close

Enter

Log in using OpenID

April - JCCC

embedDownload
創 立 40 周 年 記 念 特 別 号
創立40周年記念吉澤総領事(JCCC名誉会頭)ご挨拶
創立40周年を迎えるにあたって
吉澤総領事ご挨拶
古田会頭、松村専務理事ご挨拶
シカゴ市長からのお祝いの言葉
40年を振り返って
1965∼71年頃のJ
CCCの思い出
元J
CCC専務理事 降旗 健人 氏
J
CCC40周年にあたり
岸岡 駿一郎 氏
写真で振り返る40年前ーシカゴ、J
CCC
創立40周年記念広告
シカゴビジネス支援コーナー
・インターネットを通じた
採用活動に関する連邦新規則
ベーカー&マッケンジーLLP法律事務所
高田 昭英 氏
・Wor
l
d'
sL
ar
g
es
t
T
r
an
s
pac
i
f
i
cAi
r
l
i
n
e Res
t
r
u
c
t
u
r
esasSt
r
on
gCompet
i
t
or
」
Uni
t
edAi
r
l
i
nesSeni
orVi
cePr
es
i
dent
Gr
ah
am At
k
i
n
s
on氏
JCCCアクティビティレポート
理事会報告(3月度)
JCCCインフォメーション
J
CCC月例ゴルフ(5・6月度)ご案内
J
CCC女子ゴルフ(4・5月度)ご案内
J
CCCテニストーナメント結果
J
CCCDi
r
ect
or
y広告募集案内
基金寄贈先訪問
Mar
wenFoundat
i
on
「学校と教師とのパートナーシップ」プログラム
Comi
ngUp
シカゴ来訪10回記念
桂三枝創作落語独演会ご案内
今般J
CCCが創立40周年を迎えられ
るに際し、長きにわたりシカゴ地域の
日系企業や日本人の方々を支えてこら
れたことに深く敬意を表するととも
に、心からお慶び申し上げます。 ま
た、この機会に、会員の皆様から平素
より総領事館の活動に対しひとかたな
らぬご理解とご支援をいただいている
ことに、深くお礼申し上げます。
J
CCCは様々な活動
を行っておられます
が、大きく言えば3
つの柱からなると承
知しております。ま
ず、会員同士の親睦
を図る取組として、
シカゴ川の建築物見
学ボートツアーやミ
シガン湖清掃は、家
族ぐるみで参加でき
る毎年夏の恒例行事
となっているほか、
毎年有名なゲストに
来ていただける新年
会や今年で10回目となる桂三枝師匠の
来訪は、毎年心待ちにされる楽しい場
となっております。
第二に、日本人学校の運営について
は、双葉会の運営する全日校と補習校
があり、その運営にあたり多くの
J
CCC会員の方々が献身的な活躍をさ
れています。外国に暮らす日本人にと
って子弟の教育問題は昔も今も最大の
関心事項の一つだと思います。熱心な
先生方の指導の下、皆様のご子弟が貴
重な時期を充実して過ごすことができ
るよう、総領事館としても引き続きで
きる限りの支援を行って行きたいと考
えております。
第三に、会費の一部や寄付の中から
教育事業や交流事業などを支える
J
CCC基金の活動については、地域へ
の貢献事業として米国社会から高く評
価されていると承知しております。シ
カゴ地域の学校の先生を日本へ派遣す
るJEEP事業といった
独自の取り組みや先
だってのハリケーン
・カトリーナ被害に
対する義捐金など時
宜を得た取り組みも
行われてきていま
す。この機会にJ
CCC
基金の活動に敬意を
表するとともに、そ
の活動の一層の発展
をお祈りしたいと思
います。
このように、J
CCC
は海外にて様々なご
苦労をされている邦人にとっていわば
心の拠り所ともなっていると思いま
す。この機会にJ
CCCの諸活動に携わ
っておられる方々のご貢献に敬意を表
するとともに、J
CCCが今後ますます
発展していくことを祈念申し上げま
す。総領事館としても日系企業支援、
日本人学校支援、様々な情報提供等を
通じて引き続きご協力させていただく
ことをお約束したいと思います。
終わりに会員の皆様方のますますの
ご健勝をお祈り申し上げます。
創立40周年記念 古田会頭、松村専務理事ご挨拶
シカゴ日本商工会議所
会頭 古田 陽一
(新日本製鐵)
シカゴ日本商工会議所(J
CCC)は、2006年創立40
周年という記念すべき年を迎えることができました。
この節目の時に会頭職に就くという事は、誠に光栄で
あり、またその責任の重さを改めて感じております。
この1月に会頭職に就いて以来、J
CCCは大きな転
換期を迎えていることを実感しています。
創立当時の1960年代より諸先輩方のご努力によりシ
カゴランドにおける日系企業数は増加し、ビジネス環
境や生活環境は充実したものとなりました。一方で近
年における中国、韓国、インドなどの台頭や従業員の
現地化の進展、インターネットの発達等、日系コミュ
ニティを取り巻く環境は日々大きく変化しておりま
す。ついては、J
CCCも当時の精神を尊重しつつ環境
の変化に適応すべく常に改善・改革に取り組んでいく
必要があると存じます。
現在のJ
CCCは一つの組織でありながら、商工会議
所、日本人会、日本語学校、基金など様々な役割を担
っており、その事業内容は、質、量ともに米国他都市
と比較しても抜きん出た実績を示しております。その
活動内容は日系コミュニティー以外の地元の方々にも
う少し知っていただくべきものも多く、そのためにも
地元コミュニティとの交流を一層活発化するとともに
広報活動を充実させていきたいと考えております。
今後50周年に向けさらなる発展を遂げるべく、会員
企業の皆様の視点に立った事業を着実に実践していく
という基本を見失わず、また変化する状況に応じて新
しい事業にもチャレンジして参りたいと存じます。10
年後には会員の皆様はもちろん、シカゴランドの人達
にとっても「J
CCCは無くてはならない存在」となる
よう全力を尽くす所存でございます。そのためにも会
員の皆様方のより積極的なご支援ご協力が不可欠であ
り、各種活動へより一層の参画をいただけますよう改
めてお願い申し上げます。
シカゴ日本商工会議所
専務理事 松村 智洋
(みずほコーポレート銀行)
シカゴ日本商工会議所が創立40周年を迎えることが
できましたこと、心よりお祝い申し上げます。ひとく
ちに40年と言いますが、その紆余曲折に関するお話を
先輩諸氏から伺うにつけ、感慨深いものがあるのはお
そらく私だけではないと思います。
当商工会議所は、皆さまも既にご存知のとおり、会
員の皆さま向けの各種イベント・セミナーの開催など
に加えて、基金制度を活用した地域社会・コミュニテ
ィーへの貢献事業等、その多種多彩な活動が高く評価
されるなど、他の商工会議所にはないユニークな存在
として知られております。
40周年という大きな節目とも言えるべき本年度の専
務理事を拝命しました私自身も、これまで諸先輩が築
き上げてこられた当商工会議所の名声を更に高めるこ
とができるよう微力ながら努力して参る所存でありま
す。特に、近時の厳しい予算運営下、派手さはなくと
も、皆さまの心に残る「手作り」の40周年記念行事の
企画なども含めまして、例年以上に当会議所の活動を
盛り上げてゆきたいと考えております。
当商工会議所がこうして今年40周年を迎えられたの
も、これまで永きに亘り、会員各企業、並びに個人会
員の方々から絶大なるご支援とご協力を頂いた結果で
あり、ここに改めて厚く御礼申し上げます。また、次
