close

Enter

Log in using OpenID

ネイチャーゲームを導入した教員養成での実践

embedDownload
ネイチャーゲームを導入した教員養成での実践
大分 大 学 教 育 福祉 科 学 部 理 科教 育 教 室
牧
野
治
敏
1.はじめに
小学 校 の 新 し い教 科 と し て「 生 活科 」が 始 ま っ た こと ,さ ら に ,「 総合 的 な 学 習 の時 間 」が
始 まっ た こ と に より , 自 然 体 験を 目 的 と し た授 業 が 多く 行 わ れ る よう に な っ た 。そ の た め ,
教 員に は , そ れ らの 授 業 を 進 める た め の 指 導力 が 必 要と さ れ る 。 教員 養 成 に 関 わる 学 部 に 籍
を おく 私 は , 理 科指 導 法 , 生 活科 指 導 法 等 の授 業 の 中で , 自 然 認 識関 わ る 具 体 的な 手 法 の 一
つ とし て ネ イ チ ャー ゲ ー ム を 紹介 し て い る 。ま た , 学生 ど う し の 実践 を 試 み て いる 。
一方 で は , 大 分市 が 平 成 1 2年 度 か ら 実 施し て い る体 験 活 動 の 奨励 策 「 豊 の 都市 ( ま ち )
大 分っ 子『 す こ や か 体 験活 動 』」に よ り ,公 立 学校 で のゲ ス ト テ ィ ーチ ャ ー の 招 聘に 助 成 が 行
わ れる よ う に な り, 私 に も 生 活科 , 理 科 に かか わ る 教員 と し て , 小学 校 の 1 年 生を 指 導 し て
ほ しい と の 依 頼 があ っ た 。 そ こで こ の 機 会 を使 っ て ,学 生 が ゲ ス トテ ィ ー チ ャ ーと し て 小 学
生 を指 導 す る 場 面を 設 定 し , 学生 に は 指 導 実践 の 訓 練の 場 と し て ,同 時 に 小 学 生に は 体 験 活
動 の場 と し て 機 能す る 実 践 が でき な い か と 考え , 昨 年度 よ り 私 の 授業 で あ る 理 科授 業 研 究 の
受 講生 を 対 象 に 実践 し て い る 。
本報 告 は , 本 年度 の 実 践 , 本学 部 の 3 年 生4 名 と 小学 1 年 生 3 クラ ス ( 7 8 人) に つ い て
の もの で あ る 。
2.実践の方法と目的
本実 践 は , 学 生が 子 ど も を 指導 す る と い う行 為 を 通じ て , そ の 背後 に は 学 生 への 指 導 力 の
育 成を 目 的 と し てい る 。 子 ど もた ち へ の 直 接的 な 働 きか け で あ る 体験 活 動 の 指 導場 面 に 限 定
す るも の で は な く, 子 ど も た ちへ の 動 機 付 けの 設 定 に始 ま り , 野 外で の ア ク テ ィビ テ ィ の 指
導 ,そ し て , 活 動後 の ま と め まで 子 ど も た ちと 関 わ るこ と で 完 結 する も の で あ る。
学生 た ち へ の 具体 的 な 指 導 内容 と し て , ①子 ど も たち の 意 識 を 自然 活 動 に 向 けさ せ る た め
の 動機 付 け , ② 子ど も た ち へ の自 然 体 験 活 動の 指 導 ,③ 子 ど も た ちの 自 然 体 験 活動 の 振 り 返
り と定 着 と い う 3つ の 課 題 を 設定 し た 。 ① と③ に つ いて は , 以 下 に述 べ る よ う な作 品 の 制 作
を 課し , ② に つ いて は , 大 学 の授 業 の 中 で ,ア ク テ ィビ テ ィ を 経 験さ せ , そ の 後, 理 論 や 注
意 点に つ い て 説 明と 解 説 し , さら に 学 生 が お互 い に アク テ ィ ビ テ ィを 指 導 し , 予行 演 習 と し
た。
2.1
学生への制作課題
学生 へ の 制 作 課題 の 一 つ は ,体 験 活 動 の 場と な る 大分 市 高 尾 山 自然 公 園 に 生 息す る 動 物 か
ら の手 紙 で あ る 。「動 物 か ら の 挑戦 状 ( 子 ど も向 け の表 記 は す べ て平 仮 名 )」 と 称す る 文 面 に
よ る子 ど も の 活 動の 動 機 付 け を目 的 と し て いる 。 作 成に あ た っ て は, 高 尾 山 の 動物 や 自 然 を
