close

Enter

Log in using OpenID

タップデンサーKYT-5000

embedDownload
粉体物性測定器タップデンサー
KYT-5000
Tapping density measuring instrument
KYT-5000
粉体を扱うすべての人へ
再現性・操作性に優れた粉体物性測定器
粉体物性測定器
タップデンサー KYT-5000
試料を均一に充填したシリンダーをタッピングで圧
縮させることで、かさ減り度やタップ密度の測定の
他、粉体の流動性・付着力までわかるタップ密度測
定器です。
オプションで安息角測定および圧縮度(ゆるみかさ
密度、固めかさ密度)の測定も可能です。
特徴
・再現性がよい
・清掃が簡単
・セルを変えることにより、
少量サンプルでの測定が可能
・アクリル扉により、サンプルが飛散しない
・ふるいによる初期充填でばらつきが少ない
・タッピングストロークが変更可能
・タッピング回数の制御可能
タップ密度
タップ密度とは、容器に粉体を静かに充填した後、タッピング(容器を上方に移動させた後、容器を自由落下させること)
を行い、粉体粒子間の空隙を破壊し、密充填した時の見かけかさ密度です。例えば、単に自重している状態と装置内で
流動している状態でも異なります。また袋詰めした直後と、長時間運搬された後では見かけ密度は変わってきます。
これは粉体を充填しただけですと充填層の中には空隙がかなり存在していますが、輸送や移動によって振動や衝撃を受
けてこれらの空隙が破壊され、圧密状態になっていくためです。従って、タップ密度を測定することで粉体粒子の流動
性やかさ減り度、空隙率の変化等に関するデータが得られます。
タップ密度測定
SIEVE
上部のふるいより、下部のメ
スシリンダーに充填。
2
試料充填後、摺り切り板にて
摺りきる。
セ ル に キ ャ ッ プ を 装 着 し、
タッピングを行う。
目視にて、容積を読み取る。
・タップ密度データシート
サンプル名
炭酸カルシウム
サンプルの真比重D
2.7
平均粒径d
7μm
タッピング距離H
40mm
シリンダー体積V
200cc
充填使用ふるい
710μm
N
Vt
C
100
123
0.385
260
200
110
0.450
444
300
102
0.490
612
500
95
0.525
952
700
93
0.535
1308
1000
90
0.550
1818
1500
90
W
131.7
ρ0
0.659
N/C
・タッピング回数による、かさ減り度の変化
N/C
2000
1500
1000
1/ab
78
1/a
1.787
1/b
43.649
a
0.560
b
0.023
ρ∞
1.463
Σ0
0.750
Σ∞
0.458
● 川北の式
N/C=1/ab+(1/a)N
流動性a指数が小さい ➡ 流動性が良い
付着力1/b指数が小さい ➡ 付着力が弱い
川北の式
N/C = 1/ab +(1/a)N
500
0
N :
C :
V0 :
Vt :
1/b:
a :
タッピング回数
かさ減り度=(V0 -Vt)
/V0
初期容積
N回タッピング時の容積
付着力指数
流動性指数
500
W :
ρ0 :
ρ∞:
Σ0 :
Σ∞:
1000N
試料重量
かさ密度
タップ密度
初期空隙率
最終空隙率
機器仕様
電源電圧
AC100V±10%(50/60Hz兼用)
寸法
W310×D368×H594mm
重量
約40㎏
タッピング回数
最大9,999回
タッピングストローク
50、40、30、20、10mmより選択
タッピングスピード
3、2、1回/秒より選択
消費電流
3A 定格
粉体導入部方式
電磁バイブレータ方式
回転数表示
デジタルカウンターの経過表示及びトータルカウンターによる累積回数表示
3
オプション
❶
●
❷
●
安息角測定ユニット
❸
●
圧縮度測定ユニット
圧縮度測定ユニット
❶安 息 角 測 定 ユ ニ ッ ト : 安息角ユニットをつけ、安息角を測定することができます。
読み取り精度1度、テーブル寸法φ80mm
※安息角が小さいと、流動性が良いということになります。
❷・❸圧縮度測定ユニット: 圧縮度(ゆるみかさ密度、固めかさ密度)の測定をすることができます。
【内訳】
圧縮度測定用セル 100cc、圧縮度測定用セルホルダー、
圧縮度測定用セルキャップ、圧縮度測定用セルキャップカバー、圧縮度測定用セルキャップフランジ
圧縮度
圧縮度(%)={(固めかさ密度−ゆるみかさ密度)/固めかさ密度 }×100
圧縮度はパウダーの流動性を判断するのに最も適しており
簡易的に測定することができます。
※圧縮度が高いと、流動性が悪いということになります。
※本カタログ記載の製品は、一般的な粉体材料を対象として設計・製造されており、
危険物
(毒物、
爆発物など)
を対象とした仕様とはなっておりません。
危険物
(毒物、爆発物など)
を対象として使用することをご検討の場合は、必要な措置を施した上ご使用下さいますよう、
お願い申し上げます。
※また、海外でご使用の場合は、輸出国名、使用する会社名、使用目的などの資料を予めご提出いただく必要がございますので、
弊社営業担当にご相談下さい。
ご理解、
ご協力の程宜しくお願い申し上げます。
※仕様は予告なく変更する場合がございます。
宮城県仙台市青葉区大町2-10-14 TAKAYUパークサイドビル6F
神奈川県厚木市旭町1-27-6 本厚木マイビルディング4F
■富山営業所
〒930-0003
富山県富山市桜町2-4-4 富山センタービル3F
電話
(076)
482-3602
FAX(076)
482-3603
第一ビル4F
2014.08.3000 loy
E-mail : keisoku@betterseishin.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
2 697 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content