close

Enter

Log in using OpenID

2009(平成21)年度 - JAPIA 日本自動車部品工業会

embedDownload
海外事業概要調査報告書
Ⅰ.会員会社による海外事業の展開状況
…………… 1
Ⅱ.海外生産事業の概要
1.
調査方法
2.
回答企業の内訳
……………………………
3
3.
売上高の状況
……………………………
4
4.
収益の状況
…………………………………
8
5.
現地調達率
…………………………………
13
6.
雇用の状況
…………………………………
14
……………………………………
2009 年 10 月
(社)日本自動車部品工業会
3
2009 年 10 月
平成 21 年度海外事業概要調査の結果について
(社)日本自動車部品工業会では、毎年会員企業の海外事業について、その概要調査を実施して
います。本年度の結果は次頁以降に取りまとめた通りです。
調査結果では、当工業会会員企業が進出している国/地域の全ての合計や平均を示すととも
に、地域別の内訳として北米、欧州(ロシアを含む)、アジア、その他(中南米、中東アフリカ)
の 4 地域に区分し、適宜中国、アセアンも分けて記載しています。会員企業におかれましては、
自社の進出地域の調査結果を、比較の指標の一つとして活用居いただければ幸甚です。
(社)日本自動車部品工業会
国際部
Ⅰ.会員会社による海外事業の展開状況
(a) 事業別対象事業体数は次の通りである。
・ 生産法人は昨年に比べ64社減少し合計1,562社であった。
・ 調査以来初めての減少であったことから、今報告書では参考として、2006 年(前々
回調査)、2007 年(前回調査)とあわせて 3 年分を比較する。
(単位:社)
2006 年
(前々回調査) 2007 年(前回調査)
数
対前回比
数
対前回比
生産法人(法人数) 1,539
-
105.7%
1,626
299
販売会社(法人数)
-
312
104.3
507
技術供与(件数)
-
511
100.8
153
その他*(法人数)
-
167
109.2
2,498
合
計
-
2,616
104.7
*その他とは、「現地統括管理」、
「研究開発」等
2008 年(今回調査)
数
対前回比
96.1%
1,562
301
96.5
465
91.0
177
106.0
2,505
95.8
1990 年以降の生産法人の増減推移は以下の通り。初めての減少となった。
生産法人数の増減推移(参考)
(法人数)
150
100
50
0
'90
'95
'00
'05
-50
(▲64社)
-100
(b) 2006 年以降の生産法人の地域別分布は次のグラフの通り。
・ 推移傾向に大きな違いはない。全世界の生産法人の 60%前後をアジアが占めて
おり、そのアジアのうちの 40%前後が中国の生産法人である。
・ 北米の減少が目を引く。(2008 年(今回調査)は 2007 年比 30 社減(▲11%))
・ なお本報告書で使用される地域区分のうち、北米は米国およびカナダ、その他の
地域はメキシコを含む中南米、大洋州、トルコを含む中近東およびアフリカ。
1
生産法人数の地域分布(‘06-’07-‘08 の比較)
(法人数)
1700
1,626
1,539
1,562
119
112
182
178
312
303
850
1,013
317
0
’06
その他
177
欧州
282
北米
アジア
985
946
中国
118
中国
中国
415
406
’07
’08
(単位:社)
国/地域名
全
体
2006 年(前々回調査) 2007 年(前回調査) 2008 年(今回調査)
法人数
増減数
法人数
増減数
法人数
増減数
1,539
北 米
(うち米国)
欧
州
(うち旧東欧圏)
アジア
(うちアセアン)
(うち中国)
303
(280)
178
(68)
946
(401)
(371)
そ の 他
(うち中南米)
112
(79)
-
-
-
-
-
1,626
23
1,562
▲64
312
(287)
182
(77)
1,013
(415)
(410)
9
(7)
4
(9)
67
(14)
(39)
282
(261)
177
(77)
985
(398)
(406)
▲30
(▲26)
▲5
(0)
▲28
(▲17)
(▲4)
119
(86)
7
(7)
118
(90)
▲1
(4)
(c) 2008 年(今回調査)の国別生産法人数の上位10カ国は次の通り。引き続き中国が 1 位。
順位 国
名
社数
順位 国
名
社数
1(1) 中国
6(6) 台湾
406
57
