close

Enter

Log in using OpenID

乾草の代わりに有用な乾燥ビートパルプ/呼吸器病予防のための乾草

embedDownload
F口︲︲︲﹂
乾草の代わ りに有用な
乾 燥 ビー トパルプ
乾
た
つ
燥ビー トパルプは、テンサイから砂糖を搾
神を乾燥したもので、主として牛や羊の貧司
料 として利用 されてい る。米国の著名な動物栄
`
ー
養学者 であ る H . F . ヒ ン ノ博士は、ビ トパルプ
の栄養イ
面について解説 し、馬の飼料 としての利
用 をすすめて い る。
ビー トパルプは可消化線雑 を多量 に含有 し、
可消化 エネル ギー量はエンパ クのそれに等 しく、
乾草のそれ よりも大 きいる保水能 が高 いの で、
給与前に水 に十分 に浸す必要があ り、 これ を給
与す るこ とによって飼料に よるの どつ まりの発
°
口 こ とがで きる。 さらにビー トパ ルフ
症 をl Fえる
は塵埃 の低 い飼料 である。 また、 カルシウム含
量は多いが、 リン と曇 自の含量は少な く、乾草
よ りもビタ ミンAと B、セ レンの含量は少ない。
この ようなビー トパ ルプの特性か ら、同博士
は、 ビタ ミン とミネラル を適当に添加すれば、
ビー トパ ルプは馬の飼料 として極めて有用 であ
ると述べ てい る。可消化線雑 を多量に含んでお
子吸器
り、 しか も塵挨 がない こ とか ら、 とくに日
系の弱 い馬に対 して、乾草 の代 わ りの飼料 とし
て利用す ることをすすめてい る。
e14巻 10号
(EquinePractに
5∼ 8頁 、 1992年)
E占
吸器病 予防のため の乾 草給与法
ヨ
ほ とん どの乾 草 は カ ビの 胞子 に 汚染 されてお
り、呼吸器病 の 原因に な るこ とが知 られ て い る。
これの予 防法 として 、英 国では乾草 を水 漬け に
してか ら給 与す るの が 一 般 的 であ る。 英 国 リ ト
ル大学 の E.M.ワ ール樽 士 らは水 漬け乾草の栄養
価 につ い て報告 して い る。
実 際 には、乾草 を12時間程水 漬 けに してか ら
馬に給 与 してお り、乾草 中の水 溶性炭水 化物 と
粗 蛋 白質 が浸漬液 に流 出す る もの と考 え られ る。
実験 は、乾 草標本 (250g)を 10Cの 水 道水 に浸
漬 し、浸 漬乾草 お よび浸漬 液 中の水 溶性炭水化
物 と粗 蛋 白質 を測定 した。 なお 、乾草 の 浸漬時
間 ぃ 、 5分 、30分、 2時 間、 8時 間、 12時間 の
5段 階 とした。
測走 の結果、 12時間 の 浸漬 では 、乾草 中の水
溶性 炭 水 化 物 の2.0-4.0%、 粗 蛋 白質 のユ.52.0%が 流出 した。これ らの栄養素 は いず れ も乾
車 乾物 の 可消化部分 であ り、 平均 的 な品 質 の乾
草 の 馬におけ る消化率 は約 50%で あ る ところか
ら、乾草浸漬 に よるこの 栄養分 の 流 出はか な り
の 量 であ る。 一 方、30分以下の 浸漬 では、水 溶
性 尿 水化物 と粗 蛋 白質 の 流出は少 量 であ った。
あ る学 者 の報告 では 、 5分 間 の 浸漬 で吸入 し
うる粒 子 の約 10%減 少 し、24時間 の 浸漬 では99
%の 粒 子が減少 す る とい う。 同博 士 らは、 呼吸
器病 発症 の抑制効 果 が あ り、 しか も乾草 中 の栄
養分 の 流 出 を最小 限に抑 え るため に、 5-10分
間 の 浸漬 を勧め て い る。
(EquineVet Educ
5巻 3号
169-171頁、 1992年)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
794 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content