close

Enter

Log in using OpenID

題名:日本ブランド品小売店に関する調査分析:中壢市変 身館の場合

embedDownload
日本小売業分析期末レポート(4F)
題名:日本ブランド品小売店に関する調査分析:中壢市変
身館の場合
指導先生:吳銀澤
グループ名: L
学生名前:羅国志
学生番号:95405565
1.日本ブランド品小売店の現状と調査目的
1)日本ブランド品小売店の現状(台湾また中壢のブランド品店を簡単に整理するこ
と。もしくは競争相手を整理する)
2)研究目的
台湾で日本ブランド品を販売しているのは成功するか、調査します。
店の現状は順調で経営しています。
2. 中壢市変身館の概要(表などを使って分かりやすく整理すること)
1998 年 7 月に桃園縣中壢市で店を開きました。今まで約 10 年ほど経営
しています。日本ブランド商品を主に販売しています。男女衣料品のほ
か、いろいろなアクセサリー、カバンなども販売しています。店内全商
品はすべて、日本から輸入品です。
3.調査内容:調査内容(特に商品の仕入れの仕組み)を表、図、写真などを使って整
理する。
調査日:
インタビュー対象者:
1)きっかけは
1998 年当時に台湾の民衆は日本にとても憧れています。アイドルとか
製品とか、製品の上に日本製という字があるだけ、それは品質が良い
た代表です。しかし、当時に台湾で日本の商品を売っている店は台北
2
にしかありません。ということで、中壢で日本の商品を売っている店
がないので、もともと日本の貿易が社に勤めていた店の主人は自分仕
事の経験をもって、中壢市に市民のために、日本ブランド品小売店を
開きたいと思っている。
2)どうしてこんな店を開きたい
当時には中壢で日本ブランド品を売っている店がないのでもともと
日本の貿易が社に勤めていた店の主人は自分仕事の経験をもって、そ
れに、中壢市の市民にこういうサービスを提供したいから、この小売
店を開きました。
3)経営状況はどうですか。
実は最初から経営状況はすごく良いです。それは中壢の市民はこうい
う日本ブランド品小売店にすごい興味があって、それに低価格で販売
しているから、二年目の時、雑誌とかテレビで載せられました。もち
ろん、経営しているうちに 921 大地震と SARS ウイルスの影響で売り上
げが少し下がったんですが、一生懸命に店を経営しているうえに客様
との関係をきちんと保っているから、そんな大したことはありません。
現在、世界的な不況ですが、店はまだ成長し続けています。
4)問題点
3
最初、中壢市の市民は値段が高い商品をあまり買いませんでした。当
時にこういう値段はほかの店により高い店の商品を買うのは、ちょっ
とためらいました。その後、日本のブランドは大衆に受け入れます。
店内販売している商品は中壢市の市民はもとより、ほかの地域の人々
も買いに来ます。
5)改善点
日本から輸入した商品だから、値段は普通の商品より高いです。時々 、
ちょっと安くてくれませんかと言って客様がいますけど、その時はなぜ
値段は高いか、ちゃんと教えて、それに商品をきちんと紹介して、客様
はだいたい納得できると思っています。
6)今までの感想
今まで、客様は一位だと思っていますから、一番いい品質商品を台湾に
輸入して客様に提供したい。その代わりに、年中無休で経営しています。
しかし、その理想を抱えているから、常にちゃんと休みが取れないと家
族に適切な世話もできません。頭の中には、やっぱりやめろという考え
が浮かんできたが、客様は商品を買って、その満足の笑顔を見るたびに、
私を励ますように笑っている、それで十分です。家族とちゃんと話した
後、家族の諒解と支持も得られました。客様は一位だと考えを持って、
4
この店も経営し続けていきます。
4.結論:研究目的に合わせて調査内容をまとめること。
まだ
<付録>
調査スケジュールと調査内容の分担関係
訪問:羅国志
写真:羅国志
整理:羅国志
参考写真など
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
179 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content