close

Enter

Log in using OpenID

第 20 回長崎県糖尿病療養指導士会教育セミナーのご案内 『2 つの

embedDownload
第 20 回長崎県糖尿病療養指導士会教育セミナーのご案内
日本糖尿病療養指導士 認定更新のための研修会として<第 2 群>1 単位申請中
謹啓
深秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度「第 20 回長崎県糖尿病療養指導士会教育セミナー」を下記の通り開催する運びとなりました。
ご多忙のところ恐れ入りますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りますようお願い申し上げます。
謹白
記
日時: 平成 27 年 1 月 25 日(日)
13:30~16:55
(受付時間
13:00~)
場所: 諫早総合病院 6 階大会議室
代表電話 0957−22−1380(内線番号:2273 中村宛)
※裏面に会場までの地図を掲載しています。
【参加費】長崎県糖尿病療養指導士会 会員:無料
非会員:1000 円
(遅刻・早退は、単位取得ができませんので御了承下さい)
総合司会
市立大村市民病院
開会挨拶 長崎県糖尿病療養指導士会
看護部
横田
会長
幸子
岡田 秀子
特別講演
(13:30~13:35)
(13:35~14:55)
座長:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座
第一内科 准教授
阿比留
教生 先生
『2 つのグルカゴンにご注目~膵グルカゴンと GLP-1~』
講師:大阪大学 助教 医学部 医学科教育センター
大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学
河盛 段 先生
近年のインクレチン関連薬の登場により、糖尿病診療は大きく変貌を遂げました。そしてこれは同時に
糖尿病病態の捉え方についても変化をもたらしました。これまで糖尿病はインスリン作用の過不足によ
りもたらされる代謝異常と考えられてきましたが 最近は他の要因、特に強力な血糖上昇作用を有するグ
ルカゴンの影響にも注目が集まっています。そしてこれをもたらしたのが、グルカゴンの近縁である
GLP-1 でありました。今回はこの“2 つのグルカゴン”
、膵グルカゴンと GLP-1 を取り巻く、最近の話
題についてご紹介致します。
症例検討(グループディスカッション)
(15:00~16:50)
座長:独立行政法人国立病院機構長崎医療センター
内分泌・代謝内科
医長 藤田 成裕 先生
【症例提示】『食事療法の継続が難しい患者におけるセルフケア促進への支援』
済生会長崎病院
閉会挨拶 長崎県糖尿病療養指導士会 副会長 中村
寿代
栄養部
白石 恵子 先生
(16:50~16:55)
共催:長崎県糖尿病療養指導士会
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
【会場までのアクセス】
当日は、諫早総合病院の駐車場に駐車可能ですが、限りがございます。
公共交通機関またはお乗り合わせの上、お越し下さいますようご協力お願いいたします。
お車の方は、駐車券をご持参の上、会場までお越し下さい。
▼JR 諫早駅より徒歩5分
▼県営バスターミナルより徒歩5分
▼島鉄バスターミナルより徒歩5分
<駐車場のご案内>
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
17
File Size
243 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content