close

Enter

Log in using OpenID

国際ダブルリード協会より檄文

embedDownload
雅楽だより 第
34号号
雅楽だより 第 9
●『體源鈔』とその時代(6) 遠藤 徹 10
●情報欄
10
●舞楽面陵王の無料貸し出し 日本仮面文化研究所 12
1
5
8
9
東儀俊美
安齋省吾
芝 祐靖
《目次》
●国際ダブルリード協会より檄文 ●名器への幻想
●調子について
●雅楽いろいろ Q & A ⑥
う ど の
世界中から 鵜殿のヨシを守ろうの声
国際ダブルリード協会より檄文
二副会長であり、日本ファゴット(バスーン)
ルリード協会の中で唯一の日本人の役員・第
れたのは管楽器専門月刊誌『パイパーズ』5
この国際ダブルリード協会の檄文が掲載さ
この檄文の連名者の一人でもあり国際ダブ
新名神高速道路着工により、篳篥のリード
協会会長でもある菅原眸氏のご自宅でお話を
ひちりき
の生育地である鵜殿ヨシ原(大阪府高槻市の
会は、世界 カ国に約4000人の会員を有
左記の檄文を出された国際ダブルリード協
連帯と応援のメッセージが発せられました。
存の要求を断固として支持する」との力強い
川河畔~篳篥の魂が宿っている~の保護と保
国際ダブルリード協会(IDRS)より「淀
全面的に応援します」と話され、鵜殿ヨシ原
ことはできなくなります。
歴史的な悲劇です。
ています。高速道路で破壊されたら取り返す
世界に誇れる歴史と演奏技能と芸術性を有し
はいられない。
特に雅楽は日本独自のもので、
すね。音楽を演奏する同じ仲間として黙って
「檄文の中に書いてあるとおりの気持ちで
ズ」で篳篥奏者として登場していただいた中
痛めていました。以前本誌の「和楽器シリー
でも取上げられていましたので前々から心を
問題については新聞紙上やNHKテレビなど
編集主幹の杉原道夫氏は「この鵜殿ヨシ原の
檄文の掲載の経緯について『パイパーズ』
=お話 中村仁美=の7ページにわたる特集
記事)の中である。
すがわらひとみ
淀川河川敷)のヨシの壊滅的危機を迎え、ヨ
伺いました。
するオーボエやファゴットなどダブルリード
保存の呼びかけ人も快く引き受けてください
月号381号(「篳篥の音が消えてしまう」
シ原保存の署名活動などが行われている中、
の奏者の集まりです。
村仁美さんに連絡をとり、詳しい話などを聞
-1-
国際ダブルリード協会
第2副会長 菅原眸氏
ました。
50
2013(平成 25)年 7 月
雅楽協議会
第 34 号
発行
雅楽だより 第 34 号
の思いから、ダブルリー ド の 演 奏 家 の 世 界 的
知りました。何とかしな く て は い け な い 、 と
きまして、署名活動など も 行 っ て い る こ と を
届いたのが掲載しました檄文です。
状態をお話し、コメントをお願いしました。
な組織である国際ダブルリード協会に鵜殿の
いは立場上全てお断りさせていただいてきま
け人のお願いをされまして、このようなお願
中村仁美さんから鵜殿ヨシ原を守る呼びか
の言葉をいただきました。
で呼びかけ人を引き受けました」と熱い応援
したが、今回は黙っていられませんでしたの
この檄文は現在の鵜殿のヨシの於かれてい
る状況がとても良く分かるように書かれてい
「ヴァール地域の資源が破壊され全滅すれ
ます。
ば、西洋音楽文化に壊滅的影響を与えること
だろう。私たちが淀川河川敷に育つ葦の危機
を他人事とは思えないゆえんである。
(中略)高速道路工事で雅楽に必要不可欠
の産地を破壊するのは聖像を破壊するに等し
い悲劇である。(中略)私たちは日本の宮内
庁、民族音楽専門家、雅楽の愛好家、ダブル
リードの同志たちと連帯し、淀川河畔~篳篥
-2-
の魂が宿っている~の保護と保存の要求を断
固として支持する」と結ばれています。
私たちにとってはとても励ましになる檄文
です。
年以上に
海外の雅楽奏者などよりも
メッセージが届く
ハワイ大学で雅楽を正課として
ただきました。
社本正登司氏
教えた社本正登司氏より次のメッセージをい
しゃもと ま さ と し
渡り教え、またケルン大学音楽部でも雅楽を
50
雅楽だより 第 34 号
ハワイ雅楽研究会
しゃもと ま さ と し
社本正登司
「ハワイ大学音楽学部雅楽コースには毎年
名以上の学生が、雅楽を学び単位を取って
います。東洋音楽を学ぶ学生は、まず日本の
雅楽を学ぶことからはじめます。日本にいる
と気づかないかもしれないが、雅楽は世界的
な宝物であることを忘れないで欲しい。日本
人は、往々にして世界から見たら大変な日本
の宝物を見過ごしがちで無関心である。
もし鵜殿のヨシが絶滅するとしたら世界中
の損失である。雅楽は世界の宝であることを
日本で暮らす人たちはもっと知って欲しい
し、考えてもらいたい」
ドイツ ケルン大学より
ハワイの社本正登司氏と共にヨーロッパで
唯一の雅楽の演奏団体であるケルン雅楽アン
説論の文書。木札に書いたという。めしぶみ。
(広辞苑より)【檄】①昔の中国の徴召または
衆人に告げる文書。檄文。檄書。
②敵の罪悪などを挙げ、
自分の信義を述べて、
楽という文化遺産を下支えする重要な湿原、
ています。鵜殿ヨシ原は国際的にも貴重な雅
道路が建設されると聞き、大きな関心を持っ