なる目標である50周年に向けて更なる飛躍を期すべ
く、役職員一同精一杯努力して参りますので、皆さま
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
シカゴ市長からのお祝いの言葉
リチャード M.デイリー シカゴ市長
1965∼71年頃のJCCCの思い出
降旗 健人
(元 伊藤忠商事)
(二代目J
CCC専務理事)
私がシカゴ駐在を命ぜられ 寒いオヘア空港に到着
したのは、1965年12月初めだった。当時、日本の貿易
という観点で見ると、米国中西部は米国で一番遠い地
域だった。輸送が西海岸かミシシッピ川経由に限られ
ており、どちらの国向けでも競争力はなかった。 中
西部でしか作られていない製品の対日輸入か、品質的
に特別優位にあり、且つ、輸送費が相対的に安くてす
む日本製品の対米輸出に限られており、中西部の誇る
重化学工業も、日本から見ると貿易処女地だった。
しかし、やがてSt
.Lawr
enceSeaway
が完成すれば、
中西部に新しい大市場が生まれるだろうと考えたのが
総合商社だった。1961∼2年頃から、競って商社が事
務所や支店を開設し、併行して銀行、船会社、メーカ
ー、専門商社、或いはJETRO、国際観光振興会など政
府系機関、そして自動車部品工業会、工作機械輸出組
合など業界ベースの事務所も開かれた。第二次世界大
戦以降閉鎖されていた総領事館も1952年に再オープ
ン 、 1959年 7 月 に は 小 沢 総 領 事 が 着 任 さ れ た 。
Seaway
が1959年に全面開通し、中西部と日本の新し
い関係の時代が始まった。
このように日系企業や駐在員が増えると、これを組
織化するのが、どの都市でも通常で、シカゴでも先駆
各社の代表が相談し、公式な組織としてJ
CCCを設立
したのが1966年1月だった。これは私の赴任直後のこ
とだったが、前任者を引き継ぎ、私は赴任後直ちに理
事に選任された。初代の会長は田中さん(丸紅)で、
当時市川丸紅社長が大阪商工会議所副会頭をされてい
た縁もあり、J
CCCとして同会議所に人材支援をお願
いした。そういった経緯で1973年川村さんが専任事務
局として来られた。
初代の専務理事は姉川さん(トーメン)で、和製Ed
Sal
i
v
anと言われた容貌、人柄、話術で困難なJ
CCC立
ち上げ期の縁の下の仕事を、見事にこなされた。そし
て私にとって大きな変化が起こったのは、1966年春、
夫人の病気のため、姉川さんが急遽帰国されることに
なり、その後任として私が選任されたことだった。私
自身が帰国した1971年5月に三好さん(住商)に引き
継ぐまで約5年間、田中、岡崎、中崎、久留、児玉の
5会頭に仕えることになったのである。
私のシカゴ生活は、会社の仕事三分の二、J
CCCの
仕事三分の一といった感じだった。
Chi
cagoOak会 Gol
f於 相模C.
C.
(2005/
4/
27)
後列左より:杉山氏(NEC)、芦田氏(住商)、山田氏(住金)、横畠氏(住商)、
古瀬氏(安田➡伊藤忠)、西嶋氏(OSG)、降旗氏(伊藤忠)、吉井氏(住金)
前列左より:上条氏(Kライン)、中谷氏(東光)、鎌田氏(NEC)、
高橋氏(三菱電機)、斉藤氏(Dai
doCor
p)、藤田氏(Dai
doCor
p)
1970年頃は在シカゴ日系会社100社、日本人は家族
も入れて1000人と言っていた。在任中、特に思い出す
のは、1967年、佐藤総理来訪、昼食会、1966年、双葉
会日本人学校の立ち上げ(これには故桑原さんーJ
AL
が特に努力をされた。)、1970年、官民合同貿易会議
を初めて中西部で開催(於:Lak
e Genev
e
,Wi
s
.
)、シ
カゴ商工会議所との定例会議、輸入鉄鋼に係わるAnt
i
dumpi
ngdut
y
問題でシカゴ税関との協議、ent
er
t
ai
nment
の方では毎年の新年会、ピクニック、それに冬にも何
べんもやったJ
CCC主催のゴルフ大会などである。
シカゴ在住の日系アメリカ人の方々との交流も行っ
た。増田さん、本多さん、堀さんなどの名前を思い出
す。
シカゴ創業期の方々は、今でも年一度、昼食会で懇
談を続けている。Char
t
er
edMemberofI
l
l
i
noi
s
会と呼ん
でいる。又1970年前後に、一年中ゴルフボールを追い
かけていたJ
CCCのメンバー約20人でChi
cago Oak
会を
つくり(会長は高橋さんー三菱電機)、この20数年、
年二度のゴルフと一度の食事を続けている。これはい
ずれも、当時皆が会社を超えて新市場開拓のために連
帯感を持って努力をしていたかの証左でもあろう。
Chi
cago Oak
会は既に二度Chi
cago gol
ft
our
をしている
し、又、来年も行こうという話しがおきている。
今のシカゴ日本人社会は往時と全く変わっていると
聞いている。色々な環境変化に伴った変化だと思う
が、どうか創業時の精神を持ち続け、日本のため、そ
して日米友好、密接化のために努力をしていただきた
い。 最後になりましたが、JCCC設立40周年をお祝い
し、皆様方の健康とご家族の健勝をお祈りします。 JCCC40周年にあたり
I
.
T.
A.
,
I
nc.
岸岡 駿一郎
J
CCC40周年は私の滞在が36年間なので、仕事中心
の限られた印象で、強く記憶に残る出来事を選んでみ
ます。60年代の終わりは1ドルが360円時代で、私達
の手取り給は900ドル、円にすれば33万円。日本では
30才は残業代込みで3万5千円は良い給与で、正に米国
の10分の1です。
今の日中と似て、日本は経済的には後進国でした。
国の貿易収支は赤字すれすれで、輸出で何とかドルを
稼ぐことを使命とする当時の商社マンは貿易戦士で戦
いの連続でした。
① 1971年12月円の切上げ;360円から急に308円にな
る。これはベトナム戦争でドルの流失が長く、ドル
を金との交換中止した時期です。日米繊維交渉が上
手く行かぬ反撃です。ニクソンの頭越し訪中、円の
フロート制などニクソンショックと呼ばれました。
●エバンストン南部の2ベッドルームの家賃は200
ドル、お金が無くて若手はゴルフも月に2回が精
一杯でした。月の半分は出張で、個人的には食べ
る事だけが楽しみだった。米人の昼食接待はステ
ーキとドライマティーニ2杯が標準。日本食材は
スターマーケット1店、レストランは中野屋・箸
金・きよ他の5店、J
CCCメンバーは50社位。
② 73年10月のオイルショック;中東戦争後1バレル
3ドルだった原油がOPECという産油国カルテル
で、一気に4倍12ドルまで跳ね上がる。ガソリンが
必需品の車社会ですから、これは大幅増税と同じ引
き締め効果になる。ニクソン大統領は Pr
i
ce Fr
eez
e
(価格凍結)で強力に輸入インフレを押さえにかか
る。仕入コストが16%上がったのに、販売価格は上
げられない、非常に苦難の時代でした。TV他日本品
が次々とダンピングの槍玉に挙げられ、対日強硬姿
勢が強く米国も苦しんでいた時代です。日本メーカ
ーは安値輸出から、高品質で高値の製品を目指し始
めます。
●家庭用ビデオのない70年代ですから、J
CCCの新
年会は1月末頃に送られてくるNHKの紅白歌合戦
を映写機で上映し、餅つき、福引でお正月の雰囲
気を味わう会でした。
③ 79∼80年のハイパーインフレ;イラン革命で第二
次オイルショックは13ドルから34ドルに2.