意 識で き る こ と ,子 ど も に は 挑戦 す べ き 課 題が あ る こと , そ の 課 題を 達 成 す る とご 褒 美 が あ
る と伝 え る こ と ,の 三 点 を 含 むこ と を 条 件 とし た 。 それ 以 外 の 文 面の 詳 細 や , 材料 等 は 学 生
の 創意 工 夫 に 任 せる こ と に し た。
もう 一 つ の 課 題は ,高 尾 山で の 活 動 の終 了 時 に ご 褒美 と な る「宝 箱( 子 ども 向 け の 表記 は ,
た ぬき の た か ら ばこ )」の 作 成 で あ る 。箱の 中 に は 手 紙を 入 れ ,そ の 文 面 によ っ て 体 験活 動 の
振 り返 り が 効 果 的に 行 え る こ とを 条 件 と し た 。そ の 手紙 の 具 体 的 な文 面 や ,手 紙 や箱 の 材 料 ,
大 きさ 等 は 学 生 たち の 創 意 工 夫に ま か せ た 。こ れ ら の2 種 類 の 制 作課 題 は , そ れぞ れ 小 学 校
1 年生 の 1 ク ラ スあ た り 1 セ ット で ,計 3 セ ット 作 成す る こ と と し ,自 宅 学 習 の 課題 と し た 。
これ ら の 2 種 類の 制 作 課 題 は, 学 生 た ち は子 ど も への 動 機 づ け に必 要 な ア イ テム と し て 意
識 され る が , 同 時に 学 生 へ の 動機 付 け で も ある 。 学 生た ち が こ れ らの 作 品 を 作 成す る 際 に 子
ど もた ち の 関 心 を自 然 や 公 園 へ向 か わ せ る ため に 工 夫や 配 慮 す る こと で , 学 生 自身 の 意 識 も
高 尾山 の 自 然 へ と向 か い , 自 然の 生 き 物 や 環境 へ の 心構 え が 形 成 され る こ と を ねら い と し て
い る。
2.2
アクティビティ指導法の習得
アク テ ィ ビ テ ィの 指 導 方 法 を習 得 さ せ る ため に , まず , 学 生 た ちに ア ク テ ィ ビテ ィ を 体 験
さ せた 。 そ の 後 ,ア ク テ ィ ビ ティ ご と の 指 導上 の ね らい や 注 意 点 等を 解 説 し , その 後 学 生 た
ち は自 分 の 担 当 する ア ク テ ィ ビテ ィ の 指 導 方法 を 確 認す る た め に ,互 い に ネ イ チャ ー ゲ ー ム
を 指導 す る こ と で,予 行 演習 と し た。な お,今 回 の 実 践の た め に 選 んだ ア ク テ ィ ビテ ィ は「 狩
人 の歩 き 方 」,「 目か く し イ モ ムシ 」,「 カ モ フラ ー ジ ュ」 の 3 種 類 とし た 。
3.実践の結果
本実 践 の 成 果 を, 学 生 の 制 作物 と 子 ど も たち へ の 指導 と の 2 点 から 述 べ る 。
3.1
制作物
子ど も へ の 動 機づ け と 振 り 返り の た め に 学生 が 制 作し た 課 題 の 1例 を 以 下 に 示し た 。
図1
動物たちからの挑戦状
図2
たからばこの中の手紙
挑戦 状 は , う す黄 色 の A 3 サイ ズ の 色 画 用紙 を 台 紙と し て , 文 字は 木 工 ボ ン ドで 文 字 を 書
き ,そ こ へ 細 か く刻 ん だ 枯 れ 葉を 振 り か け て作 り , 一部 短 い 枝 や 葉柄 を 貼 り 付 けて い た 。
木の 葉 の 手 紙 は, 子 ど も た ちに と っ て , これ か ら の活 動 を 予 感 させ る も の で ,意 識 を 公 園
の 自然 に 向 か わ せる と い う 観 点か ら も 評 価 に値 す る もの で あ る 。 また , 小 学 校 の担 任 か ら は
大 変好 評 で あ っ た。
また , 文 面 の 「ミ ス タ ー T 」と い う 記 述 は, 学 生 たち に は 軽 い 思い つ き で あ った が , 子 ど
も を指 導 す る 上 で非 常 に 有 効 なキ ー ワ ー ド とな っ た 。
一方 の , た か らば こ の 中 の 手紙 の 文 面 か ら, 学 生 たち が 今 回 の 実践 を ど う 捉 えて い た か が
伺 える 。 当 初 , 手紙 の 例 と し て示 し た 原 稿 は, 高 尾 山に 捨 て ら れ たゴ ミ を 動 物 たち が 間 違 え
て 食べ て お な か を壊 し て 困 っ たこ と が あ る ので , そ うな ら な い よ うに , 自 然 の 保護 を 訴 え る
