close

Enter

Log in using OpenID

映像美学(記号論)

embedDownload
槌橋 雅博
教養 講義 1∼4年次 前期 2単位
授業目的・方針、到達目標
映像制作の基本理念として要求される映像美学と映像哲学を、制作者の見地から分
析・解説する授業です。クリエイターとして活動して行くために必要な発展的創造性の
確固たる地盤を身に付ける事を目標とします。各回、映像作品の一部を鑑賞しながら学
習します。
授業内容
1:芸術創造の必然性: ニーチェの概念「力への意志」と創造行為の本質
2:美的概念の基本構造:ディオニュソス的な美とアポロン的な美
3:象徴と文化構造: 美における根源的イメージと文化のシステム
4:色彩と陰影: 人類が太古から受け継いで来た色彩に対する諸概念
5:フレームと構図: 絵画作品や映画作品の構図分析と美しい「画角」
6:運動イメージ: ドゥルーズの映画解釈から、ベルクソンの存在論を学ぶ
7:時間イメージ: ドゥルーズの映画解釈から、芸術的映像理念を学ぶ
8:映像の価値転換: ポスト・モダニズムとヌーベル・ヴァーグ以降
9:サウンドの生命力: 音の根源的価値、音楽と映像の密接な関係
10:演出のメカニズム: 様々な演出理論、演出技法から美の在り方を学ぶ
11:演出の美意識: 音楽的演出法、絵画的演出法などから美しい演技を学ぶ
12:記号論と編集技術: モンタージュを記号論と言語ゲーム論から理解する
13:映像の身体性: 身体論の基礎を理解し、映像における身体表現を学ぶ
14:生命の飛翔: ニーチェの概念「生成の無垢」から映像理念を学ぶ
15:映像美学の総括: 「純粋身体」としての映画について学ぶ
準備学習
授業に臨むにあたり特別な準備は必要ありませんが、疑問点は後日まで残さないよう
に努めてください。
評価方法
授業で学習した映像美学に基づいて、映像、ビジュアル、音響、言語、映像などのメ
ディアで創作した課題作品(50%)と、出席(50%)による評価。
参考テキスト
『シネマ1』
『シネマ2』ジル・ドゥルーズ著 法政大学出版局
『ツゥラトゥストラ 上』
『ツゥラトゥストラ 下』ニーチェ著 ちくま学芸文庫
『生成の無垢 上』
『生成の無垢 下』ニーチェ著 ちくま学芸文庫
−219−
基 礎 分 野
映像美学(記号論) 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
115 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content