close

Enter

Log in using OpenID

(日本の新成長戦略(基本方針)の全般的方向性に関する懸念含む)

embedDownload
成長に向けて 2010
日本の潜在成長力向上のための
構造改革
構造改革:OECDの視点
視点
2010年3月26日 東京
2010年3月26日、東京
ピエール・カルロ・パドアン
OECDチーフエコノミスト
概要
OU
UTLINEE
• 3月10日パリで刊行された『成長に向け
て2010年版』の概説。
• 『成長に向けて』は日本について何を
述べているか。成長のための5つの優
先課題。
• 日本の「新成長戦略(基本方針」に関
するOECDの視点。
GO
OING FOR GR
ROWTH
H
『成長に向けて』のアプ
『成長に向けて』のアプローチ
チ
•
パフォーマンスと政策のベンチマークに基づく定期
的な各国横断的な構造的調査
― 各国一律の勧告を避ける。
各国 律の勧告を避ける。
•
主要目標:1人当たりGDPと生活水準の引き上げ。
•
明確なベンチマーキングに基づく5つの優先的政策
課題(うち2つは国別審査に基づいて決定される)。
9
•
労働生産性と労働
労働生産性と労働利用率を高める措置を重視
率を高める措 を重視
政策勧告 実施状況を
政策勧告の実施状況をモニター。
タ 。
ACTIO
ONS TA
AKEN
01
0.1
01
0.1
0.0
0.0
0.2
Healthcare costs
Overall
follow-through
rate
Activation policies for
long‐term unemployed
0.3
Financial disinceentives
to continue to w
work …
0.4
Labour taaxation
0.4
Employmeent protection legislation
0.5
Wage formatio
on and min. cost of labour
0.5
Finaancial
disinceentives…
0.6
Housing p
policies
0.6
Disabilitty and sickness b
benefit
Innovvation poliicies
労働生産性を高める措置
Unemployment benefits
U
Source: OECD, Going for Growth.
Rule o
of law
Publlic infrastru
ucture
Public ssector efficieency
Tax syystem
Agricu
ulture
0.2
Human ccapital
Product m
market regulation
『成長に向けて』のフォローアップ
2005年以降の政策分野横断的な勧告
労働利用率を高める措置
0.3
Overall
followthrough rate
ENHA
ANCED
D ENGA
AGEMEENT CO
OUNTR
RIES
『成長に向けて』を
OECD加盟国以外にも拡大
•
2010年版は関与強化国-ブラジル、中国、インド、インドネ
シア、南アフリカ-に関する章を設けている。
9
G20の全ての国へと拡大する可能性;『成長に向けて』はG20の
『成長のための枠組み』に情報を提供。
•
課題:OECDの手法を用いた指標の作成、各手法の調整、
新政策領域への拡張。
•
結論:関与強化国はいくつかの分野(人的資本の蓄積)で
結論
関与強化国はいく かの分野(人的資本の蓄積)で
大幅な進展を見せているが、労働生産性の格差を縮める
ためには製品市場規制 財産権 金融の深化 非正規部
ためには製品市場規制、財産権、金融の深化、非正規部
門などに課題がある。
所得差は大幅な生産性格差を反映している
OECDの高所得国に対する所得格差の内容
INCO
OME GA
APS
OECDの上位半数国に対する
1人当たりGDPの格差(%)1
Source: OECD, Going for Growth.
労働力利用率の格差(%)2
労働生産性の格差(%)3
日本はOECDの上位国との労働生産性格差が
G7で最も大きい
OECDの高所得国に対する所得格差の内容
1人当たりGDPの格差(%)1
Percentage gap for GDP
per capita ¹
労働力利用率の格差(%)2
Percentage gap for labour
resource utilisation ²
労働生産性の格差(%)3
Percentage gap for labour
productivity ³
United States
INCO
OME GA
APS
Canada
United Kingdom
Germany
Japan
France
EU19
Italy
-30-25-20-15-10 -5 0 5 10 15 -25 -20 -15 -10 -5
1.
