close

Enter

Log in using OpenID

PDFをダウンロード 19KB

embedDownload
工場ルポ № 201 産業用モーターの塗装 東四工業㈱
〒510-0104 三重県三重郡楠町大字南五味塚 785 TEL(0593)97-2088
(1)会社の概要
高い技術力が要求されるモーターの捲(ま)き綿加工。東四工業株式会社はその精密な加工ノウ
ハウを基盤に伸展,すでに 30 年を越える実績を築き上げているが,製造工程における革新的な自動
化システムをいち早く確立し,「人と技術の二つのパワーを融合」した経営理念のもと,品質第一
主義を貫いている。今日,3 工場を竣工(しゅんこう),モーターの製造販売から修理,さらにはエ
スカレーターの踏み段加工・組み立てと付加価値の高い多角経営を推し進め,ISO 取得を目指した生
産体制が整えられている。
経営指針:人と人との信頼感を高めつつ,常に技術の先取りと生産性向上への取り組みを強化し,
モーター製造の自動化を含めた物造りの革新と品質の安定化を推進する。
(2)モーターの製造工程
モーター1 台の組み立てに用いられている部品点数は 50∼60 点,機種としては約 120 種類ある。
《工程概要》
①モーター組み立て:軸受け(ブラケット)やフレーム・シャフト・固定子鉄心(コイルが納め
られワニス処理を施す)・回転子鉄心等の部品が集合し,組み立てられる。
②モーターの機能試験 ③塗装 ④銘板の取り付け ⑤梱包 ⑥出荷
(3)塗装工場の概要
①塗装設備
塗装工場の自動化ラインが完成したのは今年の 5 月,その設備概要は次の通りである。
塗装装置:SUNAC1400 自動静電塗装システム(旭サナック㈱),1 レシプロ 4 ガン(ガンは
EAB-30A)。3 色対応のオートカラーチェンジャー。
コンベヤー全長:40m(同速度:0.5∼1m/min)生産能力:27,000 台/月。塗料の主力はア
クリルラッカー系,塗膜厚は 30 μ m。
②塗装工程
①マスキング:O リングでモーターのフランジ部をマスキングする。
②ハンガーへの着荷:マスキング機能を有する特殊設計のハンガーが使用されている。モータ
ーを載せる前にあらかじめハンガーの円形台座を油で塗布しておく。これはモーター内部へ
の塗料ミストの侵入を防止し,またハンガーからの取り外しを容易にする効果を果している。
重量のあるモーターの着荷・脱荷はミニチェインブロックで行う。
③脱脂:洗浄ブースでモーター本体の脱脂を行う。
④塗装:自動静電塗装(モーターの形状によっては前補正を施す場合がある。塗装時間は 20
∼30s 台)
⑤セッティング
⑥焼き付け乾燥:焼き付け温度 50∼80℃
⑦ハンガーからの脱荷
(4)自動化の要点
今回,工場を案内していただいたのは山中 實専務取締役さんである。自動塗装ラインの特徴に
ついて,次のように要点を語られている。
①自動化の目的
モーターの組み立て工場では NC 旋盤,
自動加工機,ロボットなどによる自動
化が早くから進められていたものの,
塗装部門は従来,1 名の熟練スプレーマ
ンによる手吹き塗装が行われていた。
しかし,3K の代表的な職場として挙げ
られている塗装工場のイメージを払拭
(ふっしょく)し,最終工程である塗
装の品質安定化を図り,効率的な塗装
設備の稼動と塗料消費量の削減のため,
今年 5 月,SUNAC1400 自動静電塗装シス
テムを導入する。
②導入時に当たっての工夫
限られた塗装ラインスペースをフル
に生かした設備設計がポイント。
たとえば,
l
ミニチェインブロックの取り付け。これは使用の際,天井から取り出せるようになっている。
作業者は,モーター搬入コンベヤーから塗装ラインへの移載作業の時に軽減化が図られる。
l
塗装効率と仕上がり品質を考慮した特殊ハンガーの設計および小型レシプロの採用による省
エネ等。
l
焼き付け乾燥炉を階上に設置しスペースの有効利用を図る。
l
迅速な色替えができる 3 色対応のカラーチェンジャーを設置。
などの工夫を凝らしてある。
本社工場の取材に当たり,小方修一代表取締役はじめ山中 實専務取締役,現場スタッフの方々
にご配慮いただきました。ここに改めて御礼を申し上げます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
19 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content