close

Enter

Log in using OpenID

StealthOne D120 設置説明書

embedDownload
Endpoint Security Server
EP300
設置設定説明書
Rev.1.00
2014
COPYRIGHT(C) YS Corporation. ALL RIGHTS RESERVED
■ はじめに
本書は、出荷時の初期設定および設置方法をご説明しております。実際に使用するにあたり必要となる管
理設定や使用方法は、製品オンラインヘルプを参照して下さい。
本書ならびに、各オンラインドキュメントの内容を十分にご理解いただき、正しくご利用ください。
なお、製品の改良・バージョンアップなどにより本書と STEALTHONE EP300 の内容が異なる場合がありま
す。最新の情報は弊社サイト(http://www.stealthone.net)にてご確認ください。
本製品に組み込まれている「Quick Heal Endpoint Security」は、Quick Heal Technologies (P) Ltd.の製品
です。
■ 設置場所についてのお願い
本機は精密機器ですので、極端に高温や低温になる場所や湿気や水濡れ、ほこりの多い場所、振動
の多い場所、不安定な場所には設置しないでください。
このような場所に設置された場合、異常な発熱、動作不良や重大な事故を引き起こす可能性があり
ます。普段から、製品の周囲を確認し、問題がある場合は速やかに清掃などの対処を行ってくださ
い。
保証期間内であっても、このような原因による故障の場合は有償のご対応になります。
できる限りサーバールームやサーバーラック内などの温度が一定でほこりが少ない場所に設置す
ることを推奨します。
あわせて保証書の注意書きも十分にお読みください。
1
■ 設定準備
本機は精密機器ですので、極端に高温や低温になる場所や湿気や水濡れ、ほこりの多い場所、振動の多
い場所、不安定な場所には設置しないでください。また、電波障害などが発生した場合は速やかに設置場
所を変えるなどの対処をしてください。あわせて保証書の注意書きも十分にお読みください。
① EP300 の ETH 1 ポートに設定用のコンピュータを LAN ケーブルで接続します。
設定用のコンピュータは、WindowsXP 以降・InternetExplorer8 以上を使用してください。LAN の設定
は 192.168.88.1/255.255.255.0 に手動設定してください。
② EP300 と電源を接続すると、1 分程で起動します。
③ コマンドプロンプト等で 192.168.88.251 宛てに Ping を打って接続されていることを確認してください。
※ InternetExplorer 以外のブラウザでは設定が出来ませんので、ご注意ください。
本機は LAN を 4 ポート搭載していますが、どのポートへ接続しても同じ動きをします。
ただし、HUB の機能はありませんので、複数の LAN ケーブルを接続しないでください。
STEALTHONE EP300 初期設定内容
ETH ポートの IP アドレス
192.168.88.251/255.255.255.0
ネットワークコンピュータ名
EP300
設定画面 URL
http://192.168.88.251:7078
管理者メニューユーザーID
sysadmin
管理者メニューパスワード
sysadmin
EPS 管理者パスワード
sysadmin
EPS デフォルトクライアントパスワード
password
※ IP アドレス変更後も上記 IP アドレスでアクセス出来る様に設定されています。
2
■ クライアント動作環境
・インストール可能OS一覧
(2014年12月現在)
Windows Workstations supported
• Microsoft Windows 2000 SP 4 Professional / Server / Advanced Server
• Microsoft Windows XP Home (32-bit) / Professional Edition (32-bit/64-bit)
• Microsoft Windows Server 2003 Web / Standard / Enterprise (32-bit/64-bit)
• Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Ultimate / Business / Enterprise
(32-bit/64-bit)
• Microsoft Windows Server 2008 Web / Standard / Enterprise (32-bit/64-bit) / Datacenter
(64-bit)
• Microsoft Windows Server 2008 R2 Web / Standard / Enterprise Datacenter (64-bit)
• Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate (32-bit/64bit)
• Microsoft Windows 8 Professional / Enterprise (32-bit/64-bit)
• Microsoft Windows 8.1 Professional / Enterprise (32-bit/64-bit)
• Microsoft Windows SBS 2011 Standard / Essentials
• Microsoft Windows Server 2012 Standard / Essentials / Foundation / Storage Server /
