close

Enter

Log in using OpenID

第 28 講 - 中医学の Doctor Frog`s Library

embedDownload
Master Frog's Library - 東洋医学概論 第 28 講
第 28 講
病理と病証 Ⅸ 臓腑弁証・六腑病証
【 病理と病証 Ⅸ 】
教科書 P.82~84
【 六腑弁証 】
『 胆の弁証(病証)
』
復習.
『 胆の生理機能 』
① 蔵精汁:胆は精汁(胆汁)を貯蔵・排泄する働きを持つ。
② 主勇怯:胆は勇気を主り度胸・精神的刺激に対する抵抗力の基礎になっている。
[主な病機]
肝の疏泄失調
中 焦 湿 熱
胆の精汁 貯蔵・排泄機能の低下・失調
[ 症 状 ]
脇下部脹痛、腹部脹痛、口苦、黄疸、脈弦
※ 稀に胆虚証が現われる → 少しのことで驚く、強い不安感、優柔不断
* 胆の気鬱 → 脇腹部脹痛
* 精汁上泛 → 口苦
* 精汁が皮下に漏れる → 黄疸
『 胃の弁証(病証) 』
復習.
『 胃の生理機能 』
① 受納・腐熟:水穀を受け入れ初期消化を行う。
② 降濁:水穀の濁を小腸へ降ろす。
[主な病機]
感受寒邪
過食冷涼
感受熱邪
過食辛辣
熱
病
久
嘔
胃 寒
胃 熱
(傷陰)
食べ過ぎ
(降濁作用の低下)
食 滞
胃陰虚
- 93 -
Daisuke watanabe
Master Frog's Library - 東洋医学概論 第 28 講
病理と病証 Ⅸ 臓腑弁証・六腑病証
[ 症 状 ]
胃脘部・上腹部痛、食欲減退・亢進、消化不良、噯気、悪心嘔吐、呃逆
* 胃気上逆 → 噯気、悪心嘔吐、呃逆
① 胃寒証
実
寒:胃脘部痛(強い痛み、冷痛、拒按喜温)+ 実寒症状
虚寒(少見):胃脘部痛(鈍痛、喜按喜温、食後に軽減)+ 虚寒症状
② 胃熱証
実
熱:胃脘部痛(灼熱痛、拒按喜冷)、消穀善飢、口臭 + 実熱症状
虚
熱:胃脘部痛(喜按喜冷)、嘈雑、知飢不食 + 虚熱症状
(胃陰虚)
③ 食滞:「食積」ともいう
:食欲不振、厭食、呑酸、噯腐、大便酸臭、舌苔厚膩、脈滑
『 小腸の弁証(病証) 』
:小腸単独の病証は少なく、一般的に[ 心火亢進証 ][ 脾陽虚証 ]の一部として捉えられて
いる。
[主な病機]
心 の 熱
湿
熱
過食辛辣
ストレス
熱
気鬱気滞
小腸実熱
化熱
飲食不節
労
倦
(脾陽虚)
小腸虚寒
過食生冷
- 94 -
Daisuke watanabe
Master Frog's Library - 東洋医学概論 第 28 講
病理と病証 Ⅸ 臓腑弁証・六腑病証
[ 症 状 ]
① 小腸実熱(心火亢進証の一部)
:心煩口渇、口舌生瘡、小便赤渋、尿道灼痛、血尿、舌紅苔黄、脈数
② 小腸虚寒(脾陽虚証の一部)
:食後の腹脹、下痢、腹鳴、温めると軽減
等
『 大腸の弁証(病証) 』
:大腸の働きは[ 糟 粕 ]からの水分吸収と排泄である。
[主な病機]
熱
病
津液損傷
加
齢
津液不足
産
後
血・津液不足
感受湿熱邪
飲食不節
脾失健運
大腸が滋潤を失う [大腸液虧]
大腸に湿熱蘊結
内湿化熱
[大腸湿熱]
[ 症 状 ]
① 大腸液虧
:大便燥結・排出困難、舌紅少津、苔黄燥
② 大腸湿熱
:腹痛、膿血便、裏急後重、或いは突然の激しい下痢、肛門灼熱痛、口渇不欲飲、尿短赤、
舌紅、苔黄膩、脈滑数・濡数
- 95 -
Daisuke watanabe
Master Frog's Library - 東洋医学概論 第 28 講
病理と病証 Ⅸ 臓腑弁証・六腑病証
『 膀胱の弁証(病証) 』
[主な病機]
感受湿熱邪
飲食不節
脾失健運
膀胱に湿熱蘊結
内湿化熱
[膀胱湿熱]
[ 症 状 ]
① 膀胱湿熱
:尿意切迫、頻尿、排尿痛、尿しぶり、尿混濁、血尿、小腹部脹痛、或いは発熱・腰痛、
或いは尿結石、舌紅、苔黄膩、脈滑数・濡数
※ 癃閉(排尿不利)、遺尿、尿失禁 等の症状は腎陽虚証や腎気不固証等による症状として
捉えられる。
『 三焦の弁証(病証) 』
:三焦の働きは[ 気 ][ 血 ][ 津 液 ]の代謝を順調に行うことである。
故に三焦の病証とは
上 焦:肺・心
中 焦:脾・胃
それぞれの気血津液代謝に関する機能失調を指す。
下 焦:腎・小腸・大腸・膀胱
- 96 -
Daisuke watanabe
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
105
File Size
121 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content