close

Enter

Log in using OpenID

保医発0219第1号 - 株式会社メルマック

embedDownload
標 準 コ ー ド 一 覧
〔追補速報版〕
○ 追補速報版内容
診療行為・
医薬品 区分
診療行為
追 加 理 由
平成27年2月19日 保医発 0219 第 1 号による、
平成27年1月1日適用分および平成27年2月1日適用分の
検査の算定方法変更にともなうコード変更および新設
平成27年2月25日
株式会社 メルマック
1
標準コード一覧
[変更]・[新設]
平成27年2月19日 保医発 0219 第 1 号による、平成27年1月1日適用分および平成27年2月1日適
用分の検査の算定方法変更にともなうコード変更および新設
1.平成27年1月1日適用分(平成26年12月26日 保医発 1226 第 1 号)
※下記のコードを使用中のお客様には、コード変更および入力内容の修正をお願いいたします。
[変更]
項目 仮設コード
検査 07036
名
称
《診療所・病院共通》
単位
Mac-2結合蛋白糖鎖修飾異性体
YC(追加)
点数
区分
200
66
マスタコード 厚生省マスタ
516051097 160204950
200
66
516051098 160204950
窓口処理情報 2-3:生化学的検査(1)判断料(追加)
07037
M2BP糖鎖修飾異性体
YC(追加)
窓口処理情報 2-3:生化学的検査(1)判断料(追加)
2.平成27年2月1日適用分(平成27年1月30日 保医発 0130 第 1 号)
※下記のコードを使用中のお客様には、コード変更および入力内容の修正をお願いいたします。
[変更]
項目 仮設コード
病理
07040
名
称
《診療所・病院共通》
単位
BRAF V600
YG(削除)
点数
区分
6520
265
マスタコード
516051101
厚生省マスタ
160205250
窓口処理情報 2-7:病理学的検査判断料(削除)
また、
「尿・糞便等検査判断料」を自動算定するため、下記の「BRAF V600検査判断料算定用コード」
を作成し、上記「BRAF V600」と合わせて登録診療のコードを作成し入力いただきますようお願いい
たします。
[新設]
項目 仮設コード
07041
《診療所・病院共通》
名
称
BRAF V600検査判断料算定用コード
単位 点数
YA
0
区分
60
マスタコード
516051103
厚生省マスタ
900000001
窓口処理情報 2-1:尿・糞便等検査判断料
※コードの修正および診療内容の修正等につきましては、連絡文「医科連-15017」「HR連
-15028」で連絡いたしました、「検査の算定方法の変更について」をご参照ください。
2
≪厚生労働省 平成27年2月19日 保医発 0219 第 1 号より抜粋≫
(下線部が訂正箇所)
◎「検査料等の点数の取扱いについて」
(平成 26 年 12 月 26 日付け保医発 1226 第1号)記の1
1 別添1第2章第3部第1節第1款D215-2肝硬度測定を次のように改める。
(1) (略)
(2) Mac-2結合蛋白(M2BP)糖鎖修飾異性体
ア Mac-2結合蛋白(M2BP)糖鎖修飾異性体は、区分番号「D215-2」肝硬度測定の所定
点数に準じて算定する。なお、判断料については、区分番号「D026」検体検査判断料「3」
の生化学的検査(Ⅰ)判断料を算定する。
イ (略)
ウ (略)
◎「検査料等の点数の取扱いについて」
(平成 27 年 1 月 30 日付け保医発 0130 第1号)記の2
2 別添1第2章第 13 部第1節N005-2ALK融合遺伝子標本作製を次のように改める。
(1) (略)
(2) BRAF V600
ア BRAF V600は、区分番号「N005-2」ALK融合遺伝子標本作製の所定点数に準じ
て算定する。なお、判断料については、病理診断料・判断料は算定せず、区分番号「D026」
検体検査判断料の「1」尿・糞便等検査判断料を算定する。
イ (略)
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
175 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content