close

Enter

Log in using OpenID

1 第1回アルジェリア・日本学術セミナーをホウアリ・ブーメディエン科学

embedDownload
 第1回アルジェリア・日本学術セミナーをホウアリ・ブーメディエン科学技術大学で開催
2010 年 11 月 8 日(月)から 2 日間にわたってアルジェリア民主人民共和国アルジェ
市のホウアリ・ブーメディエン科学技術大学(USTHB)において、第 1 回アルジェリア・
日本学術セミナー(1st Algeria-Japan Academic Conference: AJAC、主催:USTHB・筑波大
学、協力:ブザレア大学・ブザレア高等師範学校、後援:アルジェリア民主人民共和国
高等教育科学研究省・在アルジェリア日本国大使館・在日アルジェリア民主人民共和国
大使館)が開催されました。本セミナーは、
「アルジェリア・日本の学術交流の推進を目
指して」をテーマに、アルジェリアと日本の研究者がお互いの興味・関心・研究内容に
ついて情報を共有し、今後の研究交流のきっかけとなることを目的としています。アル
ジェリアからは 100 名近い参加者があり、口頭発表数は 46 題、日本からは 24 名の参加
者を集め、20 題の口頭発表がありました。
8 日午前の開会式は、150 名あまりが参加する中、
神谷武在アルジェリア日本大使が、AJAC および日
本-アルジェリア間学術交流への期待を表明されて
幕を開けました。次いで塩尻和子筑波大学副学長が
挨拶、AJAC が本年5月にチュニジアで開催された
日本・北アフリカ学長会議での共同宣言の具体化の
最初の例であると述べました。また Naceur Boucherit
外務省アジアオセアニア総局長兼大使が、日本との
経済協力に加えて科学技術・学術面でのパートナーシップも確立することへの期待を、
Benali Benzaghou USTHB 学長が、AJAC を機に日本の大学と幅広く交流を展開すること、
特に博士課程の研究指導が出来る教員の養成についての期待を、それぞれ表明しました。
1
コーヒーブレイク後の全体セミナー
においては、礒田博子筑波大教授が「乾
燥地生物資源の有効活用」について、
Leila Kadik-Achoubi, USTHB 教授が「ア
ルジェリア山岳地帯における植生」につ
いて、小島紀徳成蹊大教授が「CO2 削減
の観点からの砂漠緑化」について、Djillai
Benouar, USTHB 教授が「アルジェリア
における地震研究」について、山中浩明
東京工業大学准教授が「地震学分野での国際研究協力」について、Yasmina Chaid Saoudi,
University of Alger 教授が「Dellys のカスバにおける考古学研究と保存活動」について、
青柳悦子筑波大教授が「日本におけるアルジェリアのイメージと文学受容」について講
演を行いました。
翌 9 日はバイオテクノロジー、環境、情報・マネー
ジメント科学、地震学、人文社会科学の 5 つの分科会
に現地の学生も多数参加し、各分野で活発な議論が交
わされ、予定時間をオーバーして討論を続ける分科会
も出るほどの活況を呈しました。
夕刻からの閉会式では、AJAC 実行委員会副委員長
の安部征雄筑波大学海外大学共同利用事務所長と
Mahrez Drir USTHB 副学長の両氏が、今後も AJAC を定期的に開催し、同様の学術セミ
ナーをマグレブ諸国に広げていきたいとの意欲を示しました。また、アルジェリアが設
定している博士後期課程学生のための短期留学奨学金制度や、国際共同研究のための研
究助成金の制度があるので、日本との学術交流に大いに
活用したいとも述べ、これをもって閉会挨拶としました。
今回のセミナーを機に、日本とアルジェリアの研究
者間での、具体的な共同研究に関する議論や現地調査が
数件行われることになりました。また、地元 TV・ラジ
オ局、新聞社からの取材も来ており、アルジェリア側の
AJAC に対する注目度の高さがうかがわれました。
AJAC がアルジェリアと日本との研究者間交流のきっ
かけとなり、今後の定期開催が実現することを願ってや
みません。
(文責:筑波大学国際部 森尾貴広・力丸みほ)
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
452 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content