close

Enter

Log in using OpenID

ニッペロードライン3000

embedDownload
製品使用説明書
日本ライナー株式会社
ニッペロードライン3000
□規 格
・ JIS K 5665 1種B規格適合品 (黒は準拠品)
□系 統
・ アクリル樹脂系常温用路面標示用塗料
□特 徴 ・ 常温仕様のマーカーによる路面標示施工の作業性に優れ、
速乾性で良好な塗装作業性を示します。
・ 耐摩耗性に優れ、耐久性を発揮します。
・ ガラスビーズの固着性がよく、優れた夜間視認性(反射輝度)が得られます。
色 相
光 沢
密 度g/cm3
加熱残分(%)
引 火 点
発 火 点
危 険 物 表 示
危 険 物 区 分
危 険 等 級
有機溶剤区分
白、黄、黒
艶消し
1.4~1.6/23℃ (黒 1.3/23℃)
72~75 (黒 60)
4℃
427℃
第1石油類合成樹脂エナメル塗料
第一石油類
Ⅱ(火気厳禁)
第2種有機溶剤等
トルエン ; 白・黄5~10%、黒1~5%
有 害 物 表 示 酢酸エチル ; 白・黄10~20%、黒1~5%
クロム酸鉛 ; 黄5~10%
□塗料性状
□荷 姿
金属製ドラム
石 油 缶
160ℓ
14ℓ(黒 16ℓ)
□塗装基準
使用上の注意
・ 使用前に充分、混合攪拌してください。
・ 希釈溶剤;ニッペロードライン3000シンナー
塗装方法
エアレススプレー塗装
ローラー、エアースプレー塗装
希釈率
0~10%
20%以内
・ 塗装時および塗料取扱時は、充分換気を行い、火気厳禁です。
・ 過剰な厚塗りは乾燥を遅らせ、また、薄塗りは耐久性が劣る原因になりますので、適正塗布量で塗装して下さい。
・ 下記の外的環境での施工は控えて下さい。
① 気温が5℃以下の場合。
② 相対湿度が85%以上の場合。
③ 施工後2時間以内に降雨などが予想される場合。
④ 降雨などで、路面が濡れている場合。
また、部分的に濡れているような箇所は、バ-ナ-等で、乾燥させて下さい。
⑤ 凍結路面、凍結防止剤などの残存が認められる場合。
⑥ 強風・粉塵の多い場合。
□下地調整
・ アスファルト面
・ コンクリート面
・ 旧塗膜面
□マーカーの
設定
: 砂塵、ゴミ、油分等を除去し清浄な面にして下さい。
: 打設後は、養生期間をおき、ニッペ浸透性シーラー(新)を0.15㎏/㎡/回塗布し、
乾燥させてから塗装して下さい。
: 旧塗膜上を清浄な面にして下さい。旧塗膜の劣化が著しい場合は、旧塗膜を除去して下さい。
・ 標準塗布量
: 0.4ℓ/㎡
・ 設定施工速度 : 6km/hr(20cm巾) ・ 8km/hr(15cm巾)
・ 設定条件
《一次ポンプ》 エア調整圧 : 2~4kg/c㎡
<ポンプレシオ 5:1>
《二次ポンプ》 エア調整圧 : 3~5kg/c㎡
<ポンプレシオ 20:1>
《チップ№》
使用例 ; 東洋内燃機製100200(20㎝幅用)、100150(15㎝幅用)
* 二次ポンプのエア調整圧を3~5kg/c㎡の範囲で吐出量を測定し、エア調整圧を決定して下さい。
キャリブレーションの実施と同時に、スプレーパターンの確認をして下さい。
* 塗付量、設定条件は標準的数値です。舗装種、路面形状、素地状態、気象条件、加熱温度により、
幅を生じ増減します。
□廃棄上の
問題
・ 産業廃棄物の分類
① 洗浄で使用した水
[廃油]
② 残塗料および洗浄シンナー
[特別管理、廃油]
③ ドラム缶の内袋
[廃プラスチック類]
④ 石油缶、ドラム缶
[金属くず]
⑤ ファイバードラムの金属部材
[金属くず]
⑥ ファイバードラム、段ボール箱
[紙くず、リサイクル紙]
・ 塗料や洗浄シンナー等が、直接、地面・河川・排水溝に流れないよう、注意してください。
・ 不法投棄、不適正処理を行った場合、厳しく罰せられます。
生活環境保全を考慮し、適切な対応をお願いします。
□注意事項
・
・
・
・
・
制定改訂日付;2014/9/9
水、異種樹脂系塗料および専用シンナー以外の混入は、絶対に避けてください。
直射日光下や降雨を直接受ける場所をさけ、なるべく屋内に保管してください。
事前の連絡なしに内容を変更することがあります。
作業前に、「安全衛生上の注意事項」をご参照ください。
詳細な内容が必要な時は「MSDS」をご参照してください。
1/1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
34
File Size
233 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content