2(2) 米国
7(7) 韓国
261
52
3(3) タイ
8(9) メキシコ
197
47
4(4) インドネシア
9(8) フィリピン
88
41
5(5) インド
9(9) イギリス
66
41
(
)内 2007 年(前回調査)の順位
2
Ⅱ.海外生産事業の概要
1.調査方法
・ 会員企業にとって重要性の高い生産法人のうち、連結子会社(持分法適用会社は除
く)に調査対象を限定し、2008 年(度)の生産事業の状況を調査した。
・ 連結決算を実施していない会員企業には、連結子会社に相当すると思われる現地法
人について回答入手。
(注)以降、連結子会社・連結子会社相当現地法人を併せ「生産法人」に統一して記載。
2.回答企業の内訳
・ 回答は生産法人数で 739 社(本社数で101 社)
。回答のあった社数を地域別および設
立年代別に見ると次の通り。
回答 739 社の地域別内訳
その他
67(9%)
欧州
102(14%)
アセアン
178(24%)
北米
137(19%)
中国
189(26%)
他アジア
66(9%)
アジア
733(59%)
回答 739 社の設立年度別内訳
回答法人数
構成比
45 社
6%
1981~1990年
124
17
1991~2000年
243
33
2001年以降
327
44
~1980年
3
3. 売上高の状況
(1) 売上高の推移
・ 739 社の売上高合計は約 7.9 兆円、生産法人 1 社あたりの平均売上高は 112 億円。
・ 売上高合計は 2006 年(前々回調査)を下回ったが、1 社平均売上高は 2006 年(前々
回調査)より良い結果となった。
・ 北米はその他の地域より減少が大きかった一方、中国は増加した。
10
兆円
9.3
8.5
0.7
0.8
1.6
1.3
5
7.9
0.6
1.4
3.5
3.6
2.6
3.6
2.8
0
1.2
2006
欧州
北米
3.3
中国
中国
0.9
その他
2007
中国
アジア
1.3
2008
回答法人数
2006 年(前々回調査)
776 社
2007 年(前回調査) 2008 年(今回調査)
800 社
739 社
売上高合計
87,483 億円
93,454 億円
78,713 億円
1社平均売上
109.3 億円
119.5 億円
112.1 億円
*生産法人のうちは売上高未回答の企業は含まない。
(2)地域別売上高比率と生産法人数比率の比較
・ 3 年間の調査結果は次の通り。生産法人数、売上高ともにアジア、特に中国の比率が上
がっており、北米の比率が下がってきている。
売上高の構成比
推移(2007 年→2008 年)
北米
37%→33%(▲4 ポイント)
中国
12%→20%(+8 ポイント)
4
地域別売上高・生産法人数比較
地域別
100%
50%
生産法人数構成比
地域別
100%
8
9
9
その他
12
13
14
欧州
22
20
19
10
9
9
25
25
25
24
23
24
北米
アジア
(内アセアン)
8
8
その他
15
17
18
欧州
43
37
33
北米
4
アジア
17
(内アセアン)
20
(内中国)
6
5
20
17
(内中国)
0%
2007
9
50%
0%
2006
売上高構成比
2008
11
12
2006
2007
2008
(3) 地域別1社平均売上高
・ 2007 年(前回調査)に比べ世界的に減少する中、アジアは横ばい、中国のみ 9 ポイ
ント伸びた。
地域別 1 社平均売上高
億円
250
2006
219
211
196
2007
2008
152
143
143
125
63
114
104
97 95
79 80
76
51
65
93
74
0
北米
*
*
欧州
(内アセアン)
アジア
(内中国)
売上高回答した生産法人の平均値。
生産法人数 06 年 北米 170 社、欧州 92 社、アジア 448 社、内アセアン 193 社、内中国 180 社、その他 67 社
07 年 北米 159 社、欧州 104 社、アジア 452 社、内アセアン 200 社、内中国 184 社、その他 67 社。
08 年 北米 133 社、欧州 97 社、アジア 406 社、内アセアン 169 社、内中国 178 社、その他 66 社。
5
その他
(a) アセアンの主要4ヶ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン)で見ると、
次のグラフの通り。
・ タイは 2007 年(前回調査)に続き 100 億円超となったものの、減少した。マレー
シア、フィリピンは 2007 年を上回った。
