close

Enter

Log in using OpenID

プロジェクトにおける近畿車輌

embedDownload
特 集 ●
ドバイプロジェクトを追う― 灼熱の 2000 日 ―
プロジェクトにおける近畿車輌
スティーブ フォスター プロジェクト マネージャー
この記事を読まれる方々は、ドバイへ行ったことの有る
年2月にスタートし、車両とその関連作業はスケジュール
無しにかかわらず、ドバイに対し独自のイメージをお持ち
通りに進められている。
のことと思う。
車両は2つのフェーズに分けて契約され、第 1 次は44編
ドバイは過去10年間、信じられないようなペースで経
成 ×5両 の220両、 第 2次 は35編 成 ×5両 の175両、 計
済発展を続け、中東における
「モダンな顔」として象徴的
395両の納入となり、第1 編成は2008年3月に納入開始、
な存在になった。
第 1次分の最終車は2009年 3月に現地到着済みである。
ドバイは世界の人々から強い関心と注目を集めて来た
車両の検収は2008年7月から補助基地で実施されてい
が、メトロプロジェクトがDURL
(三菱重工等からなるコン
るが、当時基地は未完成で、今も工事は続行中である。
ソーシアム)に発注され、近畿車輌がそのプロジェクトに
読者の方々にはこれまでの1 年間がどのようなものであっ
かかわると聞かされたとき、多くのスタッフがそれに参加
たかを想像願いたい。
したいと思ったのは、ごく自然ななりゆきであった。
そうした環境にもかかわらず、近畿車輌のスタッフは真
ドバイメトロにかかわるのは、世界屈指の著名プロジェ
摯に対応してきた。
クトに参加することであり、近畿車輌の名前を世界地図
車両へのアクセスは困難を伴い、工具や予備品の保管
に載せるチャンスでもあった。
スペースは出来上がっておらず、外部施設の使用を余儀な
近畿車輌の名は一部の関係者に知られていたが、プロ
くされ、その上事務所は常に過密状態にあった。
ジェクトが始まった頃、ある顧客技師から
「キンキシャリョ
また基地のリフティング設備や洗浄設備、さらに車両
ーって?」と聞かれた時、我々の立場を思い知らされ、逆
屋根部へのアクセスも制限を受け、車両を移動させる単
にそのことで自己の立場を理解し、業務を適切に行うた
純作業ですら簡単にいかなかった。
めの方向性が明らかになった。
日常業務でも多くの困難があり、酷暑とほこりっぽい
環境下で、近畿車輌のスタッフはプロジェクトの推進にお
この記事は開業予定日の前に書いており、ドバイの交
いて何を最大のチャレンジ項目にするか、常に冷静に判断
通事情を知る者には理解できようが、開業日を迎えるの
しながら的確に対応してきた。
が心から待ちわびられる。
ドバイメトロの関連記事は当地の新聞に連日紹介され、
話を戻し、我々はどのようにこのプロジェクトを設定し、
あらゆる角度から記述されている。たとえば今日の記事
そこに我々の名前を刻んで来たかについて述べてみたい。
で、
「メトロ支線用として多数の路線バスが新たに投入さ
まずサブシステムの発注において、我々は世界中で最も
れ、それらは9月までに調達される」と報じられている。
優れたサプライヤーの中から選択することにした。選ばれ
まさにメトロプロジェクトはビッグニュースであり、近畿車
たサプライヤーはエンジニアリングの段階で、設計のみな
輌はその中で大きな部分を占めている。
らず信頼性や安全性のドキュメント、さらに日常の多くの
業務活動を通じ、堅実に論証し我々を支えてくれた。今
プロジェクトの推進において、これまで決して平坦な道
や重要なことは、サプライヤーは最終点に到達するまでに
のりではなかったが、ありがたいことに近畿車輌は自己の
やり遂げねばならない業務をすべて熟知していることであ
スタイルで活動を進め、車両を開業予定日に合わせ走行
る。これは単に安全で信頼できる機器を供給するといっ
可能な状態に置いている。車両の製作は計画どおり2007
た話でない。今の時代、多くの製品はすでにそうしたステ
近畿車輌技報 第15号
近畿車輌技報
第 16 号 2 2009.11
0 0 8.10
●
● 00
●
12 ●
Put the name of Kinki Sharyo onto the world map.
