close

Enter

Log in using OpenID

2年 後期 イタリア語Ⅳ 土肥 秀行

embedDownload
平成 21 年度以降入学生用
地域言語
履修年次
開講時期
科目名
担当教員
2年
後期
イタリア語Ⅳ
土肥 秀行
<テーマ>
イタリア語の中級講座
<授業の目標(学習目標)>
イタリア語の文法を、ひととおり最後まで終える。自己紹介、簡単な質問ができ、また答えられるといった能力が身につくようにする。
最終的には、短期(3 ヶ月まで)か長期(8 ヶ月)のイタリア語学留学 、イタリア語検定 5 級か 4 級の取得(毎年 3、10 月に開催)、全国学生イタリ
ア語弁論大会(12 月、於京都外国語大学、浜松からの往復交通費は文芸大が部分的に負担)に出場、といったレベルをめざす。
<授業の方法>
既に「イタリア語Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ」を学んだ者が「イタリア語Ⅳ」を履修する。
「イタリア語Ⅰ,Ⅱ, Ⅲ」に引き続き、教科書に沿って文法を学んでいくが、その都度、短い文章も読んでいく。
教科書の例文を正しく発音し、意味をきちんと理解する。さらにその例文をうまく自分で応用できるよう練習する。
また語彙を増やすよう努め、簡単な文章を読む場合にそなえる。話す際にも検定を受ける際にも語彙力がもっとも重要。
「イタリア語Ⅰ~Ⅳ」をやり遂げると、イタリア語の文法がひととおり学べる。
2013年度は大上・山田『日本語から考えるイタリア語の表現』、野里『イタリア語のしくみ』を副読本として使用。
<授業計画>
第 1,2 週 接続法 p.58-61
第 9.10 週 「接続法」とは p.70,71
第 3,4 週 接続法過去 p.62,63
第 11,12 週 接続法大過去 p.72,73
第 5,6 週 「条件法」とは p.64-67
第 13,14 週 条件文 p.74,75
第 7,8 週 条件法過去 p.68,69
第 15 週
総おさらい
<評価の方法・基準>
出席(毎回欠かさず出席することがのぞましい)とミニテスト(授業のはじめに毎回行う)
<テキスト>
『イタリア語のスタート 文法と練習(解答なし)』(CD 付)、白水社、2,625 円
<参考書>
小学館の伊和中辞典・和伊中辞典(もしくはこれらを含む電子辞書 、アプリ)。ポケットプログレッシブ伊和・和伊中辞典を併用してもよい。
<受講上の注意事項等>
イタリア語Ⅰ~Ⅲを学んではずみがついたところで、イタリア語 Ⅳでさらにステップアップしていってもらいたい。そのためにはマメな努力は欠かせ
ない。とくに辞書をよく読む、わからないことを放っておかないことが大切。復習、繰り返しも効果的である。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
172 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content