・ ただしマレーシアは他 3 カ国に比べサンプル数が少なく、必ずしも実態を反映して
いないとも考えられる。
アセアン主要4カ国1社平均売上高
億円
140
118 115
2006
2007
90
88
76
65
70
83
77
73
2008
86
65
64
マレーシア
フィリピン
0
タイ
インドネシア
*06 年 タイ 99 社、インドネシア 41 社、マレーシア 11 社、フィリピン 25 社、07 年
08 年 タイ 86 社、インドネシア 39 社、マレーシア 9 社、フィリピン 21 社
タイ 100 社、インドネシア 44 社、マレーシア 12 社、フィリピン 23 社
(4) 売り先別の売上高比率
(a) 売り先別売上高比率
・ 3 年間の傾向としては輸出、特に日本以外向輸出が増加している。
売り先別
100%
輸出向
50%
売上高比率
6.5
5.7
11.8
17.0
5.7
19.8
9.0
16.4
10.6
11.2
56.3
13.2
53.5
17.0
日本向け輸出
日本以外向け輸出
補修用
他自動車メーカー
46.3
当該国内向
日系自動車メーカー
0%
2006
2007
*当該項目 ’06 年 752 社、’07 年 579 社、08 年 513 社の平均値
*補修用等には部品メーカー向けを含む。
6
2008
(b) 地域別売り先別比率
・ どの地域も当該国内向けが 50%超である。
地域別売り先別比率
100%
日本向け輸出
日本以外向輸出
補修用
輸出
他自動車メーカー
当該国内向
50%
日系自動車メーカー
0%
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他
*生産法人 北米 92 社、欧州 69 社、アジア 305 社、うちアセアン 132 社、うち中国 126 社、その他の地域 47 社加重平均値
(c) 更に、当地域別分析に 2006 年(前々回調査)からの比較は次の通り。
・ 欧州とアセアンは日本以外向け輸出が増加、中国は当該国内向けが増加となった。
輸出
当該国内向
合計
日 本
日本以外
%
増減
%
増減
%
増減
%
‘06
95.2
0.3
4.5
100
北米
‘07
94.1
-1.1
0.2
-0.1
5.7
1.2
100
‘08
94.1
0.9
0.7
5.0
-0.7
100
‘06
73.3
3.8
23.0
100
欧州
‘07
55.6
-17.7
0.7
-3.1
43.7
20.7
100
‘08
58.6
3.0
0.6
-0.1
40.8
-2.9
100
‘06
69.9
17.0
13.1
100
アジア
‘07
71.9
2.0
14.1
-3.0
14.0
0.9
100
‘08
70.1
-1.9
12.5
-1.6
17.4
3.4
100
‘06
67.6
14.0
18.4
100
(内アセアン)
‘07
64.5
-3.1
14.7
0.7
20.8
2.4
100
‘08
60.4
-4.1
13.5
-1.2
26.0
5.2
100
‘06
65.0
26.8
8.2
100
(内中国)
‘07
77.4
12.4
16.7
-10.1
5.9
-2.3
100
‘08
78.0
0.6
13.4
-3.3
8.6
2.7
100
‘06
78.2
0.1
21.8
100
その他
‘07
69.7
-8.5
0.4
0.3
30.0
8.2
100
‘08
60.7
-9.7
0.5
0.1
38.8
8.8
100
7
4.収益の状況
(1) 税引前当期利益黒字法人の構成比率(%)
・ 全体では 64%が当期黒字と回答、2007 年(前回調査)より 10 ポイント以上減少した。
・ 地域別では、北米、欧州での比率が 50%を割り込んだ一方、中国は 2 ポイント上昇
した。
地域別黒字法人構成比率
100
%
2006
2007
91
2008
81 84
75 76
64
50
67
88
79
77
77 79
70
68
63
61 61
75
60
44
41
0
全体
*
*
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
生産法人に占める黒字法人の割合である。
生産法人数 ‘06 年 全体 708 社、北米 159 社、欧州 83 社、アジア 404 社、内アセアン 176 社、内中国 167 社、その他の地域 63 社
‘07 年 全体 643 社、北米 131 社、欧州 83 社、アジア 377 社、内アセアン 168 社、内中国 153 社、その他の地域 52 社