6倍にな
った。米国イラン大使館の占拠があった。米国内の
経済は悪化しインフレは20%、銀行の貸し出しレー
1970年頃の土曜出勤している写真
ト は 21% に 達 し 、 こ
の引き締めで直後に不
況 が 始 ま り ま す 。 78
年から鉄鋼のトリガー
プライスという特別輸
入関税があった。これ
で日本の鉄メーカー他
が米国での現地合弁や
工場進出を始める。
④ 85年のプラザ合意;先進国に加わり円高は220∼230
円から200円を突破、88年には1ドル120円台になっ
てきた。3年で日本からの物価は8割上がったので
す。それで日本メーカーは高品質・高性能を武器に
自動車などは米国生産を始めた。
⑤ 91年はデザートストームというイラク戦争;毎度
の事ですが、米国が戦争すると日本の不況になり、
日本経済はバブル崩壊が始まってリストラ時代に入
る。シカゴでは多数の日系銀行が撤退し、会員数が
激減した10年間の始まりでした。
●94年にはイリノイ大学の学生がソフトを開発し、
直後にそれを基にしてインターネット時代が始ま
った。
こうして振り返ると、過去J
CCCの40年間は、65∼
75年は日本が経済後進国、75∼85年代の中進国へ、85
年以降は先進国の仲間入り。
J
CCCの40年間は日本が驚異の短期間で後進国から
先進国に駆け上がった歴史です。それはオイルの値上
がりにつれて、円が360円から100円へ切り上げられて、
それを克服する努力の時代でした。後進国の貿易戦士
は<米国から何を獲るか>というハンターから、この
<米国に何を残してゆくか>という先進国型の市場投
資参加者への変身の時代になったといえましょう。こ
れはドルという基幹通貨のお陰であると考えます。
写 真 で 振 り 返 る
C C C
J
・
ゴ
の シ カ
前
年
0
4
1970年代頃の
Chi
cagoDownt
own
Res
our
ce:
J
.
H.
Y
ank
e Col
l
ect
i
on
1968年代 ワッカードライブ周辺
Chi
cagoHi
s
t
or
yMus
eum
Chi
cagoHi
s
t
or
i
cal
Soci
et
y
HBSN825T3
Phot
ogr
apher
-Hedr
i
chBl
es
s
i
ng.
1964年 Mot
or
ol
a
MeachamとAl
gonqui
n一帯の316acr
es
Res
our
ce:
Vi
l
l
ageofSchaumbur
g
(Si
s
t
erCi
t
i
esCommi
s
i
i
on協力)
1970年頃のSchaumbur
g周辺
遠くに見えるクレーンは、
建設中のWoodf
i
edShoppi
ngCent
er
Res
our
ce:
Vi
l
l
ageofSchaumbur
g
(Si
s
t
erCi
t
i
esCommi
s
i
i
on協力)
1969年 アポロ11号乗組員
シカゴ訪問
Res
our
ce:
撮影 降旗 健人氏
(二代目J
CCC専務理事)
1968年 ロヨラ大学にて行われた
「双葉会」開校プログラム
J
CCCが設置者であるシカゴ双葉会
日本語学校も1966に設立
1970年頃 J
CCCメンバーによるゴルフトーナメント。
1998年 J
CCC基金 桂三枝創作落語独演会
1991年に設立されたJ
CCC基金では、チャリティイベント
基金贈呈など活発に活動している。
1996年 30周年特別イベントの一つ
大阪からのギャルみこし
1967年 J
CCCピクニックの様子
アークテクノロジーズ株式会社
壁下 稔
ARKTECHNOLOGI
ESI
NC.
Mi
nor
uKabeshi
t
a
在シカゴ日本国総領事館
吉澤 裕
CONSULATEGENERALOFJAPAN
Yut
akaYoshi
zawa
アイ・ティー・エイ インク
岸岡 慎一郎
I
.
T.
A.
,I
NC.
Shi
ni
chi
r
oKi
shi
oka
ジェトロ シカゴセンター
土屋 隆
JETRO CHI
CAGO
TakashiTsuchi
ya
アルタック インク
壁下 豊
ALTAKI
NC
Yut
akaKabeshi
t
a
ジャパニーズ・アメリカン コンサルタント JAPANESEAMERI
CANCONSULTANTS
星野 恭子
KyokoHoshi
no
エイツーノワール
田付 篤慶
A2NOI
RLLC(住むトコ.
com)
At
sunor
iTat
suki
新日本製鐵 株式会社
古田 陽一
エグゼクティブ リソース グループ
ランデイー・クロス
EXECUTI
VERESOURCEGROUPI
NC. 鈴木不動産
RandyCr
oss
鈴木 三智子
SUZUKIREALTY,I
NC
Mi
chi
koSuzuki
キマタ・パーソネル &コンサルタンツ
木全 義二
KI
MATAPERSONNEL&CONSULTANTS 住友金属工業 株式会社
Yoshi
t
suguKi
mat
a
中村 敦
SUMI
TOMO METALUSA,I
NC.
At
sushiNakamur
a
ゴーダ アドバタイジング
合田 幸男
GODAADVERTI
SI
NG,I
NC.
Yuki
oGoda
SUMI
TOMO CORPORATI
ONOFAMERI
CA
Yasunor
iAoki
後藤ディストリビューション 株式会社
後藤 美郎
GOTOHDI
STRI
BUTI
ONSERVI
CE,I
NC 株式会社 竹中工務店
Yoshi
oGot
oh
坂井 剛太郎
コマツ アメリカ株式会社
大橋 徹二
KOMATSUAMERI
CACORP.
Tet
suj
iOhashi
住友商事 株式会社
青木 康典
タック・ワールドワイド カンパニー
(元アメリカン・クリスタル)
下竹 祐三郎
JCCC創立40周年
NI
PPONSTEELU.
S.
A.
,I
NC.
Yoi
chiFur
ut
a
TAKENAKACORPORATI
ON(
U.
S.
A.
)
Got
ar
oSakai
TACWORLDWI
DECOMPANI
ES
(f
or
mer
l
yAMERI
CANCRYSTAL,I
NC.
)
JayShi
mot
ake
おめでどうございます
ティー・シー・エイチ インターナショナル インク TCHI
NTERNATI
ONALI
NC.
平野 隆司
TakashiHi
r
ano
日本通運株式会社
丹野 政行
NI
PPONEXPRESSU.
S.
A.
,I
NC.
MasayukiTanno
TM オートワークス インク
宮石 才市
TM AUTOWORKS,I
NC.
Toshi
i
chiMi
yai
shi
日本郵船株式会社
三戸 秀國
NYKLI
NE(
NORTHAMERI
CA)
,I
NC.
Hi
dekuniMi
t
o
飛 商工業不動産会社
石田 増男
TOBII
NTERNATI
ONALCORP.
MasuoI
shi
da
パシフィックアドバイザリーサービス
馬場 光國
PACI
FI
CADVI
SORYSERVI
CES
Mi
t
sukuniBaba
株式会社 豊田自動織機
稲川 透
TOYOTAI
NDUSTRI
ESNORTHAMERI
CA,I
NC.プライスウォーターハウスクーパースLLP PRI
CEWATERHOUSECOOPERS LLP
Tor
uI
nagawa
柴崎 芳生
Yoshi
oShi
bazaki
トライスター商工業不動産会社
沖川 泰子
TRI
STARASSOCI
ATESL.
L.
C.
YasukoOki
gawa
株式会社みずほコーポレート銀行
松村 智洋
MI
ZUHO CORPORATEBANK,LTD.
Tomohi
r
oMat
sumur
a
日通商事U.
S.
A.
株式会社/日通リアルターズ NI
TTSUSHOJIUSA,I
NC.
青木 誠
Makot
oAoki
三菱重工業 株式会社 坂井 利行
MITSUBISHIHEAVYINDUSTRIESAMERICA,INC.
Toshi
yukiSakai
日発販売 株式会社
松原 克郎
NHKI
NTEXCORPORATI
ON
Kat
suoMat
subar
a
三菱商事 株式会社
河村 芳彦
MI
TSUBI
SHII
NTERNATI
ONALCORPORATI
ON
Yoshi
hi
koKawamur
a
日本クリニック
大磯 明雄
NI
HONCLI
NI
C
Aki
oOi
so
三菱電機 株式会社
高橋 敏雄
MI
TSUBI
SHIELECTRI
CAUTOMATI
ON,I
NC.
Toshi
oTakahashi
株式会社 日本航空インターナショナル
小澤 芳博
JAPANAI
RLI
NESI
NTERNATI
ONALCO.
,LTD.株式会社 三菱東京UFJ銀行
Yoshi
hi
r
oOzawa
松下 和也
日本総合歯科グループ
上村 富男
NI
HONDENTALGROUP
Tomi
oUemur
a
THEBANKOFTOKYOMI
TSUBI
SHIUFJ,LTD.
