close

Enter

Log in using OpenID

特集テーマのねらい③先進的スケジューリング(APS)の 方法・展望・課題

embedDownload
ー
特集テーマのね らい③先進的スケ ジュ リング (APS)の
1 特 集 テ ー マのね ら い
2 記
方法 ・
展望 ・
課題
事 の構 成
見込み生産 を行 い,受 注 に対 して製品在庫 を引 き当てれ
上記 のね らい に沿 って,本 号 では,以 下 の論壇 1件 ,
ケース ・スタディ 5件 ,テ クニ カル ・ノー ト1件 ,プ リ
ばよかった。 つ まり,顧 客 か ら注文 を受けて納品 する と
ズム 3件 の記事 を掲載 してい る。
い う営業側 と,資 材調達 をして製品 を完成 させ る製造側
(1)論
が,製 品在庫 によって分断 されていた と考 えられ る。 し
か し昨今 では,顧 客 ニ ーズの多様化 と製 品 ライフサイク
スケジ ュ
京都産業大学 の井上一郎先生 に,「生産計画 ・
ー リング業務 と戦略展開」と題 して,APSの 出現背景 と
ルの短期化 により,需 要予測 が困難 とな り,従 来型 の見
概要 をまとめて頂 いた。そのポイ ン トは,APSの
作 れば売 れる大量生産 の時代 には,需 要予涙rに基 づ く
壇
込 み生産 では過剰在庫 や欠品 となることが多 い。 このた
J情
め多 くの企業 で受注生産 を志 向 し,受 注 報 をいかに資
有効 性
を発揮 するためには,単 なる情報 システムの構築 ・運用
と考 えるのではな く,人 間的 ・組織的側面 をも総合的 に
材調達 ・製造 プ ロセ スに結 びつ け,少 ない在庫 で短 い リ
ー ドタイム を達成す るかが重要な課題 になうてい る。
考慮 した システムアプ ローチの重要性 を説 いてい る こと
で ある。 この意味 において、 スケジュー リングを自動化
このような状況下 において,資 材調達 な どを含 めた生
するべ きであるとい う主張 に対 して警鐘 をな らしてい る。
産計画 (プラ ンエ ング)と 設備台数や稼働時間 な ど有限
の資源待J約を考慮 した スケジュー リングを同期的 に行 う
つ まり,絶 え間 な く変遷,進 化 してい く生産 システムの
極 めて微妙 な業務 である生産計画 ・スケジュー リング業
先進的 スケジュー リング (Advanced Planning and
Scheduling:APS)が
学界 か ら大 きな注 目を
,産 業界 ・
務 を完全 に自動化す る ことは技術的 にも至難 であるばか
集 めてい る。どのような機能 をAPSと 捉 えるかについて
する とい うことである。
121 ケ ー ス ・スタデイ
は様 々な解釈 が存在す るが,一般的 には,MRP(Material
Requirement Planning)が かかえていた様 々な問題点
へ の対応,個 別 の注文 ごとに迅速 に再 スケジュー リング
りでな く,シ ステムの 自己成長性 の観点 か らも熟考 を要
APSに よる生産構造改
① 日立バ ルブの竹尾邦美氏 に,「
革」と題 して,加 工組立型 ジ ョブシ ョップエ程 へ のAPS
されてい る。 しか しなが ら, どのような業種 や生産形態
の導入事例 を詳 しくご紹介頂 いた。多品種少量の事例 で,
マスター に登録 されてい る製 品だけで も13,000種類 を超
で もAPSが 効果 を発揮 す るのか,APSを 導入す る前 に行
え,特 殊仕様品 の 占める割合 は60%を 超 えてい る。APS
ってお くべ きことな どについて は,あ まり論 じられてい
導入前 の課題 は,① 納期回答が遅 い②回答 した納期 の遵
守率 が低 い,そ して③ リー ドタイムが長 い とい うことで
し正確 に納期回答 を行 うことな どがその特徴 として指摘
ない。
とにより,上 言
己の点 を明 らかにしたい と考 えて企画 を行
あった。APSを 導入 した結果,標 準 品 については納期 土
1日 に950/。
の納期遵守率 を実現 し,納 期回答 のスピー ド
った。
や生産の リー ドタイム も目標 を達成 した。そのAPS導 入
・APS導 入前 の基本的 なモノ ・情幸長の流れ とその時点で
過程 について詳 しく記述 していただ いたので,今 後 の導
そ こで本特集 は,APSに ついて次 の構成 で記述す る こ
の問題点
・APS導 入 の狙 い と位置 づ け
入 を検討 してい る企業 には大変参考 になると思われる。
操業制約 による遺伝的アル
② 」FE技 研 の藤井聡氏 に,「
・APS導 入 の前 に行 ってお くべ き事項 (条件整備 など)
ゴ リズムの探索効率化 と出鋼順編成 へ の応用」 と題 して,
・APS導 入 による具体的 な改善効果
装置産業 におけるAPSの 導入事例 をご紹介頂 いた。製鋼
・APSの 中で も特 に重 きを置 いている特徴的 な点 は何か
工程 の日程計画 システムに最適化手法 を用 いて,加 工の
4● IEレピュー240号
策定す る新 しい出鋼順編成 システムの実用化 につ いて紹
介 されてい る。手組 みをベ ース とする従来 の計画 は 1日
“
"や “
管理する こと,企 業間で異 なる 管理粒度
時間粒
"を