08 年 全体 614 社、北米 116 社、欧州 78 社、アジア 363 社、内アセアン 152 社、内中国 155 社、その他の地域 57 社
(a) アセアン主要4カ国の税引前当期利益の黒字法人比率、3 年間の比較は次の通り。
・ 黒字法人比率は 80%前後を保ったが、当該4カ国のいずれも比率は低下した。特に
タイは、07 年から 8 ポイント下がった。
生産法人数
(社)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
内当該年黒字法人数
(社)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
黒字法人比率
(%)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
90 社
83 社
85 社
74 社
62 社
94%
89%
81%
インドネシア
40
43
39
34
37
29
85
86
74
マレーシア
10
9
8
10
8
7
100
100
88
フィリピン
21
18
17
18
15
14
86
83
82
タイ
77 社
(b) 本調査項目の回答 614 社を設立年別に単年度黒字比率をみると次の通り。
・ どの年代も比率は低下した。特に 81 年~90 年にかけて設立された企業の比率低下
が大きく、全体を押し下げている。
8
生産法人数
内当該年黒字法人数
黒字法人比率
(社)
(社)
(%)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年 ‘06 年 ‘07 年 ‘08 年 ‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
設立年代
~1980 年
50
51
43
41
41
~1990 年
143
125
107
110
101
1991 年~2000 年
231
215
206
222
2001 年以降
251
252
258
154
1981
34
82
80
79
60
77
88
56%
188
152
85
87
74%
158
147
61
63
57%
(c) 2008 年(度)収益が前年に比し「良化」したか「悪化」したかの問いに対する回答
は以下の通り。
・ 2007 年(前回調査)までは、黒字法人は更に良化、赤字法人はさらに悪化という二
極化が進行していたが、2008 年(今回調査)では、黒字法人も前年に比べ悪化した
法人が半数を占める。
・ 地域別でも米、アセアンが悪化、欧州、中国が良化している。
08 年(度)黒字法人の地域別採算状況の前年との比較
60
良化した
%
54
悪化した
53
50
45
42
41
40
同程度である
47
44
44
40
33
32
28
30
24
15
20
18
14
10
6
0
全体
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
*生産法人 全体 393 社、北米 47 社、欧州 34 社、アジア 278 社、内アセアン 120 社、内中国 122 社、その他 34 社の回答割合
9
・ 赤字法人は全般的に、さらに悪化している。
08 年(度)赤字法人の地域別採算状況の前年との比較
100
%
86
86
良化した
悪化した
同程度である
74
61
60
57
50
44
50
38
33
32
19
7
7
7
7
7
7
7
6
5
0
全体
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
*生産法人 全体 221 社、北米 69 社、欧州 44 社、アジア 85 社、内アセアン 32 社、内中国 33 社、その他 23 社の回答割合
(2)累積黒字法人の構成比率(%)
・ 累積黒字法人の比率は、中国は 9 ポイント増加したが、それ以外の地域では横ばい
となった。
累積黒字法人の構成比
100
%
2006
64
2007
87 86
2008
75
69 68
78 77
79
75
66
54 55 56
50
74
67
64
55
42 44
46
0
全体
*
*
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
生産法人数に占める累積黒字法人の比率。
生産法人数 ’06 年 全体 668 社、北米 153 社、欧州/78 社、アジア 378 社、内アセアン 160 社、内中国 156 社、その他 60 社