Datacenter (64-bit)
• Microsoft Windows MultiPoint Server 2012 Standard (64-bit)
• Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter (64-bit)
Mac Workstations supported
• Mac OS X 10.6, 10.7, 10.8, 10.9
• Mac Computer with Intel Processor
3
・最低動作環境
Minimum System Requirements for Windows Client
• 256 MB of RAM
• 1800 MB of free disk space
• 1 GHz 32-bit (x86) or 64-bit (x64) processor for Windows Vista, Windows 2008 Server and
Windows 7
• 1 GB of RAM for Windows Vista and Windows 7
• 512 MB of RAM for Windows 2008 and Windows 2008 R2
• For Windows 2000 – Service Pack 4 or later
• Internet Explorer 5.5 or later
• Administrative privilege is required for installation
Minimum System Requirements for Mac Client
• 512 MB of RAM
• 1200 MB free hard disk space
4
■ Step1 管理者メニューへログイン
① Internet Explorer で http://192.168.88.251:7078 にアクセスしてください。
② 認証画面が表示されますので、管理者ユーザーID と管理者パスワードを入力して OK を押します。
③ 管理者メニューが表示されます。
※必ず Internet Explorer でログインしてください。
5
■ Step2
IP アドレスを設定する
① 管理者メニューへログインし、「ネットワーク設定」をクリックします。
② ルーターアドレスを「デフォルトゲートウェイ」へ、
EP300 のアドレスを「IP アドレス」へ、
DNS サーバーアドレス(通常はルーターアドレス)を「DNS」へ入力します。
「EP300 の自動アップデート」は「無効にする」を選んでください。
最後に「設定」を押します。
※IP アドレスとコンピュータ名を同時に変更する事は出来ません。
コンピュータ名を変更する場合は、「コンピュータ名」へチェックをして設定してください。
コンピュータ名変更の場合は、自動的に再起動がかかります。
6
③
確認画面が表示されますので、
「OK」をクリックしてください。
④
プログレスバーが表示されますので、完了までお待ちください。
※完了後は、自動的に新しい IP アドレスへリダイレクトされます。
異なるネットワークセグメントへの変更の場合はアクセス出来ませんので、
コンピュータのネットワーク設定を変更後、新しい IP アドレスへアクセスしてください。
※IP アドレスの変更は、EPS 有効化後には出来ません。注意して設定してください。
7
■ Step3
Endpoint Security を有効化~ログイン
※この時点で、ETH1 を社内ネットワークへ接続してください。
有効化すると、その後 IP アドレスの変更は出来ませんので注意して下さい。
※必ず事前に確認してください※
アンチウィルス機能を有する UTM が設置されている場合、本機 IP アドレスをスキャン対象から除外する設
定を事前に行ってください。
・STEALTHONE F シリーズ設置の場合
Web 保護→通過クライアントへ本機 IP アドレスを入力し「APPLY」をクリック。
・STEALTHONE G シリーズ設置の場合
設定→インターネット 「Quick Heal アップデートサイトを回避」へチェックを入れ「変更を保存」をクリック。
① 管理者メニューへログインし、「Quick Heal Endpoint Security コンソール」をクリックします。
(証明書のエラーが表示されますが、続行してください。)
8
②
「EPS コンソールの有効化」をクリックしてください。
③
保証書を参照し、プロダクトキーを入力してください。
入力後、「次へ」をクリックして下さい。
9
④
「購入元」へ販売店名を、
「名前」にお客様名を入力して下さい。
「登録する」は「会社での使用」を選びます。
入力後、「次へ」をクリックします。
⑤
「会社電子メールアドレス」・
「管理者電子メールアドレス」へ管理者のメールアドレス
を入力して下さい。
(同じでかまいません)
「電話番号」へお客様の電話番号を入力して下さい。
「都道府県」へ都道府県を、「市町村」へ市町村名をアルファベットで入力して下さい。
入力後、「次へ」をクリックしてください。
10
⑥
確認画面が表示されます。問題無ければ「次へ」をクリックして下さい。
⑦
下記の画面が表示されれば有効化完了です。
「完了」をクリックして下さい。
11
⑧
ログイン画面が表示されますので、パスワードに EPS 管理者パスワード(初期は sysadmin)
を入力して「ログイン」をクリックして下さい。
⑨
ログインに成功すれば、下記画面が表示されます。
「アップデートマネージャー」をクリックします。
12
⑩
「今すぐアップデート」をクリックします。