0
5 10 -25 -20 -15 -10 -5
0
5 10
Relative to the simple average of the highest 15 OECD countries in terms of GDP per capita, based on 2008 purchasing power parities (PPPs). The
sum of the percentage gap in labour resource utilisation and labour productivity do not add up exactly to the GDP per capita since the decomposition
is multiplicative.
2. Labour resource utilisation is measured as total number of hours worked divided by the population.
3. Labour productivity is measured as GDP per hour worked.
Source: OECD, Going for Growth.
POSST‐CRISSIS PRIIORITIES
2010年版で特定されたOECD諸国の
金融危機後の構造的優先課題
•
金融市場規制を改善する。
•
短期の景気と雇用創出を押し上げるため参入障壁を撤
廃する。
廃する
•
雇用回復を促進するため雇用保護を緩和する。
•
長期失業者向けのスキルと求職へのインセンティブを高
める。
める
•
長期失業者の労働力からの撤退を促す要因を削減す
る。
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
『成長に向けて』2010年版
-日本の優先的政策課題
•
競争政策の強化と規制改革の推進によりサービス業の競
争拡大を促進する。
•
雇用保護規則の改正により労働市場の柔軟性を高める。
非正規雇用への不公正な待遇を撤廃する。
非正規雇用への不公正な待遇を撤廃する
•
間接税・固定資産税への依存度を高め、法人税率を引き
下げ 直接税の課税ベースを拡大する
下げ、直接税の課税ベ
スを拡大する。
•
外国投資規制をさらに緩和する。
•
生産を歪め、農家の効率性を促進しない農業保護を削減
する。
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
6
6
5
5
4
4
3
3
2
2
1
1
0
0
-1
-1
Source: OECD (2010), STAN Database.
Icel
eland
Irel
reland
Pol
oland
Cz
public
Czech Repu
Hung
ngary
Norw
orway
2000-2007
United Sta
States
Un
United Kingd
gdom
Ko
Korea
Swe
eden
Austr
stralia
Gre
reece
Luxembo
bourg
Netherla
rlands
Jap
apan
Belg
lgium
Can
anada
Finl
inland
Fra
rance
Aus
ustria
Denm
nmark
Germ
rmany
Slo
public
Slovak Repu
Switzerl
erland
Portu
rtugal
Italy
I
Spain
Sp
日本のサービス分野の
労働生産性の伸びは上位国より低い
1995-2000
日本の非正規労働者比率は急上昇している¹
Annual percentage change
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
15
Per cent
35
Regular workers excluding executives (left scale)
Non-regular workers (left scale)
Share of non-regular workers (right scale)
10
30
5
25
0
20
-5
15
1986 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 2004 2006 2008
1. Data are for February for each year through 2001 and for the first quarter in 2002 and onward.
Source: Ministry of Internal Affairs and Communications, Labour Force Survey.
日本の法人税率はOECD諸国で最も高い¹
Per cent
Per cent
60
50
50
2000
2009
OECD average in 2000 and 2009
40
40
30
30
20
20
10
10
1. Basic combined central and sub-central (statutory) corporate income tax rate. Averages are un-weighted.
Source: OECD (2010), Tax Database (www.oecd.org/ctp/taxdatabase).
IRL
ISL
SVK
POL
TUR
HUN
CZE
CHE
KOR
GRC
DNK
AUT
NLD
FIN
SWE
PRT
ITA
GBR
NOR
MEX
LUX
ESP
NZL
AUS
DEU
CAN
BEL
FRA
0
USA
0
JPN
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
60
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
0
Source: OECD, Taxing Wages 2007-2008 Database.