’07 年 全体 616 社、北米 125 社、欧州/80 社、アジア 361 社、内アセアン 160 社、内中国 147 社、その他 50 社
‘08 年 全体 595 社、北米 110 社、欧州 76 社、アジア 353 社、内アセアン 147 社、内中国 151、その他 56 社
10
(a) アセアン主要4カ国で見ると以下の通り。4 カ国とも悪化傾向にある。
生産法人数
(社)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
内累積黒字法人数
(社)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
黒字法人比率
(%)
‘06 年 ‘07 年 ‘08 年
タイ
84
77
74
75
66
60
89
85
81
インドネシア
38
43
38
32
35
29
84
81
76
マレーシア
9
9
8
9
9
7
100
100
88
フィリピン
21
16
16
18
14
12
86
88
75
(3) 設立年代別累積黒字法人の構成比率
(a) 設立年代別に、累積黒字法人の比率を比較した。
・ 全ての年代で累積黒字化が 50%超を達成した一方
、81~90 年に進出した企業の比率
低下が懸念される。
設立年代
生産法人数
(社)
06 年 07 年 08 年
内累積黒字法人数
(社)
06 年 07 年 08 年
比率
(%)
06 年 07 年 08 年
~80 年
47
51
43
37
41
36
79
80
84
81 年~90 年
135
119
105
108
97
81
80
82
77
91 年~00 年
241
205
199
184
165
159
78
81
80
01 年~
242
241
248
105
119
128
43
49
52
665
616
595
434
422
404
65
69
68
合
計
(b) 次に、地域別・設立年別に累積黒字を達成した法人の比率を比較すると次の通り。
・ アジアでの累積黒字化が進んでおり、2007 年(前回調査)と傾向に変化はない。
・ 01 年以降だけで見ると全体で 50%超が累積黒字となっているが、北米、欧州は 24%、
33%と低いのが懸念される。
11
地域別
100
%
累積黒字達成
81年~’90年
01年~
~’80年
91年~’00年
構成比率
100
95
97
89 90
84
77
100
91
100
91
86
80
73
6768
51
50
68
62
56
50
81
50
44
33
24
20
0
全体
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
(4)本社への配当
・ ‘08 年決算で配当した生産法人数の傾向に変化はなく、有効回答数 552 社のうち 207
社で 37.5%、前回調査より 1 ポイント上昇した
・ 配当していない法人は 345 社で 62.5%
・ 3 年間の比較は次表の通りである。
生産法人数
配当法人数
未配当法人数
‘06 年決算
659 社(100.0%)
229 社(34.7%)
430 社(65.3%)
‘07 年決算
598 社(100.0%)
220 社(36.8%)
378 社(63.2%)
‘08 年決算
552 社(100%)
207 社(37.5%)
345 社(62.5%)
(a) 次に‘08 年配当法人を地域別にみると次の通り。
・ 全体では横ばい、北米、欧州では 2007 年(前回調査)より改善した。
・ 配当法人比率が 50%超となったのはアセアンのみとなった。
12
地域別
配当法人構成比率
%
60
2006
2007
2008
50
44
35
52
48
56 55
49
40
37 38
30
29
25
16
20
26
26
20
13 14
14
0
全体
*
*
北米
欧州
アジア
(内アセアン)
(内中国)
その他の地域
これは生産法人数に占める配当法人数の比率
生産法人数 ‘06 年 全体 659 社、北米 149 社、欧州 76 社、アジア 377 社、内アセアン 164 社、内中国 156 社、その他 58 社
‘07 年 全体 598 社、北米 121 社、欧州 74 社、アジア 353 社、内アセアン 156 社、内中国 143 社、その他 50 社
‘08 年 全体 552 社、北米 96 社、欧州 70 社、アジア 336 社、内アセアン 141 社、内中国 141 社、その他 50 社
5.現地調達率
・ 現地調達率の引き上げは海外生産におけるコスト競争力及び事業体質強化の重要な