KazuyaMat
sushi
t
a
(*敬称略日本語会社名五十音順)
新規則の発効時期及び猶予期間
インターネットを通じた採用活動に
関する連邦新規則
ベーカー&マッケンジーLLP法律事務所
ブライアン・S・アーベター
アンドリュー・J
・ボーリング
高田 昭英
現在、多くの企業が、採用活動において、インタ
ーネット等の電子情報技術を活用しています。米国
労働省の連邦契約コンプライアンス局(OFCCP)
では、このような動きに対応し、連邦契約業者及び
下請業者に対し、インターネットを通じた採用活動
に関する記録保存義務を定めた規則を最近導入しま
した。新規則は、2005年10月7日に連邦公報に発表
されました(70Fed.
Reg.
5894658963)。
なお、連邦契約業者は、以前より、従業員及び求
職者の性別、人種及び民族に関するデータの収集
及び保存が義務付けられており(41 C.
F
.
R.
、60.
1.
12
(
c)
)、収集されたデータは、労働慣行の調査、福祉
関連政策の政策評価、雇用機会均調査等のために用
いられています。
新規則が適用される雇用者の範囲
新規則は、⑴ 連邦契約業者又は下請業者であり、
かつ、⑵ Eメール又は内外のデータベース等のイン
ターネットその他の電子情報技術を用いて採用候補
者の選考を行っている場合にのみ、適用されます。
連邦下請業者は広く定義されていますので、現在の
契約・下請関係がこれに該当するかは慎重に検討す
ることが必要です。インターネット等により採用候
補者の選考を行っていない連邦契約業者又は下請業
者は、従前のOFCCPの規則に従って記録を保存す
る必要があります。
新規則は、2006年2月6日に発効しました。同日
以降になされた採用決定については、新規則が適用
されますので、対象となる雇用者は早急に対策を講
じる必要があります。なお、新規則が発効日前の採
用決定に遡って適用されることはありません。
OFCCPは、2006年2月6日以降90日間に限っ
て、一定の場合に新規則の不遵守を違反とみなさな
いという猶予期間を設けています。猶予が認められ
るのは、純粋に技術的な問題によって新規則に基づ
く記録保存ができない場合に限られており、さら
に、⑴ 新規則遵守のための合理的な対策が講じられ
ており、新規則を遵守できる日が特定されているこ
と、及び ⑵ OFCCPの従前の規則に従って記録が保
存されていることが必要です。
インターネットを通じた求職者とは
インターネットを通じた求職者とは、以下の4点
の要件を全て満たす個人を指します。⑴ インターネ
ットその他の電子情報技術を通じて、求人に応募し
た個人であること。⑵ 連邦契約業者が、特定の募集
職種の候補者として選考対象としたこと。⑶ 当該個
人が当該募集職種の基本的な応募資格を有している
ことが、求職申込みにおいて示されていること。⑷
採用通知を受領するまでの選考過程において、自ら
辞退していないこと。
この定義には、雇用者がインターネット又はEメ
ールを用いて募集した求人に対して、通常郵便によ
って応募した個人も含まれます。
記録保存義務の内容
連邦契約業者は、インターネットを通じた求職者
に関する記録を、2年間保存することが義務付けら
れています。
まず、外部の求人データベース(Monst
er
.
com
等)を用いて候補者の選考を行う場合には、以下の
4点の記録を保存する必要があります。⑴ データベ
ース調査を行った募集職種。⑵ 調査の実質的な条件
設定。⑶ 調査の日付。⑷ 基本的な応募資格を満た
す候補者の履歴書その他の求職申込み資料。
他方、企業内部の求人データベースの場合には、
以下の5点の記録が保存対象となります。⑴ 応募者
の履歴書。⑵ 履歴書がデータベースに追加された日
付。⑶ データベース調査を行った募集職種。⑷ 調
査の実質的な条件設定。⑸ 調査の日付。
さらに、いずれの場合でも、以下の記録を保存す
る必要があります。⑴ 全ての面接記録。⑵ 全ての
採用試験記録及び結果。⑶ 求職申込みに関して連絡
をとった求職者が分かる記録。⑷ インターネットを
通じた求職者を含む、各求職者の人種、性別及び民
族に関するデータ。
⑺ 下請業者に対して、新規則の内容を遵守するよう
確認すること。
⑻ 新規則上要求されている記録の保存が可能となる
システムとすること。
⑼ 採用・人事担当者のトレーニングを行うこと。
まとめ
全ての連邦契約業者は、インターネットを通じた
求職者及びそれ以外の求職者についての採用方針及
び採用過程を見直し、新規則が遵守できているかど
うか確認する必要があります。上記に述べたような
迅速な対策を講じ、新規則に基づく記録保存を効率
よく行えるシステムを構築することにより、法的リ
スクを十分に管理することが大切です。
OFCCPは、これらの情報を用いて、差別的な採
用活動がなされていないかを調査することができま
す。
新規則の遵守のための対策
新規則を遵守するため、各連邦契約業者は、次の
ような対策を検討することが必要です。
⑴ 求人及び採用過程の改訂を行うこと。
⑵ 各募集職種の応募資格を、客観的で、業績に関連
するものとすること。
事務所概要
ベーカー&マッケンジーLLP法律事務所
130Eas
tRandol
phDr
i
v
e
,
Chi
cago
,
I
L60613
⑶ 電子情報技術を通じた求職申込みを受け付ける場
担当:
高田 昭英
合を明確にすること。
電話:
3128618000/3128618044(高田直通)
F
AX:
3126982711(高田直通)
⑷ インターネットを通じた求職者が、自ら人種、性
URL:
www.
bak
er
net
.
com
別及び民族を明示するようなシステムとすること。 メール:
ak
i
f
us
a.
t
ak
[email protected]
er
net
.
com
ベーカー&マッケンジーは、米国内9箇所及び東
京(弁護士60名以上)をはじめ、現在38の国及び地
⑸ 特定の募集職種への求職申込みに対する対応を一
域に69以上の事務所と総勢3200名の弁護士を擁する
貫させること。
世界最大規模の多国籍法律事務所として、国境によ
り分断されない総合的かつ専門的なアドバイスを提
⑹ 募集していないにもかかわらずなされる求職申込
供しております。
みへの対応手続を定めておくこと。
ビジネス
特別記事
本年2月、ユナイテッド航空がChapt
er11から離脱
し、イリノイ経済に明るい話題を提供した。再建に向
けての大きな一歩を踏み出すために、この3年間どの
ように取り組んできたのか、同社のSen
i
orVi
c
ePr
es
i
den
t
,
Gr
aham At
k
i
ns
on氏に寄稿頂いた。(原文にてお送りし
ています)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Wor
l
d'
sLar
gestTr
anspaci
f
i
cAi
r
l
i
ne
Rest
r
uct
ur
esasSt
r
ongCompet
i
t
or
A chancet
oi
mpr
ov
eal
lpar
t
soft
hebus
i
nes
sanda
s
hotatbecomi
ngt
hecompanyi
tk
newi
tcoul
dbe.Thi
s
i
showUni
t
edAi
r
l
i
nesv
i
ewedi
t
sr
ecentr
es
t
r
uct
ur
i
ng.
Af
t
ermor
et
han t
hr
ee y
ear
s
,Uni
t
ed concl
uded i
t
s
r
es
t
r
uct
ur
i
ngwi
t
ha s
ol
i
d bus
i
nes
spl
at
f
or
m,r
eadyt
o
compet
ewi
t
ht
hes
t
r
onges
tcar
r
i
er
s
. Thecompany
'
s
f
ocus on cont
i
nuous i
mpr
ov
ementoft
he cust
omer
ex
per
i
ence hel
ped car
r
yi
tt
hr
ough t
he r
es
t
r
uct
ur
i
ng
pr
oces
s
.Andi
twi
l
l
l
eadUni
t
edi
nt
ot
hef
ut
ur
e.
Mor
et
hant
hr
eey
ear
sago
,Uni
t
ed'
scos
ts
t
r
uct
ur
ewas
among t
he hi
ghesti
nt
he U.