と いう 具 体 的 な 内容 で あ っ た 。し か し , 今 回の 文 面 は自 然 と 人 間 との 関 係 を 訴 える き わ め て
抽 象的 な も の と なっ た 。こ れ は ,学生 た ち が ネ イチ ャ ーゲ ー ム を 過 度に 意 識 し た こと に よ り ,
よ り深 く 自 然 に 関わ る こ と を ,意 識 的 に あ るい は 無 意識 に 意 図 し てし ま っ た と 考え ら れ る 。
また , 手 紙 の 入れ 物 と な る 宝箱 は , 1 0 0円 シ ョ ップ で 購 入 し た籐 を 編 ん だ かご に 着 色 し
た もの で あ っ た 。そ の 意 図 を 聞く と , 自 然 にと け 込 むよ う な 地 味 な色 に し た か った と の こ と
で あっ た 。
3.2
小学生への指導
当日 の 体 験 活 動は , 子 ど も たち を 各 ク ラ ス2 グ ル ープ に 分 け , 3ク ラ ス の 計 6グ ル ー プ を
基 本単 位 と し て 実施 し た 。 タ イム ス ケ ジ ュ ール は 表 1の と お り で ある 。
表1
子どもの立場から見た一連の活動経過
子どもたちの活動
動機づけ
展
開
備考
「どうぶつたちからのちょうせんじょう」をよむ
グループの設定
小学校を出発
教室(体験活動前日)
挨拶,これからの活動の説明を受ける
高尾山(到着)
小学校(出発)
ネイチャーゲーム(前半)
各クラスの第一グループ(3班に分かれて実施)
「狩人の歩き方」
学生が指導するアクテ
「目かくしイモムシ」
ィビティは固定し,
「カモフラージュ」
子どもを入れ替える。
各クラスの第二グループ
「 コ ウ モ リ と ガ 」( 全 員 , 一 斉 に 実 施 )
ネイチャーゲーム(後半)
各クラスの第一グループ
「 コ ウ モ リ と ガ 」( 全 員 , 一 斉 に 実 施 )
各クラスの第二グループ(3班に分かれて実施)
「狩人の歩き方」
「目かくしイモムシ」
「カモフラージュ」
課 題 の 達 成 に よ り ,「 た か ら ば こ 」 を 受 け 取 る
お別れの挨拶
小学校への帰路
定
着
教室で「たからばこ」を空けその文面を読む
一連の活動から,絵日記の作成
大学生にお礼の手紙を書く
高尾山(出発)
小学校(到着)
教室(体験活動当日)
後日,
できるだけ早い時期に
設定
「ど う ぶ つ た ちか ら の ち ょ うせ ん じ ょ う 」に よ っ て, モ チ ベ ー ショ ン を 高 め られ た 子 ど も
達 は, 体 験 活 動 の実 施 場 所 で ある 公 園 に 到 着す る な り, 私 や 学 生 を見 つ け て 「 あっ , ミ ス タ
ー ・テ ィ ー や ! 」と 大 き な 声 で叫 ん だ 。 子 ども 達 に とっ て ミ ス タ ー・ テ ィ ー と の出 会 い は 非
常 に大 き な 期 待 とな っ て い た よう で あ る。そ こ で ,今 日 の 課 題を 達 成 す る こと で ,ミ ス タ ー・
テ ィー に あ え る かも 知 れ な い ,と い う 声 か けで 子 ど も達 の 集 中 を 維持 す る こ と にし た 。 こ の
戦 略は 大 成 功 で ,意 識 を 集 中 させ な い と ミ スタ ー ・ ティ ー に 会 え なく な る よ と いう 言 葉 が け
で ,子 ど も 達 の 自然 へ の 認 識 は深 い も の に なっ て い た。
公園 で の ア ク ティ ビ テ ィ が すべ て 終 了 し ,子 ど も 達に は , 各 ク ラス に 一 つ ず つ「 た ぬ き の
た から ば こ 」 と 称す る ご 褒 美 が与 え , そ の 箱は 教 室 に戻 っ て か ら 開く こ と を 約 束さ せ た 。 ま
た ,ミ ス タ ー ・ ティ ー に つ い ては , 子 ど も 達は 今 回 会う こ と が 出 来な か っ た が ,今 日 の 体 験
を 元に 自 然 を 注 意深 く 見 る と 必ず 会 え る の で, ま た ,こ の 公 園 に きて 下 さ い , とい う 話 を し
て 結び と し た 。
後日 , 子 ど も 達が 作 成 し た ,こ の 体 験 活 動の 絵 日 記に は , ア ク ティ ビ テ ィ が 楽し か っ た こ
と ,た か ら ば こ の中 に あ っ た 手紙 を 読 ん で 自然 を 守 るこ と の 大 切 さを 実 感 し た こと , ミ ス タ