J
JPN
S
SVK
K
KOR
F
FRA
N
NOR
A
AUT
P
PRT
U
USA
B
BEL
P
POL
G
GBR
E
ESP
G
GRC
C
CHE
L
LUX
T
TUR
D
DNK
C
CZE
ITA
D
DEU
FIN
ISL
S
SWE
M
MEX
N
NZL
N
NLD
IRL
H
HUN
C
CAN
AUS
A
日本は2008年に所得税率を課される
賃金所得の比率がOECD諸国で最も低か た
賃金所得の比率がOECD諸国で最も低かった
Per cent
100
OECD average
80
60
40
20
日本は対内直接投資残高のGDP比が
OECD諸国で最も低い国の1つ
2008年またはデータを入手可能な直近年
Per cent
100
100
80
80
60
60
OECD average
Source: OECD, Economic Globalisation Indicators Database.
NLD
NL
CHE
CH
IRL
IR
SWE
SW
HUN
HU
CZE
CZ
ISL
IS
NZL
N
DNK
DN
GBR
GB
PRT
PR
ESP
ES
AUT
AU
POL
PO
FRA
FR
FIN
F
AUS
AU
CAN
CA
NOR
NO
DEU
DE
TUR
TU
0
USA
US
0
ITA
IT
20
GRC
GR
20
KOR
KO
40
JPN
JP
40
MEX
ME
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
Per cent
日本の農業生産者保護は
OECD平均のほぼ2倍
2006~08年の平均
Per cent
60
A. Producer support estimate¹
60
A 生産者保護推計 1
A.
50
30
30
20
20
10
10
NO
OR
KO
OR
CH
HE
ISL
0
JPN
PN
TU
UR
CA
AN
ME
EX
US
SA
AU
US
NZZL
0
EU³
EU
40
OEC
ECD
40
Ratio
Ratio
2.5
2.5
B. Nominal protection coefficient²
2.0
B. 名目生産者保護率 2
2.0
KOR
ISL
NOR
JPN
CHE
0.0
TUR
0.0
OECD
0.5
EU³
0.5
CAN
1.0
MEX
1.0
USA
1.5
NZL
1.5
AUS
JAPAN
N RECO
OMMENDATIONS
50
Per cent
1. The producer support estimate is an indicator of the value of monetary transfers to agriculture resulting from agricultural policies. It is presented as a
share of the total value of production at domestic producer prices.
2. The nominal protection coefficient is a measure of market protection defined as the ratio between the average prices paid by consumers and
international price.
3. EU15 for 1995-2003, EU25 for 2004-06 and EU27 from 2007.
Source: OECD (2009), Agricultural Policies in OECD Countries 2009: Monitoring and Evaluation.
「需要」からの成長~豊かな国民生活を目指して~
- GDP成長率: 名目3%、実質2%を上回る成長(2020年度までの平均)
- 失業率: 3%台 への低下(中期的)
を目指す
強みの発揮
フロンティアの開拓
観光・地域活性化
アジア
健康
(医療・介護)
環境・エネルギー
JAPAN’S DR
RAFT SSTRATEEGY
- 名目GDP: 2009年度473兆円(見込み)を 2020年度650兆円程度
需要創出
成長を支えるプラ トフ
成長を支えるプラットフォーム
ム
科学・技術
雇用・人材
JAPAN’S DR
RAFT SSTRATEEGY
日本の「新成長戦略(基本方針)」
•
「戦略基本方針」は日本の強みと比較優位を踏まえたもので、環境、
健康、観光という3 の主要な潜在的成長源に焦点を絞り込んでい
健康、観光という3つの主要な潜在的成長源に焦点を絞り込んでい
る。
•
「戦略基本方針」は日本の際立った強み、特に人材・研究開発(R&D)
への高水準の投資と顕著な教育成果を活用することによる明確かつ
高水準 投資
著な教育成 を
す
確
大胆な将来ビジョンを提示している。
•
成長を支えるプラットフォームとして科学、技術、イノベーションが「戦
成長を支えるプラットフォ
ムとして科学 技術 イノベ ションが「戦
略基本方針」で重視されているのは非常に喜ばしい。
•