これで定義ファイルが最新版へ更新されます。
※
アップデートには、光回線でも 30~60 分程かかります。
※
EPS 管理ページの使用方法に関しましては、上段メニューの「ヘルプ」を参照して下さい。
13
■ Step4 クライアントインストール
※既に他のセキュリティ対策ソフトがインストールされている場合は、正常にインストールされません。
先にアンインストールして下さい。
・Windows へのインストール
① 「クライアントインストーラーダウンロード」をクリックします。
② アドオンのインストール表示が出るので、「インストール」をクリックし、インストールします。
14
③ アドオンインストール後、下記ページの「インストール」をクリックします。
下記の表示が出ればインストールが開始されています。「完了」をクリックしてウインドウを閉じて下さい。
※実際のインストールは、このページが表示された後、バックグラウンドで行われています。
(インストール中、何も表示されません)
デスクトップに「クイックヒール ブラウズ保護」のアイコンと、タスクバーに「Q」のアイコンが表示されればイン
ストール完了です。
通常、5 分~15 分程でインストール終了します。
定義ファイルは自動的にアップデートされます。
※
クライアントの使用方法に関しましては、ソフトウェアヘルプを参照してください。
15
・Mac へのインストール
※解説は OSX 10.9 で行っています。
基本は同じですが、他のバージョンの場合に画面が異なる場合があります。
① 管理者メニューを開き、「クライアントインストーラー ダウンロード」をクリックします。
②
下記画面のオレンジ枠の部分をクリックします。
16
③
「AGNTSETP.tar」がダウンロードされますので、これをダブルクリックして解凍します。
④
解凍後の「EPSMACCL.DMG」をダブルクリックします。
17
⑤
インストーラーをダブルクリックします。
※ダブルクリックで開かない場合は、Ctrl を押しながらクリックし「開く」をクリックします。
その後表示されるポップアップも「開く」をクリックしてください。
18
⑥
使用中の Mac のアカウントを入力します。
⑦
下記の画面が表示されればインストール終了です。
19
※上部のバーに「Q」のアイコンが表示されていればインストールされています。
定義ファイルは自動でアップデートされます。
※
■
クライアントの使用方法に関しましては、ソフトウェアヘルプを参照してください。
その他
・Endpoint Security 管理画面へのアクセス
※必ず Internet Explorer でログインしてください。
① 管理者メニューへログインし、「Quick Heal Endpoint Security コンソール」をクリックします。
(証明書のエラーが表示されますが、続行してください。)
20
②
ログイン画面が表示されますので、パスワードに EPS 管理者パスワード(初期値は sysadmin)
を入力して「ログイン」をクリックして下さい。
③
ログインに成功すれば、管理画面が表示されます。
※
EPS 管理ページの使用方法に関しましては、上段メニューの「ヘルプ」を参照して下さい。
21
・アンインストール方法
① EPS 管理ページへログインし、「クライアント」をクリックします。
② 「クライアント展開」をクリックします。
22
③ 「リモートアンイストール」をクリックします。
④ オンラインになっている PC の一覧が表示されます。
アンインストールしたい PC 名にチェックを入れ、「アンインストール開始通知」をクリックします。
23
⑤ 一番右端の「結果」の欄が「通知送信済み」と表示されていれば成功です。
自動的にアンインストールされます。
※ 「オフラインクライアントを表示」にチェックを入れると、オフラインの PC へもアンインストール開始通知
を送信する事が出来ます。
次回オンライン時に自動的にアンインストールされます。
※ クライアント側のアンインストール機能を使用してアンインストールすると、自動的に再インストールされ
てしまいますが、これは仕様ですのでご注意ください。
必ずリモートアンインストールを使用してください。
24
・EPS 管理者/クライアントパスワード変更方法
※ 管理者メニューユーザーID・パスワードの変更は出来ません。
・EPS 管理者パスワードの変更
① EPS 管理ページへログインし、「管理者設定」をクリックします。
② 元のパスワードと新しいパスワードを入力し「適用」をクリックします。
25
・EPS クライアントパスワードの変更
① EPS 管理ページへログインし、「設定」をクリックします。
② 「全般設定」をクリックすると変更画面が出てきます。
新しいパスワードを入力し「ポリシーの保存」をクリックします。
26
・再起動/シャッドダウン方法
※ 本機は電源ボタンを装備していない為、電源を落とす場合には管理画面から操作する必要があります。
・再起動
① 「再起動」をクリックします。
② 確認画面が出るので、「OK」をクリックします。 1 分程で再起動します。
27
・シャットダウン
① 「シャットダウン」をクリックします。
② 確認画面が出るので、「OK」をクリックします。 1 分程でシャットダウンします。
COPYRIGHT(C) YS Corporation. ALL RIGHTS RESERVED
28
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
31
File Size
2 078 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content