S.i
ndust
r
y acr
oss al
l
s
egment
s oft
he bus
i
nes
s
.I
t
s col
l
ect
i
v
e bar
gai
ni
ng
agr
eement
swer
euncompet
i
t
i
v
ewi
t
ht
her
eal
i
t
i
esoft
he
mar
k
et
pl
ace. I
thad unsust
ai
nabl
el
egacy benef
i
t
obl
i
gat
i
ons
.I
tal
s
oneededt
oov
er
hauli
t
sgov
er
nance
s
t
r
uct
ur
eandr
enegot
i
at
ef
l
eetcos
t
s
.So
,t
hecompany
begant
oconf
r
ontt
hei
s
s
uest
hats
t
oodbet
weeni
t
,t
he
abi
l
i
t
yt
oat
t
r
actf
i
nanci
ngand,
ul
t
i
mat
el
y
,
i
t
sf
ut
ur
e.
Uni
t
edi
snow managi
ngt
heai
r
l
i
nef
orpr
of
i
t
abi
l
i
t
yona
s
us
t
ai
nedbas
i
s
,i
ncl
udi
nghav
i
ngcr
eat
edacompet
i
t
i
v
e
cos
ts
t
r
uct
ur
et
hati
tcont
i
nuest
oi
mpr
ov
e. Reduci
ng
cost
s and k
eepi
ng t
hem among t
he l
owestoft
he
net
wor
k car
r
i
er
si
s par
tof t
hi
s
,as i
si
nv
est
i
ng
sel
ect
i
v
el
yi
n ser
v
i
ces t
hatcan achi
ev
ei
mpr
ov
ed
r
et
ur
ns and compet
i
t
i
v
e mar
gi
ns. Achi
ev
i
ng
appr
ox
i
mat
el
y$7bi
l
l
i
oni
ndur
abl
eannualcos
ts
av
i
ngs
-i
nl
abor
,f
l
eetr
es
t
r
uct
ur
i
ng
,r
enegot
i
at
edl
eas
esand
Uni
t
ed Ex
pr
es
s agr
eement
s-has r
epos
i
t
i
oned t
he
company
.Uni
t
edi
snow pr
i
medt
ot
ak
eadv
ant
ageof
mar
k
etoppor
t
uni
t
i
esandpr
epar
edt
ohandl
ei
ndus
t
r
y
downt
ur
ns and hi
gherf
uelcost
s
. Obt
ai
ni
ng new
f
i
nanci
ng of$3 bi
l
l
i
on -s
i
gni
f
i
cant
l
ymor
et
han t
he
amounts
ought
demons
t
r
at
est
hi
ss
ol
i
di
t
yandi
nv
es
t
or
s
'
conf
i
dence i
nt
he company
. The ai
r
l
i
ne used
r
es
t
r
uct
ur
i
ngt
os
hapeapor
t
f
ol
i
ot
hatof
f
er
st
her
i
ght
s
er
v
i
cet
ot
her
i
ghtcus
t
omeratt
her
i
ghtpr
i
ce. The
companyex
pect
ss
t
r
ongr
et
ur
nsoni
t
si
nv
es
t
ment
si
n
SM
hi
ghend segment
s
,such as p.
s
. -a pr
emi
um
t
r
ans
cont
i
nent
als
er
v
i
ce t
hatcat
er
st
of
r
equentf
l
y
er
s
bet
weenNew Y
or
kandCal
i
f
or
ni
a-wher
ecus
t
omer
s
ar
e wi
l
l
i
ng t
o pay mor
ef
orpr
emi
um ser
v
i
ces
.I
n
addi
t
i
ont
o p.
s
.
,Uni
t
ed'
scus
t
omi
z
ed s
er
v
i
cesi
ncl
ude
Uni
t
ed Expr
ess® 'pr
emi
um r
egi
onalj
etser
vi
ce,
SM
ex
pl
us ,whi
chi
sr
edef
i
ni
ngt
her
egi
onalj
etex
per
i
ence
byof
f
er
i
ng bot
hf
i
r
s
t
cl
as
s and t
he ex
t
r
a comf
or
tof
Economy Pl
us® . Uni
t
ed'
sl
owf
ar
e ser
v
i
ce,T
edSM,
compet
es successf
ul
l
y wi
t
hl
owcost car
r
i
er
si
n
mar
k
et
swher
ei
toper
at
esandf
eedsUni
t
ed'
smai
nl
i
ne
net
wor
k
.
OneofUni
t
ed'
spr
i
mechal
l
engeswasnott
ol
ett
he
r
est
r
uct
ur
i
ng i
mpact cust
omer
s
. The wor
k of
r
est
r
uct
ur
i
ng i
s compl
i
cat
ed,di
st
r
act
i
ng and cost
l
y
.
Ear
l
yon,managementdeci
ded t
ok
eep t
he wor
kof
r
es
t
r
uct
ur
i
ngandofr
unni
ngabet
t
erai
r
l
i
neons
epar
at
e
t
r
ack
s
. Uni
t
edk
new t
hati
t
scus
t
omer
shadchoi
ces
,
andwoul
dnott
ol
er
at
et
her
es
t
r
uct
ur
i
ngwor
katt
hei
r
Uni
t
ed'
si
ndus
t
r
y
l
eadi
nggl
obalnet
wor
k
,s
ov
al
uedby
ex
pens
e.
i
t
s wor
l
dwi
de cust
omer
s
,t
oday ser
v
es mor
e ci
t
i
es
wor
l
dwi
deandf
l
i
esmor
edomes
t
i
cr
out
est
hani
tdi
di
n
2002. I
thasi
ncr
eas
edi
nt
er
nat
i
onalcapaci
t
yt
obui
l
d
oncompet
i
t
i
v
es
t
r
engt
hs
,wi
t
has
peci
alf
ocusonAs
i
a.
Fr
om Chi
cago
,t
hi
smeansdi
r
ectnons
t
ops
er
v
i
cet
wi
ce
dai
l
yt
oT
ok
y
oNar
i
t
a and dai
l
yt
o Osak
a,J
apan.
Chi
cago cust
omer
s may al
so f
l
y dai
l
yt
o Nagoy
a,
J
apan,t
hr
oughSanFr
anci
s
co-as
er
v
i
cel
aunchedi
n
2005 att
he hei
ghtoft
he company
'
sr
est
r
uct
ur
i
ng.
Addi
t
i
onal
l
y
,Uni
t
ed'
sSanFr
anci
s
cooper
at
i
onspr
ov
i
de
mor
enons
t
ops
er
v
i
cet
ot
heAs
i
aPaci
f
i
cr
egi
ont
han
anyot
herU.
S.car
r
i
er
.Thi
si
ncl
udest
wi
cedai
l
ys
er
v
i
ce
t
oT
ok
y
oNar
i
t
a,wi
t
hcont
i
nui
ngs
er
v
i
cet
oSeoul
,i
nt
he
Republ
i
cofKor
ea,
andHongKong
,
andconnect
i
onst
o
Bangk
ok
,T
ai
peiand Si
ngapor
e. Uni
t
ed al
s
os
er
v
es
Os
ak
adi
r
ect
l
yf
r
om SanFr
anci
s
co. Cus
t
omer
smay
r
eachot
herci
t
i
esi
nt
heAsi
aPaci
f
i
cr
egi
ondi
r
ect
l
y
f
r
om SanFr
anci
sco,i
ncl
udi
ngHongKong
;Bei
j
i
ng
;
Shanghai
;and Sy
dney
,Aus
t
r
al
i
a. Uni
t
ed i
spr
oud t
o
ex
t
end i
t
sgl
obalnet
wor
kev
en f
ur
t
herf
orcus
t
omer
s
t
hr
oughmember
s
hi
pi
nt
heSt
arAl
l
i
ance
,
t
hel
ar
ges
tand
mostsuccessf
ulgl
obalai
r
l
i
ne al
l
i
ance. Uni
t
ed'
s
r
el
at
i
onshi
ps wi
t
h St
arAl
l
i
ance par
t
ner
s
,i
ncl
udi
ng
J
apan'
sAl
l
Ni
pponAi
r
way
s(
ANA)
,
ar
eani
mpor
t
antpar
t
ofhow t
he companydi
f
f
er
ent
i
at
es i
t
sel
ff
r
om U.