要件の一つであり、現地調達率の量上げが進んでいる。
・ 全体、地域別共約 70%が達成ラインとなっている。中国が他地域に追い付いてきて
いるのが見て取れる。
地域別
100
現地調達率
%
75
71 72 70
74 74 72
全体
北米
77
2006
73
67
69 71 69
70 72 69
アジア
(内アセアン)
2007
66 66
69
2008
71
68
72
50
25
0
*
*
*
欧州
(内中国)
その他
現地調達率 =(売上高―輸入購入額)/売上高
EU、NAFTA、ASEAN の域内購入は輸入とはみなさない。
06 年 全体 500 社、北米 113 社、欧州 58 社、アジア 283 社、内アセアン 120 社、内中国 117 社、その他 47 社の平均’値
07 年 全体 539 社、北米 109 社、欧州 69 社、アジア 313 社、内アセアン 137 社、内中国 130 社、その他 48 社の平均値
08 年 全体 434 社、北米 73 社、欧州 61 社、アジア 261 社、内アセアン 117 社、内中国 105 社、その他 39 社の平均値
13
6.雇用の状況
(a) 全世界および地域別の雇用状況は次の通り。
・ 世界雇用は約 483 千人(07 年(前回調査)比▲14%)、1 社平均 660 人(同▲6%)
と減少した。
・ 全従業員数で見ると、北米が 07 年比▲33%、アセアンは同▲22%、中国が同+20%
となった。
現地法人数
(社数)
1 社平均 従業員数
(人)
全従業員数
(千人)
06 年
07 年
08 年
06 年
07 年
08 年
06 年
07 年
08 年
全
体
786
795
733
579
560
483
737
704
660
北
米
177
162
122
99
106
72
605
655
592
欧
州
94
105
101
71
71
69
755
673
682
448
460
430
337
328
293
752
712
682
194
206
176
184
193
150
946
936
850
内中国
179
186
188
124
101
121
695
592
643
その他の地域
68
68
67
71
56
44
1,051
818
659
ア
ジ
ア
内アセアン
千人
700
579
350
564
72
56
483
71
72
43
その他
99
108
69
欧州
29
25
124
110
77
23
北米
他アジア
121
中国
184
193
2006
2007
150
0
14
2008
アセアン
(c)一人当たり売上高は次の通り。
・ 欧州を除き増加したことから、欧州以外の地域では事業整理が進んでいることがう
かがえる。
地域別
一人当たり売上高
16.5
16.8
14.7
全体
33.9
33.1
34.2
北米
20.2
22.4
19.8
欧州
アジア
8.3
内アセアン
7.9
内中国
7.4
11.3
11.0
2007
2006
10.9
10.2
11.1
10.6
13.9
12.6
10.7
その他
0.0
*
2008
20.0
40.0
百万円
これは売上高と従業員数の双方を回答した現地法人の平均。
以上
15
<参考>
~部品業界の進出地域への貢献度~
2007 年(前回調査)から米国および欧州においての、①正規/非正規の雇用者数、②設備
投資を含む累計の投資額、③R&D 従事する従業員数及び R&D への投資額 の 3 点を新た
に調査した。
これらの項目は回答率が高くないことから、本報告書では 2008 年(今回調査)の米国、
欧州の正規/非正規雇用者数についてのみ参考として掲載する。
生産法人による雇用者数の正規/非正規(米国、欧州)
74,000
人
非正規
72,257
68,903
非正規雇用
2,500人(3.5%)
正規
非正規雇用
617人(1.0%)
37,000
0
米国
欧州
現地法人数は、米国 122 社、欧州 101 社
生産、販売他の法人による雇用者数の正規/非正規(米国、欧州)
人
230,000
非正規
216,314
正規
非正規雇用
4,793人(2.2%)
143,535
115,000
0
米国
欧州
現地法人数は、北米 387 社、欧州 285 社
16
非正規雇用
1,090人(0.8%)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
341 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content