「篳篥の舌の原料になる鵜殿ヨシ原に高速
ロベルト・ギュンター
ケルン大学音楽部名誉教授
が届きました。
ベルト・ギュンター博士より次のメッセージ
サンブルを誕生させたケルン大学名誉教授ロ
ロベルト・ギュンター氏
-3-
10
雅楽だより 第 34 号
どうか後世にも残して頂 き た い と 強 く 望 ん で
います」
韓国 ソウル大学より
前韓国国楽学会会長で 、 ソ ウ ル 大 学 で 教 鞭
もとられ、また日本の雅 楽 に も 造 詣 が 深 く 、
ファンジュニョン
月の紀尾井ホール で の 「 朝 鮮 通 信 使 」
の公演では徳丸吉彦氏と 対 談 さ れ た 黄 俊 淵 教
昨年
り」7、9、 、 、
号参照)
そのコロンビア大学のバーバラ・ルーシュ
名誉教授よりメッセージが届きました。
コロンビア大学名誉教授 バーバラ・ルーシュ
「篳篥のリードの生育地である鵜殿ヨシ原
日本の雅楽に感動し、学んできます。今年は
も雅楽の材料が無くならない様にしてほし
されると聞き、耳を疑いました。なんとして
す。篳篥のリードの生育地に高速道路が建設
した。
阪楽所代表理事)よりコメントが寄せられま
につなぐ~実行委員会代表の中川英男氏(大
SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来
めていきたいと願っています」
い。1000年以上伝えられている音楽は世
南都楽所にお世話になっていると聞いていま
界の宝です」
「国際ダブ
ルリード協会
開き、また中国と日本の文化の交流に多大な
中国の民族楽器である二胡の教室を東京で
外の雅楽関係
檄文、及び海
様よりの熱い
中国 二胡奏者より
貢献をされている楊智氏よりメッセージをい
者の方々から
ヨウ チ
ただきました。
国の宋の時代に当時の高 麗 へ 伝 え ら れ た も の
ても驚いています。現在 の 韓 国 の 雅 楽 は 、 中
に高速道路が建設される と い う 話 を 聞 き 、 と
黄 俊淵
「篳篥のリードの生育 地 で あ る 鵜 殿 ヨ シ 原
レ・セスティーリ氏よりメッセージが届きま
含め東洋の音楽の研究をすすめているダニエ
年に出版するなど、イタリアで日本の雅楽も
『東アジアに於ける音楽と伝統』を2010
イタリアで東アジアの音楽文化を紹介した
てもいます。二胡の材料はインドの紫檀が最
る二胡を演奏し、東京で多くの日本人に教え
二胡奏者 楊 智
「私は1500年以上前から伝えられてい
万筆を目指して続けていきます。
「雅楽だ
一層強くしています。署名も7月末を目途に
篳篥の最良のリードを後世に残す決意をより
をさらに大きくし、
絶対に鵜殿ヨシ原を守り、
メッセージを寄せていただき、とても心強く
世界の文化でもある雅楽を守るために心より
思っています。今後は鵜殿のヨシを守る運動
前韓国国楽学会会 長
応援します」
で、現在も文廟などで演 奏 さ れ て い ま す 。 韓
より」の読者の皆様も署名のさらなるご協力
(今号も署名用紙を同封しております)
を今後ともお願いいたします」
第2回検討会が開かれた
しいことです。ヨシを守り、雅楽を守り、共
に伝わった篳篥が無くなるとしたらとても悲
で日本に伝わったかは分かりませんが、日本
篳篥が千年以上前、中国からどのような経路
入らないのは楽器が無くなったも同然です。
ても難しくなっています。楽器の材料が手に
れも値段が高騰し良い楽器を手にするのがと
の内容は「雅楽だより」 号に掲載)
(詳細は次号に掲載します。第1回検討会
況の違いを把握するための調査報告ほか。
報告、篳篥用のヨシと一般的なヨシの育成状
主な議題は、鵜殿地域全体の既往調査結果の
後2時半より、高槻市市民会館で開かれた。
に関する検討会第2回」が6月 日(日)午
「新名神高速道路 鵜殿ヨシ原の環境保全
に文化を生かしながら中国と日本の友好を深
現在アフリカの紫檀を使用していますが、こ
高ですが、
インドは紫檀の輸出を止めました。
した。
ダニエレ・セスティーリ
元ローマ大学講師
国の雅楽と日本の雅楽は 中 国 か ら の 伝 来 の 経
イタリア ローマより
ソウル大学校 音楽大学国楽科教授
授よりメッセージが届き ま し た 。
31
に高速道路が建設されるという話を聞き、と
中川英男氏
12
「ローマ大学の学生が日本に留学すると、
23
路は異なっていますが、共に大切な文化です。
絶やすことなく後世の人 た ち に 伝 え て い き ま
しょう」
アメリカ ニューヨーク
コロンビア大学より
2006年9月にニュ ー ヨ ー ク の コ ロ ン ビ
ア大学には雅楽コースが 新 設 さ れ 、 毎 年 大 学
内で演奏会を開催すると 共 に 、 数 名 の 生 徒 さ
んが来日し雅楽を学んでいます。(「雅楽だよ
33
-4-
バーバラ・ルーシュ氏
ダニエレ・セスティーリ氏
10
黄 俊淵氏
11
ても心を痛めています。
日本の文化でもあり、
楊 智氏
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
1 709 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content