Steve Foster
Project Manager
I’m sure every person who reads this article will have
one arrived in March 2009. Trains have been
their own image of Dubai whether they have been there or
commissioned in the auxiliary depot commencing in July
not. Dubai has done an incredible job of marketing itself
2008. In July 2009 the depot is still under construction so
in the last 10 years and has become iconic as the modern
try to imagine what it was like a year before that. It has
face of the Middle East. Dubai makes people sit up and
taken a lot of cooperation from the KS staff to work in
take notice and it was natural that many of us wanted to be
this environment. Access to vehicles has been difficult.
involved in this project when we heard it had been
Storage space for tools and spares is non existent we have
awarded to DURL and that KS would be involved. To
used external facilities and an overcrowded office. Depot
work on the Dubai Metro meant we were working on one
facilities for lifting, cleaning or even access to the train
of the most prestigious projects in the world and it gave us
roof have been very limited and the simple task of train
the chance to put the name of Kinki Sharyo onto the world
movement has hampered our work. All of this adds an
map. Yes, we may be familiar with the KS name ourselves
immense difficulty factor in doing the day to day routine
but in the early days of the project we were often reminded
tasks and add to this the extreme heat and dusty
of our position by one member of the Engineers team who
environment and we can see that the KS staff have been
would say to me, “who are Kinki Sharyo? “ With that we
wonderful to keep cool in what must surely have been the
set forth to put matters right.
hardest challenge on a KS project to date.
This article is written with the scheduled opening day
So, back to the task and how to set about the project
only 2 months away. It’s an event eagerly awaited, as
and putting our name up there with the rest? We had
anyone who has had to endure the Dubai traffic will
already decided to use some of the best suppliers in the
understand. The Metro finds its way into the newspapers
world for the sub system packages. Those suppliers would
on a daily basis covering every conceivable angle; today
support us throughout the design phase to provide
for example, there is comment on the number of extra
documentation not only for design but for reliability,
buses that will be purchased for new bus routes that will
safety, and demonstration of their adherence to a number
serve as feeder routes for the Metro in the next two
of activities that crop up on a day to day basis. It is
months. Yes the Metro is big news and Kinki Sharyo is a
important nowadays that suppliers recognise the amount
big part of it.
of work that needs to be undertaken to get to the finish
line. It’s no longer just a matter of providing safe and
Thankfully in true KS style we are ready for the
reliable equipment and in this day and age its fair to say
scheduled opening day although it’s not all been plain
that most products have already evolved to that status
sailing. The build commenced on time in February 2007
otherwise the companies would no longer be in business.
with all deliveries subsequently following the schedule.
Quality is demanded and that means KS and the supplier’s
The build has been split into two phases the first phase for
have to demonstrate they have absolutely everything under
44, 5 car trains, the second phase for 35, 5 car trains. The
control, every step of the way. The significant subsystems
first train arrived in March 2008, the final train for phase
are brakes, propulsion, doors and in the Dubai climate, air
●
● 00
●
13 ●
特 集 ●
ドバイプロジェクトを追う― 灼熱の 2000 日 ―
ージを達成しており、重要なのは彼らが全般的な業務を
悟らせることにあった。
把握し、それに対応する能力を備えていることであって、
デザインをどのように進めるかアイデアを検討 するた
それがなければ会社はビジネスを続けていけなくなる。
め、我々はドバイ統治者のウエブサイトにアクセスしたとこ
また製品にはクオリティが必要で、近畿車輌、サプライ
ろ、
「シェイク・モハメド殿下は精力的に取りまとめ、リー
ヤーはともにそれを完全にコントロールし、またそのステッ
ダーシップを発揮され、彼が約束をし、それを守り、殿下
プを明らかにしていくことが求められている。代表的なサ
のみが卓越しており、達成可能である」と強調されていた。