S.
compet
i
t
or
s
.
per
f
or
ms l
i
ne mai
nt
enance f
orJ
apan Ai
r
l
i
nes (
J
AL)
,
ANAandNi
pponCar
goAi
r
l
i
nes(
NCA)
,amongot
her
s
.
I
n 2005,Uni
t
ed was named“BestTr
anspaci
f
i
c
Ai
r
l
i
ne”i
nt
heOAG Ai
r
l
i
neoft
heY
earAwar
ds
,
“Bes
t
Nor
t
h Amer
i
can Ai
r
l
i
ne”byBusi
ness Tr
av
el
l
erAsi
a
Paci
f
i
c
,
“Bes
tNor
t
h Amer
i
can Ai
r
l
i
ne”byTTG As
i
a
and“BestAmer
i
can Ai
r
l
i
ne Ser
v
i
ng Chi
na”i
nt
he
i
naugur
al
Bus
i
nes
sT
r
av
el
l
erChi
nat
r
av
el
pol
l
.
Uni
t
ed woul
dl
i
k
et
o ex
t
end i
t
st
hank
s agai
nt
ot
he
J
apanese ChamberofCommer
ce and I
ndust
r
yof
Chi
cago f
ori
t
s par
t
ner
shi
p and t
he oppor
t
uni
t
yt
o
addr
es
st
heJ
CCC member
s
hi
pt
hi
smont
h. Uni
t
ed'
s
own member
s
hi
pi
nt
he J
CCC ex
t
endsbacks
ev
er
al
y
ear
s
,and t
he peopl
e ofUni
t
ed t
r
ul
y admi
r
et
he
i
mpor
t
antwor
kt
he Chamberdoesf
ort
he J
apanes
e
communi
t
yi
n Chi
cago and byex
t
ens
i
on,ar
ound t
he
wor
l
d.Uni
t
edwi
l
lcont
i
nuet
obal
ancet
hei
nt
er
es
t
sof
i
t
s cust
omer
s
,empl
oy
ees and i
nv
est
or
si
n ev
er
y
deci
s
i
on i
tmak
es
,and i
sa s
t
r
ongercompanyt
oday
t
hani
twast
hr
eey
ear
sago.Thank
st
oal
lofy
ouf
or
y
ourcont
i
nui
ngs
uppor
tandl
oy
al
t
yasUni
t
edcar
r
i
es
cus
t
omer
swher
et
heywantt
ogo
,
acr
os
st
hegl
obe.
Uni
t
edI
nvi
t
esJCCCMember
st
o.
.
.
*
T
ak
eadv
ant
ageofUni
t
ed'
sAs
i
anLanguageSer
v
i
ces
k
,of
f
er
i
ngcus
t
omer
sJ
apanes
el
anguages
er
v
i
ces
Wi
t
hmor
et
han20y
ear
soff
l
y
i
ngt
ot
heAs
i
aPaci
f
i
c Des
4265560f
r
om 8am -1am CST ever
y
day
.
r
egi
onandar
egi
onal
hubi
nT
ok
y
o
,
Uni
t
edi
ss
t
eadf
as
t
l
y at800Reapt
hebenef
i
t
sofUni
t
ed'
sawar
dwi
nni
ngMi
l
eage
commi
t
t
edt
ot
hi
spar
toft
hewor
l
d.Las
ty
ear
,Uni
t
ed *
® p
us
car
r
i
ed mor
et
han 5.
4 mi
l
l
i
on pas
s
enger
st
o/
f
r
om or Pl
r
ogr
am,
v
ot
edt
hebes
tf
r
equentf
l
y
erpr
ogr
am by
wi
t
hi
nt
he r
egi
on and now oper
at
es mor
et
han 400 Busi
ness Tr
av
el
err
eader
sf
ort
he pastni
ne y
ear
s
.
f
l
i
ght
saweekt
her
e. ByApr
i
l
,t
hecompanywi
l
lhav
e *
Ex
pl
or
eUni
t
ed'
ss
al
est
r
ans
f
or
mat
i
on,andl
etUni
t
ed
ex
pandedi
t
sAs
i
aPaci
f
i
cs
er
v
i
cebynear
l
y15% s
i
nce t
ai
l
ori
t
sser
v
i
cet
omeetcor
por
at
ecl
i
ent
s'busi
ness
Oct
ober2004,wi
t
hnewr
out
esandi
ncr
eas
edcapaci
t
y
, needs. To di
scuss oppor
t
uni
t
i
es,cont
actBet
t
y
and has pl
edged t
o cont
i
nue gr
owt
h and i
mpr
ov
e Al
z
amor
aat8477002039.
s
er
v
i
cet
ocus
t
omer
s
.Aspar
toft
hi
s
,Uni
t
ed'
sex
ci
t
i
ng
y
earaheadi
ncl
udesi
t
shi
ghl
yant
i
ci
pat
edmov
et
ot
he
new St
arAl
l
i
ancet
er
mi
nalatT
ok
y
o'
sNar
i
t
aai
r
por
ti
n
J
une
,enabl
i
ngs
moot
herconnect
i
onsandf
as
t
ert
r
ans
i
t
t
i
mesf
orpas
s
enger
s
.
Bey
ond passenger f
l
i
ght ser
v
i
ce,Uni
t
ed Car
go'
s
bus
i
nes
si
nt
he As
i
aPaci
f
i
c gener
at
es a s
i
gni
f
i
cant
por
t
i
onoft
hedi
v
i
s
i
on'
st
ot
alr
ev
enue-andJ
apani
s
oneofUni
t
edCar
go'
st
opf
ourmar
k
et
si
nt
hePaci
f
i
c
,
al
ongwi
t
hHongKong
,
Chi
naandAus
t
r
al
i
a.Uni
t
edal
s
o
理事会報告(3月度)
日 時:2006年3月14日(火)11:
30∼13:
30
場 所:広報文化センター
今回は特別にイリノイ州副知事 PatQui
nn氏による特別スピ
ーチが行なわれた。
2月に日本を訪問したQui
nn氏は主に日本の印象について述
べた。多忙なスケジュールの中、東京、横須賀、豊田、大阪な
どの都市を訪問したQui
nn氏は、日本のテクノロジーの高さと
日本人の省エネルギーへの意識の高さに感心したという。また
イリノイ州にあるGr
eenPr
oduct
sCompany
という企業が大豆から作った塗料を生産し
ており、環境問題に対応しているという興
味深い話しを披露した。シカゴの J
ohn G.
Shedd Aquar
i
umの屋根にもその塗料が塗
られているとのこと。日本を訪問した際、
日米関係が良好であることを実感し、益々
両者の関係を強化していくことが必要だと
した。最後に「アメリカは、もっと日本の
文化・教育・コミットメントの精神を学ぶ
べきだ」と締めくくった。スピーチ終了後
理事会参加者全員に握手をするという
f
r
i
endl
y
な人柄が印象的であった。
(1) 会員入会
正会員
社 名:TheRev
er
eGr
oup
,
Li
mi
t
ed
リビア グループ
代表者名:パークス、マイケル氏 (Mr
.MI
CHAELPARKS)
業 種:ビジネスコンサルティング、
I
Tソリューションズ、アウトソーシング
推薦会社:キマタ・パーソネル&コンサルタンツ、三菱倉庫
連 絡 先:325N.
LaSal
l
e
,
Sui
t
e325,
Chi
cago
,
I
L60610
TEL:
3128733400 F
AX:
3128733500
社 名:LSGl
obal
,
I
nc.
エルエスグローバル インク
代表者名:市瀬 誠一氏(Mr
.
SHI
GEKAZUI
CHI
NOSE)
業 種:主に医薬品の研究・開発に用いられる
物資、設備などの輸出及び輸入
推薦会社:東洋インキ製造、近畿日本ツーリスト
連 絡 先:999N.
Pl
azaDr
.