どのように吸収す るか,そ してAPSの 計画系 と実
度
行系をどのように一元管理するか ということである。
APS
を工場 にお けるスケジュー リングに限 るのではな く,サ
分 を数時間 か けて作成 していたが,本 システムでは, 1
プライチ ェー ン全体 を対象 として捉 えてお り,非 常 に広
週間分の最適化 された計画 を約 20分で策定 してい る。長
い視点か ら示唆 に富 むご指摘 を頂 いた。
131 テクエカル ・ノー ト
待 ち時間最少化,標 準 の通貨工程以外 の代替処理工程発
生 によるコス ト増 を抑 えるとともに, 1週 間分 の計画を
期 の出鋼予定 が立案 できることによって,下 工程 に供給
構造計画研究所の中野一 夫氏 に,「APSが MRPに
される鋼片 の見通 しがつ き,下 工程 での在庫削減 や納期
の精度向上 につ ながって い る。 スケジュー リングを最適
てかわる」と題 して,APSの
化す る こ との重要性 を強 く認識 させ られる事例 で ある。
執筆頂 いた。筆者 はAPSを
③ 三菱化学 の高 田真好氏 に,「
板状製品 にお ける生産計
画 ・スケジュー リング システム導入事例」 と題 して,従
つ資材在庫,仕 掛 り在庫,製 品在庫 などの在庫 を可能 な
とっ
特徴 とその導入 についてご
「
顧客 の要求 を満足 させ,か
限 り少な くするために資材調達計画 と資源 スケジュー リ
APSに ついて ご紹介頂 いた。
従来 のOEM供 給 か ら自社販
ングを同期 させ,実 行可能 かつ最適 なスケジュール を立
案す るスケジュー リング中心 の生産管理手法」 と定義 し,
売へ の変更 とい うビジネ ス環境 の変化 にともない,製 品
MRPと
在庫削減 による売 れ残 リリス クの低減 や倉庫間 の物流横
につ いて詳 しく解説 して い る。
持 ち費用抑制 が必要 となった。ここにAPSを 導入す るこ
14)プ リズム
来 の見込生産か ら受注生産 へ の移行 に際 して導入 された
の違 い,TOCと
の関係,ERPと
の統合効果 な ど
とで、加工 開始 か ら出荷 までの時間管理 が正確 に出来 る
①法政大学 の西岡靖之先生に,「アメリカにおけるAPS
ようにな り,仮 置 き減少 による在庫削減 がなされると同
の動向」と題 して,筆者 が滞在中の米国 を中心 としたAPS
時 に,地 方へ の直送割合 が増加 し横持 ち費用が削減 され
た。 スケジュー リングが モノ と情報 の流れを変 え,物 流
の捉 え方 についてご執筆 を頂 いた。APSに とって不可欠
費用改善 にまで結 びつ けたケー スで ある。
場 と主張 してい る。
なIT的 側面 は米国が強 く,生 産管理的側面 は日本 の独壇
ハ イテク製造業
④ ベ リングポイ ン トの北澤英人氏 に,「
にお けるAPSパ ッケー ジ短期導入事例」と題 してご執筆
たSCM全 体最適 と次世代 APS」 と題 して,次世代APSに
頂 いた。本事例 では,ビ ジネスプロセス とSCMモ デル を
求 められる機能 を短期的視点 と中期的視点からご執筆頂
見直 し,こ れを実現する情報 システム としてAPSの 導入
を選択 した。従来 は生産 スケジュー リングを大手 で行 っ
いた。APS実 現 を実現す るために重要な ことは,現 場 レ
ベルか ら経営 レベル までのデータ連携である。
ていたため膨大 な工数がかかっていたが,APS導 入 によ
りこの部分 が 自動化 された。基幹 システム としてのERP
スケジューラ導入で成功す る
③ 日揮の佐藤知一氏 に,「
ための10の方法」と題 して,APSパ ッケージ導入の際の
を含 む導入事例 で あるが,導 入開始 か ら11か月 とい う短
具体的なチェックリス トをご提示頂 いた。導入失敗 の原
期間で稼動 を開始 してい る。APS導 入の豊富な経験 に基
づいて まとめ られた 「
短期導入 を実現するポイ ン ト」 は、
因 は,ソ フ トの機能の問題だけではな く,受 け入れる企
今後 の導入企業 にとって大変参考 になると思われ る。
「
⑤ イーマニ ファクチ ャ リングの奥村直正氏 に 日本製
造業 の新 たな管理 モデル を探 る」 と題 して,サ プライチ
ェー ン全体 を管理対象 としてい る事例 および管理 モデル
が果 たす役割 につ いてご執筆頂 いた。 この管理 モ デルの
“
"で
“
"で
ポイ ン トは,静 的 な 在庫
はな く動的 な 流 れ
② プロセス経営研究所の川内晟宏氏 に,「
製造業から見
業側 の体制や考 え方にも問題があると主張 している。
☆
以上,本 誌 ではこれ まで あ まり取 り上 げられて こなか
ったスケジュー リングに焦点 をあて,最 近注 目を集 める
APSが モ ノ造 りにどのような影響 を与 えているのかを考
察 してみた。APSの 導入 を検討 されてい る読者 の参考 に
なれ ば幸 い で ある。
(伊呂原 隆/企 画担当編集委員)
Vol.46 No 2 2005.5 1E Review● 5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
351 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content