ブシステムは、ブレーキ、主回路、ドア、それにドバイの
我々はその言葉の意味を吟味し、殿下が最終決定権を
気象条件を考慮したエアコンであるが、KNORR、三菱電
持つ人と理解した。インテリア、エクステリア デザインは
機、FAIVELEY、東芝がそれらの装置を供給している。
このプロジェクト最大の挑戦事項の一つであったが、我々
彼らはこれまでの大型国際プロジェクトを通じ、品質
は真剣に検討を進め、殿下の嗜好に配慮したアイデアを
課題に精通しており、我々としては安心して仕事を任せる
固め、先方に働きかけた結果、彼らに理解され、内諾を
ことができる。こうした背景のもと、我々はサプライヤー
得ることができた。正式承認までに時間を要したが、い
に対し、自信をなくするような状況に陥ることなく、シス
ったん決定されれば誰もが変更を口にせず、安全圏に入
テム インテグレーションに専念することができた。
ることができた。
生産開始以来、世界各国から多くの高官が車両の視察
新規の取引きにおいては、いかなる場合においても、
に来られたが、シェイク・モハメド殿下と小泉元首相の名
まず必要なのは顧客から信頼を得ることである。
前がリストのトップに記名されている。訪問したすべての
設計の初期段階で、我々は顧客から会社の能力につい
人々から、車両の優れた外観、スムーズで静粛な走行に
て実証するよう求められた。
賞賛が与えられた。
サブシステム デザインを説明するため、数多くのプレゼ
車両が期待以上のものか、以下のものかの決定は、ま
ンテーションが開かれたが、その際顧客から、我々が会
さに乗客の意思に委ねられる。
社のスタッフについてどの程度承知しているかを探られ、
初期故障の発生をゼロに抑えるのは困難であろうが、
何度も細かい質問を受けたが、時間の経過とともに、我々
我々は本件プロジェクトを成功裏に導くため、車両の信頼
は徐々に、確実に顧客の信頼を勝ち取ることができ、つ
性向上に向け、全面的なサポートを実施するつもりである。
いには車両が本プロジェクトの目玉として認められるよう
ドバイがドバイとして、その列車が世界のほかのどの鉄
になった。
道よりも一段と優れたものであり続け、近畿車輌の名が
振返ってみると、我々の最初の仕事は車両のインテリ
賞賛の証となることを信じてやまない。
ア、エクステリア デザインの決定にあった。ドバイ プロジ
ェクトではこのデザイン決定が基本要素となった。
メトロの幹部達は車両の走行機能についてはあまり関
心がなく、それは「いずれまとまる」との観点でとらえてい
た。彼らの最大の関心事は、車両のインテリア、エクステ
リア デザインが、ドバイの統治者Sheikh Mohammed bin
Rashid Al Maktoum殿下のお気に召すかどうかを我々に
近畿車輌技報 第 16 号 2009.11
● 14 ●
but they have a big input on how they want the train to
look and it slowly dawned on us that the approver of the
interior and exterior of the train was non other than the
Ruler of Dubai himself – His Highness Sheikh
Mohammed bin Rashid Al Maktoum. To give an idea of
what this task presented we can take a look at a quotation
from the Ruler of Dubai’s website which says; “Sheikh
Mohammed embodies energetic and successful
leadership. He is a man who has made promises and kept
them; he has insisted on excellence and achieved nothing
less”.
We can endorse that. The interior and exterior design
was one of the biggest challenges of the project but by
working tirelessly we cemented the ethos of KS within the
client’s organisation and that stood us in good stead for
the remainder of the project. It may have taken a while to
エクステリアデザインの検討例
get the approval but we were safe that no one was going to
change the decision once it was made.
conditioning. By having suppliers such as Knorr Bremse,
Since production commenced we have had many visits
Melco, Faiveley and Toshiba we had the comfort that they
have been through big international projects before and
to the train from dignitary’s world wide, Sheikh
they know what it takes. That enabled us to concentrate on
Mohammed and Prime Minister Koizumi heading that
our system integration activities rather than having to
list. All visits have met with praise for the train on its
guide suppliers through the maze.
clean appearance and its smooth quiet running. We will
soon enter the final stage of this project with the
commencement of passenger service and it is the general
As in any new relationship we first of all need to win
the trust of the client. In the early days of the design we
public who will have the final say on whether the trains
were made to prove ourselves. Numerous presentations
are up to expectations or not. Teething troubles are
were demanded to explain subsystem design. We were
inevitable but we will give our full support to help the
prodded and poked to see if we knew our stuff and slowly
trains achieve the reliability growth that we know will
but surely we won the trust of the client to such an extent
make them a success. Dubai being Dubai we fully expect
that rolling stock became the flagship of the project.
the Metro to be competing with the established operators
to be amongst the best in the World and the name of
Looking back, our first task was to determine the
interior and exterior design. This was a key element for the
Kinki Sharyo will be attributed to the success which is a
Dubai Metro. Senior Directors do not care how the train
fitting and deserved tribute.
“stops and goes” they take it for granted that will happen,
● 15 ●
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
102
File Size
315 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content