日本が直面している人口動態上の課題に対処するため、親に対する
子供の養育費の助成やその労働力参加を高めるための施策が「戦
略基本方針」に盛り込まれているのは適切なことである。
•
「戦略基本方針」が特に大学の自律性を高めることによって高等教育
「戦略基本方針
が特 大学 自律性を高める と よ
高等教育
を改革する必要があると強調しているのは正しい。
P
POTENT
TIAL O
OUTPUT GRO
OWTH
人口動態的要因を考えると、
日本の潜在
日本の潜在GDP成長率は比較的低い
成長率は比較的低い
年率平均、%
潜在GDP成長率
潜在雇用成長率
潜在労働生産性成長率¹
Canada
C
France
Germany
Italy
Japan
U it d Ki
United
Kingdom
d
United States
2011-17
16
1.6
1.2
1.3
1.2
0.9
21
2.1
2.2
2011-17
0
0.4
0.0
-0.1
-0.1
-0.7
02
0.2
0.6
2011-17
12
1.2
1.2
1.3
1.3
1.7
19
1.9
1.5
Euro area
OECD average²
1.4
2.0
0.1
0.2
1.3
1.7
1. Output per employee.
2. For 24 OECD countries.
Source: OECD Economic Outlook 86 database.
Japan
Source: OECD, STI Database (2010).
EU-27
Portugall
Mexico
Turkey
Italy
Poland
Hungary
Greece
Czech Republic
Mexico
Slovakk Republic
Poland
Greece
Turkey
Hungary
Italy
Portugal
New
ew Zealand
Spain
Ireland
Czechh Republic
Lux
uxembourg
Norway
Net
etherlands
EU-27
Unitedd Kingdom
Canada
2001
Slovak Republic
Netherlands
Spain
Ireland
Researchers
Switzerland
France
Belgium
2007
Luxembourg
Germany
Austria
United Kingdom
Canada
Australia
G
Germany
Austria
Denmark
Unite
ited States
Iceland
Sw
Switzerland
Korea
Japan
Finland
Sweden
4
Belgium
20
France
Australia
Korea
United States
Norway
Denmark
Sweden
New Zealand
25
Iceland
Finland
JA
APAN’S ECON
NOMIC STREN
NGHTSS
Per cent
日本はR&D費とR&D要員数で
上位にランクされる
5
A. Gross Expenditure on R&D as a percentage of GDP
Per cent
A. R&D総支出がGDPに占める割合
5
1996
4
3
3
2
2
1
1
0
0
Per cent
B. R&D Personnel per thousand total employed, 2007
Per cent
B. R&D要員数が総雇用者数に占める割合、2007年
25
Others
20
15
15
10
10
5
5
0
0
JA
APAN’S ECON
NOMIC STREN
NGHTSS
60
60
50
50
40
40
30
30
20
20
10
10
0
0
Source: OECD, Education at a Glance 2009.
Turke
rkey
Cze
blic
zech Republ
blic
lovak Republ
Slov
Mexic
xico
Italy
Ita
Austri
stria
Portuga
ugal
55 to 64
Hungar
ary
German
any
Greec
ece
Polan
land
Icelan
land
Switzerlan
land
Luxembour
urg
L
om
Unit
nited Kingdom
N
nds
Netherland
Spai
pain
Finlan
land
State
ates
U
United
Swede
den
Denmar
ark
Franc
nce
Belgium
ium
Australi
ralia
Norwa
way
Irelan
land
N
land
New Zealan
Japa
pan
Kore
rea
Canad
ada
日本の2007年の若年層の
高等教育履修者率は高い
25 to 34
日本人生徒は国際学力調査で
高い成績を収めている
JA
APAN’SS ECON
NOMIC
C STREN
NTHTSS
2006年PISA調査(OECD生徒の学習到達度調査)の平均点
B. Mathematics
数学的リテラシー
B.
