興しに尽力している多くの方
にお会いしました。
会津での出会い
◇2年程前には、赤べこ会の代表者大越さんとの知遇
を得、そして会津美里町、下郷町、南会津町の方々と
の交流が生まれました。
◇会津美里町では、日本に誇れるシャルドネ種ぶどう
の栽培農家・うまいワインとの出会いという幸運に恵ま
れました。
◇「地方創生」の旗印の下、地方の活性化を目指して
政府が各種施策を打つ中で、東京のメンバーは会津
のまちづくりに協力しています。
これら全ての出会い・交流が結実する事業の一
つとして “ワイナリー”の創設を進め、福島の復
興と地域活性化に協力していきたいと考えます。
★都市・農村生活交流
東 京
ライフスタイル創造



六次産業化投資者
協賛投資者
知恵・ネットワーク提供
•
•
•
•
•
•
デザイン
商品企画
マーケティング
IT
資金調達
物流
アイデア掲示板
私たちは今、以下のようなことについて、検討していま
す。皆様のアイデアを連絡ください
その活動を発信し、協賛いただける一人でも多くの
方々と双方向に語り合える場としてニューズレターを
皆様にお送りいたします。
会津ワイナリー会 代表
横山 義隆
 畑の様子を見るライブカメラ・畑の状況を計測する
機器の設置
 会津短期大学との連携・共同研究
 空き家対策を兼ねた拠点の確保
出会えた人たち
これまでの主な活動記録
①斎藤勝男さん (一番右)
2013年
5月 横山の大学仲間で訪れた会津美里町新鶴
にて、素晴らしい葡萄畑を発見
6月 ワイナリーを農水省の補助事業で進められ
ないか調査開始。 町・公社訪問
ワインブドウ生産組合長の斎藤勝男さん①
宅を訪問し、貴重なお話を伺う
東京では、赤べこ会大越代表に相談
②本田信夫さん (一番右)
7月
左から③箱崎亮三さん④郡昌弘さん⑤小島義久さん
本年度の補助事業申請は断念するものの
来年度の申請に向けて調査を続行
10月 新鶴ワイン祭りに参加
横山・小辻・森田・小橋でアイナリー会(会
津のワイナリーを愛する人々の会)を発足
11月 葡萄生産人材確保と、福島復興支援を兼
ねて会津小高会の本田信夫会長②に相談
並行して、(社)南相馬除染研究所の箱﨑
亮三さん③にも支援を依頼
2014年
3月
⑥斎藤誠一さん (右から2人目)
⑦斎藤孝弘さん (右から2人目)
補助金頼みの事業推進を止め、アイナリー
会独自で秋にもぶどう苗を作付けすること
を決定。 事業計画の見直し
6月 斎藤勝男組合長面談。ぶどう生産の指導
をお願いし、了解された
8月 メンバーを増強し、会津美里町訪問
10月 箱﨑さん知人の郡昌弘さん④を介して、喜
多方在住の小島義久さん⑤を紹介される
12月 再度小島さんと打合せし、協働スタート
NPO会津ワイナリー会申請資料作成開始
2015年
2月 雪の会津訪問。斎藤勝男組合長面談。葡
萄栽培質疑、苗購入・候補地相談
雪の中、仕事をしていた斎藤誠一さん⑥に
お声を掛ける
3月
4月
斎藤誠一さんの紹介で、斎藤孝弘さん⑦と
打合せ、土地を約1反貸していただくことと
なり、農業委員会に必要事項を申請
ぶどう苗100本の手配をするも時期遅く、
かろうじて34本を確保
ぶどう苗34本の植樹会開催
農業委員会より農地利用の正式承認
NPO法人 会津ワイナリー会設立趣旨
10年後のイメージ(メンバーの想い)
東日本大震災後の復興と、政府が掲げる「地方創
 葡萄畑の丘の上に、地元の木材でできた2階建
生」の機運の中で、会津美里町を核として福島県の
まちづくりと地域発展を図るため、会津美里町に
「NPO法人:会津ワイナリー会」を設立します。
会津美里町では、新鶴地区でワイン用のぶどうを
生産しており、現在、山梨県のメルシャン勝沼ワイ
ナリーで醸造・製品化され、新鶴ぶどう使用の地ワ
ての木造の建物がある
 1階は工場と貯蔵施設、2階にはワインと地元の
食材が味わえるレストランがあり、すばらしい眺
望を満喫できる
 施設内には、ワインや地元の食材に関する教
育コーナーがあり、地産地消を学ぶ
 併設して、百名山ビレッジ(宿泊施設)がある
インとして高く評価されています。
このぶどうの優れた栽培環境を生かしてぶどう生
百名山の内、5つの山のベースとなるため山好
産を拡大し、町にワイナリーを作り、全国、更には世
きが集まるだけでなく、セミナーハウスにも活用
界ブランドのワインとして製造・販売して六次産業化
されている
 葡萄畑の丘陵地に半円形の簡素な野外ホール
を展開していくことを目指します。
また、町特産の高田梅、高麗人参などを基にワイ
ンと関連付けながら商品開発し、町の全国ブランド
化を目指すことも考えていきます。
更に、町当局・会津の大学/企業等と協力してこ
のワイナリーの近隣に花公園、レストラン、教育施設
などを併設・整備し、周辺地域と連携して観光客の
がある。定期的な音楽会や地元発のイベント、
収穫祭が開催される
 施設に供給される電源は、小水力・バイオマス
等の再生可能エネルギーで、農業機器等も全
てこれらの電気を活用する
 ぶどう畑は、圃場設置型気象観測装置により常
誘致を図るなど、まちづくりの新たな手法を開発し
時管理され、日々の手入れ、収穫に際しては身
ていくことも視野に入れています。
体装着型ロボットが利用されている
これらの実践の為、地元住民と協力して、福島浜
 毎年秋には収穫祭。首都圏を中心に、全国の
通りの復興支援に端を発した東京在住の有志の集
美里ワイン会員が集合する。(首都圏にもワイン
まりが、新たな視点、発想を持ってワイナリーづくり
を始め、会津食・食材を提供する店がある)
でふくしまの地方創生、復興と、メンバーの新たなラ
イフスタイル構築を支援していきます。
設立メンバー候補
横 山 義 隆
(代表)
小 辻
(東京都)
武
森 田 真 弘
(東京都)
小 橋 誠 治
(東京都)
箱 﨑 亮 三
(福島県)
本 田 信 夫
(福島県)
大 越 康 弘
(東京都)
発行者
会津ワイナリー会
小 島 義 久
(福島県)
代表 横山 義隆
小 池 和 子
(福島県)
編集 小橋 誠治
小 谷 俊 哉
(東京都)
芽吹いた
ぶどうの
苗
5月1日
撮影
090-8582-1060 [email protected]
090-6192-0801 [email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
1 216 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content