#675,
Schaumbur
g,
I
L60173
TEL:
8475171005 F
AX:
8475177577
社 名:Ni
s
s
hi
nSt
eel
USA,
LL
C
米国日新製鋼
代表者名:小林 肇氏(Mr
.
HAJ
I
MEKOBAYASHI
)
業 種:顧客への販売・技術サービス、市場情報収集
推薦会社:住友金属工業、新日本製鐵
連 絡 先:1701Gol
fRoad,Cont
i
nent
alTower3Sui
t
e1004
Rol
l
i
ngMeadows
,
I
L60008
TEL:
8472905100 F
AX:
8472900826
社 名:Cal
pi
sU.
S.
A,
I
NC.
カルピス U.
S.
A
代表者名:加藤 将也氏(Mr
.
MASAYAKATO)
業 種:飼料添加物・飲料の販売・マーケティングサポート
推薦会社:伊藤忠アメリカ、アメリカ味の素
連 絡 先:2020E.
Al
gonqui
nRd.
Sui
t
e305
Schaumbur
g
,
I
L60173
TEL:
8479259185 F
AX:
8479259185
賛助会員
社 名:Ameri
canI
nt
ernat
i
onalGr
oup,I
nc.JapaneseCorpor
at
eSol
ut
i
ons
アメリカン インターナショナル グループ インク
代表者名:宇野 耐三氏(Mr
.
T
AI
ZO UNO) 業 種:世界130以上の国と地域で事業展開する
世界最大の保険・金融サービス・カンパニー
推薦会社:東京海上日動火災保険、住友金属工業
連 絡 先:300Sout
hRi
v
er
s
i
dePl
az
a,
Sui
t
e2100
Chi
cago
,
I
L60606
TEL:
3129305300 F
AX:
3124669769
社 名:Gal
ax
i
eFi
nanci
al
Gr
oup
,
I
nc.
ギャラクシー ファイナンシャル グループ
代表者名:アレン 由香氏(Ms
.
YUKA ALLEN) 業 種: AnHRpr
ovi
derser
vi
ngcompani
esf
r
om smal
lt
omi
dsi
ze.
推薦会社:キッコーマン・フッズ、
キマタ・パーソネル&コンサルタンツ
連 絡 先:140S.
Dear
bor
n,
Sui
t
e320
,
Chi
cago,
I
L60603
TEL:
3126285880 F
AX:
3127820885
個人会員
氏 名:井上 馨氏(Mr
.
KAORUI
NOUE)
推薦会社:富士機械製造、三菱電機
連 絡 先:920ChaucerWay
,
Buf
f
al
oGr
ov
e
,
I
L60089
TEL:
8478218488 F
AX:
8472554343
氏 名:シンプキンス、アレン氏(Mr
.AARONSI
MPKI
NS)
推薦会社:日本生命、日本興亜損害保険
連 絡 先:1933N.
Wi
nds
ong
,
Schaumbur
g
,
I
L60194
TEL:
8478841428
氏 名:バーリーン、スティーブン氏(Mr
.STEVENBARLEEN)
推薦会社:日本航空インターナショナル、
キマタ・パーソネル&コンサルタンツ
連 絡 先:316Par
k
erSt
.
,
Sy
camor
e
,
I
L60178
TEL:
8158997180
氏 名:北澤 弘子氏(Ms
.
HI
ROKO KI
T
AZAWA)
推薦会社:日本郵船、タケダファーマシューティカルズ
連 絡 先:1201E.Hi
ggi
nsRd.
,El
kGr
ov
eVi
l
l
age,I
L60007
TEL:
8474372222 F
AX:
8474373933
氏 名:西沢 秀之氏(Mr
.
HI
DEYUKINI
SHI
ZAWA)
推薦会社:日本興亜損害保険、東京海上日動火災保険
連 絡 先:P
.
O.
Box72934,
Ros
el
l
e
,
I
L60172
TEL:
9179691300 F
AX:
8475349934
氏 名:高垣 昌巳氏(Mr
.
MASAMIT
AKAGAKI
)
推薦会社:巴川製紙所、東京海上日動火災保険
連 絡 先:610Li
ndenAv
e.Wi
l
met
t
e
,
I
L60091
TEL:
8472562734 F
AX:
8472562734
(2)会員退会
個人会員
氏 名:伊藤 泰彦氏(都合により)
氏 名:守田 光重氏(既に勤務先が正会員として登録済み)
(3)会員区分変更
賛助会員→個人会員
クラフト・フーズ 長谷川 都氏
住友金属工業(英文会社名のみ変更)
(旧)Sumi
t
omoMet
al
USACor
por
at
i
on
(新)Sumi
t
omoMet
al
USAI
nc.
アメリカン・クリスタル(3/
15より)
(旧)アメリカン・クリスタル Amer
i
canCr
y
s
t
al
,
I
nc.
(新)タック ワールドワイド
T
ACWor
l
dwi
deCompani
es
【会員資格変更】理事会員→普通会員
鹿島
佐藤 紀之氏(Mr
.
NORI
YUKISATO)
タック ワールドワイド
下竹 祐三郎氏(Mr
.
YUZABURO SHI
MOT
AKE)
<報告事項>
(1)2006年度 会員総会/新年会 実施報告
<3月度理事異動>
【理事異動】
J
TBUSA (旧)久保 哲也氏 (Mr
.
TETSUYA KUBO)
(新)吉野 真史氏 (Mr
.
MASAFUMIYOSHI
NO)
米国安川電機
(旧)濱田 淳一氏 (Mr
.
J
UNI
CHIHAMADA)
(新)久藤 元氏 (Mr
.
GENKUDO)
東洋インキ製造
(旧)大春 敬氏 (Mr
.
T
AKASHIOHARU)
(新)森田 真治氏(Mr
.
SHI
NJ
IMORI
T
A) 日本生命保険
(旧)有村 寛氏 (Mr
.
HI
ROSHIARI
MURA)
(新)庄司 靖浩氏(Mr
.
YASUHI
RO SHOJ
I
)
【理事就任】
トライスター商工業不動産 沖川 泰子氏(Ms
.
YASUKO OKI
GAWA)
米国日新製鋼 小林 肇氏(Mr
.
HAJ
I
ME KOBAYASHI
)
【社名変更】
あいおい損害保険(英文会社名のみ変更)
(旧)Ai
oi
I
ns
ur
anceCo.
,
L
t
d.
(新)Ai
oi
I
ns
ur
anceCompanyofAmer
i
ca
(2)J
CCC基金関連
・6/
18(日)シカゴ来訪10回
「桂三枝創作落語独演会」実施について(NW大学)
・7/
9(日)チャリティゴルフ(インディアンレイクス)
(3)商工業政策運営委員会関連
・1/
26(木)金融部会主催「信用保険による売掛
債権保全セミナー」
・3/
25(土)物資食料部会主催「子育てセミナー」
(4)渉外PR委員会関連
・2005年度 J
EEP派遣学校区について
・3/
25(土)第20回日本語弁論大会
(在シカゴ日本国総領事館主催、広報文化センター)
(5)セミナー・見学会等
・3/
9(木)アボット社工場見学ツアー(日米協会共催)
・3/
15(水)アメリカ法務関連セミナー
(ジェトロシカゴ共催)
(6)運動部関連
・2006年度J
CCCゴルフ開催スケジュール
シカゴホワイトソックス球団 ダイヤモンドSui
t
eルームのご案内
(7)事業報告・予定一覧
(8)イリノイ会(06年度イリノイ会役員/
冬のツア−報告/月例ゴルフご案内)
(9)総領事館からのお知らせ
JCCC月例ゴルフ(5・6月度)ご案内
申込方法 :① emai
l
でのお申し込み:J
CCCホームページ(ht
t
p:
/
/
www.
j
cccchi
.
or
g)から参加申込書をダウンロー
ドいただけます。必要事項をご記入後、申込書を各月大会の主幹事へ emai
l
送信下さい。チェッ
ク(Pay
abl
et
o下記主幹事)を主幹事までご郵送下さい。
②郵送でのお申し込み:申込書にチェック(Pay
abl
et
o下記主幹事)を添えて各月大会の主幹事まで
お申し込みください。
*メンバーリスト等を emai
lでお送りいたしますので、必ずemai
lAddr
essをご記入下さい。
参 加 費 :5月:
$75/
人(ゴルフ・カート及び賞品代を含む、飲食代は自己負担)
6月:
$72/
人(ゴルフ・カート及び賞品代を含む、飲食代は自己負担)
定 員 :36人(定員になり次第締め切りますのでお早めにお申し込み下さい)
申込締切 :5月大会5月3日/6月大会6月2日(締切厳守)当該日以降のキャンセルについては参加費の払い
戻しのできない場合もございますので予めご了承下さい。
5月14日(日)スタート時間:11:
00AM
6月11日(日)スタート時間:9:
30AM
場 所:Ruf
f
l
edFeat
her
sGC
6302571000
1Pet
eDy
eDr
i
v
e
L
emont
,
I
L60439
主幹事:Mr
.