A. Reading
A. 読解力
KOR
FIN
CAN
NZL
IRE
AUS
POL
SWE
NLD
BEL
CHE
JPN
DEU
GBR
DNK
AUT
FRA
ISL
NOR
CZE
HUN
LUX
PRT
ITA
SVK
ESP
GRC
TUR
MEX
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
FIN
KOR
NLD
CHE
CAN
JPN
NZL
AUS
BEL
DNK
CZE
ISL
AUT
DEU
SWE
IRE
FRA
POL
GBR
SVK
HUN
LUX
NOR
ESP
USA
PRT
ITA
GRC
TUR
MEX
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
C.
C. Science
科学的リテラシー
科学的リテラシ
FIN
CAN
JPN
NZL
AUS
NLD
KOR
DEU
GBR
CZE
CHE
AUT
BEL
IRE
HUN
SWE
POL
DNK
FRA
ISL
USA
SVK
ESP
NOR
LUX
ITA
PRT
GRC
TUR
MEX
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
350 400 450 500 550 600
350 400 450 500 550 600
350 400 450 500 550 600
Mean score
Mean score
Mean score
Source: OECD, PISA Results 2006.
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
日本の「新成長戦略(基本方針)」の
本
新成長戦略( 本 針)」
全般的方向性に関する懸念
•
•
•
•
•
『成長に向けて』で特定されている5つのテーマ ―サービス
部門、労働市場の柔軟性、税制改革、外国直接投資、農業
保護の削減 が「戦略基本方針」では扱われていない
保護の削減― が「戦略基本方針」では扱われていない。
「戦略基本方針」は需要を押し上げる規制改革の必要性や
生産性の伸び(特に雇用とGDPの70%を占めるサービス業
の生産性の伸び)をもっと重視すべきである。
企業がイノベーションやグリーン成長に取り組むようにする
ためのインセンティブをいかに高めるかの議論がほとんどな
されていない。
「戦略基本方針」は起業や新興企業の成長についてもほと
んど重視し いない
んど重視していない。
「戦略基本方針」は需要主導型成長を強調しているが、成長
目標を達成するための施策の財政 の影響については論
目標を達成するための施策の財政への影響については論
じていない。
日本の財政悪化は懸念材料
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
一般政府、GDP比 ¹
Per cent
5.0
Per cent
200
Net lending² (left scale)
Gross public debt (right scale)
Net public debt (right scale)
2.5
150
0.0
-2.5
100
-5.0
50
-7.5
-10.0
1990
1992
1994
1996
1998
2000
2002
2004
2006
2008
2010
0
1. OECD estimates for 2008-10.
2. Excludes one-off factors related to the transfer of pension funds, the privatisation of highway corporations and transfers from the FLF Special Account.
Source: OECD, Economic Outlook, Nº 85 Database.
日本の環境税収は少ない
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
2008年または直近年のGDP比
Per cent
Per cent
5
5
1994
2008¹
4
3
4
3
2008 average²
2
2
1
1
0
MEX CAN JPN AUS BEL GRC FRA GBR NOR ISL ITA HUN CZE PRT DNK
USA NZL ESP POL SVK CHE DEU IRL AUT LUX KOR SWE FIN TUR NLD
0
1. For Australia, Austria, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Mexico, New Zealand, Portugal, Spain, Sweden and Switzerland, data correspond
to 2007.
2. Arithmetic average. The weighted average is 1.7%.
Source: OECD/EEA, Database on instruments used for environmental policy.
