close

Enter

Log in using OpenID

食中毒の発生について(第2報)

embedDownload
食中毒の発生について(第2報)
2月5日(木)に情報提供した
食中毒(疑い)の第2報
アンダーライン部は変更箇所
(平成27年2月8日 18:00現在)
南区保健福祉センター衛生課
(南保健所)
担当:石津,池尻
Tel 541-2234
保健福祉局食品安全推進課食品衛生係
担当:甲斐,山﨑
Tel 711-4277
(内線2258,2259)
1
探知
平成27年2月5日(木)9時頃,南区在住の市民から南区保健福祉センター(南保健所)
に,「南区の飲食店で会食したところ,発熱,下痢等の食中毒様症状を呈した」との連絡が
あった。
2
概要
平成27年1月31日(土)19時30分頃から南区の飲食店で喫食した1グループ13名
のうち8名が,2月2日(月)10時頃から発熱,下痢等の食中毒様症状を呈した。南区保
健福祉センター(南保健所)は下記飲食店が提供した食事が原因のカンピロバクターによる
食中毒と断定し,2月8日(日)18時から2月9日(月)18時までの1日間の営業停止
処分とした。
3
摂食者数(判明分)
13名(10歳代男性3名,10歳代女性3名,40歳代女性6名,50歳代女性1名)
4
症状
発熱,下痢等
5
有症者(判明分)
8名 (10歳代男性3名,10歳代女性3名,40歳代女性2名)
※受診者 4名(10歳代男性2名,10歳代女性2名),入院者なし
※全員快方に向かっている。
6
検査
・・・・福岡市保健環境研究所で検査中
(1)有症者便
・・・・6検体中3検体からカンピロバクター・ジェジュニを検出
(2)施設ふきとり・・・・4検体(冷蔵庫取手,水道蛇口,まな板,包丁) 検査中
(3)従業員検便 ・・・・2検体
検査中
(4)参考品
・・・・1検体(鶏肉)
検査中
7
原因施設
(1)営業所所在地
(2)営業者氏名
(3)屋
号
(4)業
種
8
福岡市南区高宮二丁目1番40号
兼本 輝彦
大金星
飲食店営業
9
原因食品
上記施設で平成27年1月31日(土)に提供された食事
焼鳥(鶏つくね,鳥皮,豚バラ),サツマイモフライ,唐揚げ,ささみチーズ揚げ,ササ
ミとムネ肉のカルパッチョ,鶏すき鍋,水たき鍋
原因施設に対する指導
(1)鶏肉の生での提供自粛
(2)食材の十分な加熱
(3)食品の衛生的な取り扱い
(4)食器・器具等の洗浄・消毒の徹底
(5)施設の清掃,消毒の徹底
(6)手洗いの励行
(7)施設従事者の健康管理の徹底
10
措置処分
南区保健福祉センター(南保健所)は,以下の理由により,当該施設が平成27年1月31
日(土)に提供した食品を原因とするカンピロバクター食中毒と断定し,2月8日(日)18
時から2月9日(月)18時までの1日間の営業停止処分とした。
(1)有症者の共通食は,上記施設で1月31日(土)に提供された食事のみであること。
(2)有症者3名の検便から,カンピロバクター・ジェジュニが検出されたこと。
(3)疫学調査の結果,有症者の症状がカンピロバクター食中毒と一致していること。
(4)医師から食中毒患者等届出票が出されたこと。
報道機関の皆様へ
鶏刺しや鶏レバ刺しが原因と疑われるカンピロバクターによる食中毒事件は毎年多数発生
しています。報道機関の皆様におかれましては,別添資料を参考にカンピロバクター食中毒
の危険性について,市民の方へ広く注意喚起していただきますよう,お願いします。
〈参考〉福岡市における平成 26 年及び平成 27 年食中毒発生状況
月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
計
(件数)
2
0
0
3
1
2
2
1
2
1
0
0
14
(患者数)
18
0
0
10
4
7
2
11
21
3
0
0
76
(件数)
1
1
(患者数)
51
51
平成 26 年
平成 27 年
(注)現在調査中の件及び本件を含まない。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
355 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content