Naoj
i
Ki
mur
a
T
el
:
8479130162
emai
l
:
ni
ck
k
@f
uj
i
amer
i
ca.
com
Fuj
i
Amer
i
caCor
por
at
i
on
171Cor
por
at
eWoodsPar
k
way
Ver
nonHi
l
l
s
,
I
L60061
場 所: Ody
s
s
eyCount
r
yCl
ub
7084297400
19110Sout
hRi
dgel
andAv
e.
Ti
nl
eyPar
k
,
I
L60477
主幹事: Mr
.
Hi
r
os
hi
I
s
hi
mot
o
T
el
:
8472909680
emai
l
:
i
s
hi
mot
ohi
r
os
hi
@ms
n.
com
Mat
s
ui
Amer
i
caI
nc.
1250Wes
tL
untAv
enue
El
kGr
ov
eVi
l
l
age
,
I
L60007
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー キリトリ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
JCCC月例ゴルフ(5・6月度)参加申込書
〔 〕 5月14日(日)開催のJ
CCCゴルフに参加します。(印をつけて下さい)
〔 〕 6月11日(日)開催のJ
CCCゴルフに参加します。(印をつけて下さい)
Company
(和)
(英)
Addr
es
s
(*必ずご記入下さい)
Emai
l
Name(
和)
(英)
Name(
和)
(英)
合計 人分 $ のチェックを添えて申し込みます。
☆ 5・6月のいずれにも参加される場合は、上記申込書をコピーの上、各月の幹事宛にご送付下さい。
JCCC女子ゴルフ(4・5月度)ご案内
開催日
開催場所
4月24日(月)
Mapl
eMeadowsGol
fCour
s
e
271S.
Addi
s
onRd.
WoodDal
e,
I
L 60191
(
630)6168424
5月15日(月)
Buf
f
al
oGr
ov
eGol
fCl
ub
www.
buf
f
al
ogr
ov
egol
f
.
com
48RauppBl
v
d.
Buf
f
al
oGr
ov
e,
I
L60089
(
847)4595520
J
CCC女子ゴルフでは、現在参加者を大募集しております。ハンディキャップ制です
ので初めて参加される方も、入賞のチャンスがあります(副賞はミツワ・マーケット
ギフト券)! 皆様お誘いあわせの上、ふるってご参加下さい。申し込みご希望の方
は、連絡担当の正木智恵さん(6309800127)へご連絡下さい。
JCCC テニストーナメント結果
男子ダブルス決勝
丸田・小部(優勝)8-4 川野・青葉(準優勝)
男子ダブルス準決勝
丸田・小部 8-3 野村・妹尾
川野・青葉 9-7 加藤・小形(3位)
2/
26男子ダブルス準優勝ペア
ミックスダブルス決勝
加藤・神戸(優勝)8-4 小河・中村(準優勝)
2/
26男子ダブルス優勝ペア
ミックスダブルス準決勝
加藤・神戸 8-2 奥野・沼田(3位)
小河・中村 8-5 西出・西出
場所はいずれも
Schaumbur
gT
enni
sPl
us
3/
5ミックスダブルス
Mar
wenFoundat
i
on
Mar
wen「学校と教師との
パートナーシップ」プログラム
訪問先:Mar
wenFoundat
i
on
対象プログラム:Mar
wen「学校と教師との
パートナーシップ」プログラム
交付額:$5,
000
シカゴのリバーノース付近を散歩したことがある人な
ら、間違いなく誰もが点在する無数のアート・ギャラリ
ーを見る。アート・ギャラリーでは、多くのシカゴ在住
のプロ現代芸術家による最新の作品が展示してある。し
かし、すぐにはそうとはわからないものが、多くのギャ
ラリーの中に取り囲まれて、アート・センターにある。
それがMar
wenである。Mar
wenは、資金的に恵まれない
環境に育つシカゴの若者の芸術的才能と視覚的美学の発
達を助け、彼らにいつの日かプロの芸術家になる機会を
与えることに貢献している。
非営利芸術教育機関
のエグゼクティブ・デ
ィレクター、Ant
oni
o
Cont
r
o氏 に よ る と
「Mar
wenの基本的使
命は、シカゴの恵まれ
ない環境に育つ若者に
対して、放課後もしく
は週末に高レベルの芸
術教育と就職・進学に
関するアドバイスを提
供することです。経験
に基づく観察力、他人
の経験談、多くの評価
を通して、芸術とはク
リエイティブなものを
創るだけではなく、チ
ームワークにも従事す
ることなのだと若者に考えるきっかけを与えます。芸術
によって若者は、色々な角度から、また批評的に物事を
考え、道徳観を学び、より学術的な作品をつくり、将来
多くの作品をつくれるという見方ができるのです。」
昨年10月、Mar
wenは、2005∼6年度「学校と教師との
パートナーシップ」というプログラムに対して、JCCC
基金より学生の発展と功績のための交付金として5千ド
ルを受け取った。教育予算削減のために美術プログラム
費が削減されたシカゴ公立高校3校からの学生は、
JCCC基金から交付金を授与されたプログラムによって
Mar
wenスタジオで、機関のプロの教師による美術の授業
を取ることができる。シカゴ公立高校教育局(CPS)
は、3校が美術教育に対しての規定教科課程の目標を達
することができるよ
うに、Mar
wenに新
しいプログラムをつ
くるように頼んだ
後、このパートナー
シップのプログラム
はつくられた。
それぞれの参加し
ているパートナー学
校の興味や教科課程
の目標に重点をおき
ながら、Mar
wenの
授業は、デッサンで
の初歩的アートメー
キングコースから建
築デザインまでの上
級コースまで及ん
だ。Mar
wenの美術
の教師が各パートナー学校のユニークなニーズに合わせ
て教えられるように、教科課程の目的を明確化し、目標
に見合う美術教育プログラムを発展させることに対して
各学校の教師と校長は直接Mar
wenプログラムのスタッフ
と取り組んでいった。例えばNet
t
el
hor
st
小学校からの生
徒は、今年度大型サイズの肖像画と彫刻を造る授業を取
る。一方Lane 技術高校からの生徒は建築の授業に参加
し、シカゴ市の建築オフィスを訪問し、最終的にプロの
建築家の委員団へ作品を提示する。
Mar
wenで授業を取った高校生のMay
r
aはこう語ってく
れた。「Mar
wenに行くといつも自分の中で何かがカチッ
と音をたてるの。ここにいるとやる気がでてくるのよ。
先生たちが本当によく面倒をみてくれるからだと思う
わ。先生は、私たちが何を考えているのかを知りたがっ
ている。私たちが
「どんな風に造る
のか」ではなく、
「なぜ造っている
のか」を知りたが
っている。ここで
は私がやりたいこ
とに対して、他の
所よりもっと自由
があるの。」
JCCC基金積立ご協力
ご協力頂きました方に、心から御礼申し上げます。
J
anuar
y26,
2006
$1,
000.
00
Cal
s
of
tSy
s
t
ems
Febr
uar
y24,
2006
$1,
000.
00
Al
t
ak
,
I
nc.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
70
File Size
691 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content