close

Enter

Log in using OpenID

運転音の測定に関する技術的解説

embedDownload
<参考資料>
運転音の測定に関する技術的解説
出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会
運転音の測定に関する技術的解説
運転音の表示には
(1)任意の位置における音圧を基にした
「音圧レベル(騒音レベル)
あるいは、
(2)音源の音響エネルギーを基にした
「音響パワーレベル」
が用いられます。
これまで、日本におけるルームエアコンの 運 転 音 表 示は、JIS C 9612:
2005に基づいて、
「音圧レベル(騒音レベル)
」での表示をしてきましたが、
この度JIS C 9612が 改 正(2013.4.22)され、運 転音の表示は「音響パワー
レベル」での表示に変更されました。欧米においては、以前よりエアコンの
実用的な運転音の表示として
「音響パワーレベル」が使われています。
これからの新しい運転音表示
●
音響パワーレベル
〈sound power level〉
とは
音源が発する音響エネルギーの大きさを基にした量です。
音響パワーレベルは音源との距離や方向などの位置関係によらず、運転音
の大きさによって一義的に決まりますので、製品から発生する運転音がよ
り正確に表示されます。
音源が周囲に発する
全音響エネルギーを測定するので、
運転音の大きさにより一義的に決まる
これまでの運転音表示
●
音圧レベル
(騒音レベル)
〈sound pressure level〉
とは
音源から発生した音のある1点における音の大きさ(音圧)を基にした量
です。
音圧レベル
(騒音レベル)は、
以 前 のJIS C 9612:2005
で規定された測定点におけ
る値です。
実際は音源から発生する運
転音が同じでも、音源との
距 離 や 方 向 などの 位 置 関
測定する位置(音源との距離や方向)によって
音圧レベル(騒音レベル)が異なる
係によっても変化します。
− 45 −
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
787 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content