OEC
CD VEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
「戦略」には子供や家族関連の政策が
戦略」 は子供や家族関連の政策が
数多く盛り込まれている
•
•
•
•
子ども手当の支給と公立高校の実質無償化。
子ども手当
支給と公立高校 実質無償化
幼稚園と保育園の一体化推進と2020年までの保育園・学童
保育施設の待機児童解消。
利用者本位の保育制度に向けた改革を実施し、保育の多様
化と量的拡大を図る。
育児休業の取得期間 方法の弾力化
育児休業の取得期間・方法の弾力化。
しかし、これらの政策だけでは、出生率の持続可能な
上昇という目標を達成し、出産・育児後に働くことを
希望する全ての人が仕事に復帰できるようにすること
はできないと思われる。
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
日本のプライムエイジ(25~54歳)の女性の低い労働力参加率を引き上げる
ためには、出産と子育ての負担を軽減し、仕事と家庭生活をもっと両立可能
なものにするための 税 雇用 教育など 多くの分野別政策にまたがる統
なものにするための、税、雇用、教育など、多くの分野別政策にまたがる統
合的なアプローチが必要である。
Per cent
100
aged 25
A.A. Men
25~54歳の男性
歳- 54 男
%、2008年
Per cent
100
80
80
60
60
40
40
20
20
0
JPN MEX CZE
FRA
NLD
DNK PRT
AUT
BEL
NZL
IRL
NOR
ITA
KOR POL HUN
CHE
ISL
GRC LUX
DEU SVK SWE ESP OECD GBR CAN
FIN
AUS USA TUR
B 25
B.
25~54歳の女性
54歳の女性
Per cent B. Women aged 25 - 54
100
0
Per cent
100
80
80
60
60
40
40
20
20
0
SWE
FIN
ISL
FRA
SVK
NLD DEU
BEL
NZL
USA ESP HUN OECD GRC KOR TUR
DNK NOR CHE PRT
CAN AUT
CZE GBR POL
AUS
LUX
IRL
JPN
ITA
MEX
Source: OECD (2009), Employment Outlook, OECD, Paris.
0
医療関連分野が成長分野として特定されているが、
救急病院は過剰受容に陥っているように思われる。
B. 救急治療の平均入院日数
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
Acute-care hospital beds
A.A. 救急病院の病床数
B. Average length of stay for acute care
JPN
KOR
DEU
CHE
CZE
CAN
LUX
BEL
GBR
SVK
PRT
ITA
ESP
OECD
NLD
HUN
AUS
IRL
NOR
POL
AUT
GRC
USA
ISL
FRA
NZL
FIN
SWE
TUR
MEX
DNK
JPN
KOR
AUT
DEU
CZE
SVK
POL
LUX
BEL
HUN
GRC
OECD
FIN
FRA
AUS
CHE
ITA
NLD
DNK
NOR
PRT
CAN
IRL
TUR
USA
GBR
ESP
SWE
MEX
0
3
6
9
12
15
0
5
10
15
20
Per 1000 population
25
30
35
Days
2007¹
1996¹
1. The most recent year for which complete data are available is 2007. For Panel A, data are not available for Iceland and New Zealand.
Source: OECD Health Database (2009).
公的部門が医療関連支出の82%を占めていることを考えると、医療関連
分野の成長産業化は現行制度の下では財政面に悪影響を及ぼす
Per cent
Per cent
100
100
Social insurance
General government tax revenue
1. Share of current health expenditure.
2. Data are for 2006 for Luxembourg, Japan, New Zealand, Portugal and Australia and 2005 for Turkey.
Source: OECD Health Database (2009).
Mexico
United States
Korea
Switzerland
Greece
Slovak Republic
Australia²
Canada
Hungary
Poland
Denmark
Czech Republic
0
Turkey²
10
Portugal²
10
Spain
20
Belgium¹
20
OECD
30
Finland
30
Netherlands¹
40
Austria
40
Italy
50
Germany
50
France
60
New Zealand²
60
Ireland
70
Japan²
70
United Kingdom
80
Sweden
80
Iceland
90
Norway
90
Luxembourg²
OECD
D VIEW
W OF TTHE DR
RAFT SSTRATEEGY
公的医療関連支出が医療関連支出総額に占める比率、2007年
0
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
384 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content