ー ・テ ィ ー に 会 える こ と を 楽 しみ に し て い るこ と , など の 感 想 が 記さ れ て い た 。一 時 的 な も
の かも 知 れ な い が, 子 ど も 達 の自 然 へ の 関 心を 高 め ,感 覚 を 鋭 く した の で は な いだ ろ う か 。
学生 達 へ の 事 後指 導 と し て ,実 践 の 1 週 間後 の 授 業の 中 で , 活 動を 振 り 返 り ,感 想 文 を 書
か せた 。 十 分 な 分析 の 出 来 る 文章 で は な か った が , 多か っ た 意 見 とし て , ア ク ティ ビ テ ィ の
指 導法 の 難 し さ の指 摘 が あ っ た。 ネ イ チ ャ ーゲ ー ム への 理 解 が 不 十分 な 段 階 で の実 践 で あ っ
た ので , 致 し 方 のな い 部 分 は あっ た が , そ れで も 子 ども の 反 応 を 観察 し て , 指 導を 微 調 整 す
る など の 成 果 は 認め ら れ た 。 教室 で の 授 業 のよ う に 先の 展 開 が 読 みに く い 実 践 では な く , 定
型 化さ れ た ア ク ティ ビ テ ィ の 指導 は 学 生 に とっ て 精 神的 な 余 裕 を 持て る 実 践 で あっ た と 考 え
ら れる 。 ま た , 子ど も 達 が 自 然に 対 す る 感 覚を 鋭 く して い く 様 子 を見 る こ と が ,学 生 自 身 の
自 然認 識 に つ い て影 響 を 与 え たよ う で あ る 。
4.おわりに
学生 の 訓 練 と はい え , 子 ど も相 手 に 失 敗 は許 さ れ ない 。 そ の 観 点か ら , き ち んと し た 手 順
を 踏め ば 間 違 い を起 こ さ な い ネイ チ ャ ー ゲ ーム の 指 導は , 教 師 に なる た め の 訓 練の 一 方 法 と
し て有 効 で あ る 。ま た , 指 導 方法 が 確 立 し てい る の で, 子 ど も 達 の反 応 を 見 る 余裕 を 持 っ て
指 導で き る こ と も, 学 生 に は 貴重 な 体 験 を 提供 す る もの で あ る 。
今回 の 実 践 で あげ ら れ た 学 生た ち か ら の 反省 は ,ア ク ティ ビ テ ィ に つい て の 理 解 の不 足 や ,
指 導方 法 の 難 し さ等 で あ っ た 。2 , 3 の ア クテ ィ ビ ティ に つ い て 形だ け を 習 得 する の で あ れ
ば ,大 学 の 授 業 の中 で 指 導 や 解説 , 練 習 が 可能 で あ るが , ネ イ チ ャー ゲ ー ム の 意図 す る と こ
ろ や, ア ク テ ィ ビテ ィ の ね ら い等 を 確 実 に 習得 す る には 全 く 不 十 分で あ る 。 そ のた め , 今 年
度 はネ イ チ ャ ー ゲー ム リ ー ダ ー養 成 講 座 を 課程 認 定 校と し て 開 催 した 。 次 年 度 は, リ ー ダ ー
の 資格 を 取 得 し た学 生 に よ る 実践 を 試 み , 今回 の 実 践と の 比 較 を した い と 考 え てい る 。
また , 今 回 の 実践 に お い て ,学 生 の 振 り 返り は 反 省会 だ け で あ り, 学 生 自 身 の自 然 体 験 活
動 の振 り 返 り と して は 不 十 分 だっ た と 反 省 して い る 。次 回 は , 学 生の 振 り 返 り にも ア ク テ ィ
ビ ティ( 例 え ば「 森 の 設 計図 」)を 導 入 す るこ と で ,指 導 力だ け で な く 学生 自 身 の 自 然認 識 能
力 や自 然 へ の 感 受性 を 高 め た いと 考 え て い る。
謝
辞
本 実 践 に 当 たり , 大 分 市 立明 野 東 小 学 校の 木 本 邦夫 校 長 な ら びに 加 藤 依 子 先生 を は じ め
と する 1 年 生 の 担任 の 先 生 方 には 惜 し み な いご 協 力 をい た だ き ま した 。 こ こ に 謹ん で 感 謝 の
意 を表 し ま す 。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
608 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content