close

Enter

Log in using OpenID

学籍番号・学生証・学籍の異動

embedDownload
■ 尚絅学院大学について
学籍について
学籍とは、本学の学生として在籍している(在学生である)ことを示すものです。
入学(編入学・再入学を含む)によって生じ、身分等各種証明の原本となります。
学籍簿は本人の身上および学籍等に関する事項を記録する基本的資料で、卒業後も永久に保存されます。
1 学籍番号
学生証に記入してある学籍番号は、入学と同時にあなたが本学に籍があることを証明する個人番号で、卒
業するまで変わりません。常に氏名と学籍番号を一緒に使うように心がけてください。
学籍番号は、次の区分で付されています。
[例]学籍番号1611101番 (2016年度入学 総合人間科学部 表現文化学科 Aクラス1番)
1 6 1 1 1 0 1
クラス
学 科
専 攻
学 校
入学年度
個人番号
〔学校〕
1…大学 総合人間科学部
2…大学 総合人間科学部
(編入学生)
7…大学院(修士課程)
〔学科〕
1…表現文化学科
2…人間心理学科
3…子ども学科
4…現代社会学科
5…環境構想学科
6…健康栄養学科
〔科・専攻〕
1…総合人間科学研究科 心理学専攻
2… 〃 健康栄養科学専攻
〔クラス〕
1…Aクラス
2…Bクラス
3…Cクラス
4…Dクラス
5…Eクラス
6…Fクラス
2 学生証(身分証明書)
学生証は、尚絅学院大学の学生であることを証明するものです。常に携帯して本人証明を求められた時は
いつでも提示できるようにしてください。また、本学ではICカード学生証を導入しており、学生証は以下
の場合に使用します。
なお、氏名等の表記はJIS第1水準及び第2水準の範囲の文字を使用し、戸籍上の表記がこの範囲外の文
字の場合は範囲内の対応する文字に置き換えます。あらかじめご了承ください。
◇学生証を使用しなければならないとき
①授業を受けるとき
②試験を受けるとき
③証明書自動発行機を利用するとき
④通学定期券を購入するとき
⑤学割証によりJRの乗車券を購入するとき
⑥図書館を利用するとき
⑦その他本学教職員から提示を求められたとき
◇記載事項の変更について
学生証の記載事項を学生が訂正・変更することはできません。変更がある場合は、学生生活課へ申し出て
ください。
(裏面の現住所・通学区間については、本人が変更欄に記入し、学生生活課に認印をもらうこと)
◇学生証の紛失について
落としたり他人に貸したりすると、あなたになりすまして学生ローンなどで借金をしたり、各種の学生割
引を利用されたりなど、あなたの知らないうちに学生証が悪用され損害を受けることにもなりかねません。
本学及びあなたが迷惑をこうむることになりますから、特に注意してください。
また、紛失した場合は、速やかに再交付の手続きを行ってください。
6
S H O K E I ■
◇再交付について
紛失や破損、改姓名、有効期限が切れた場合は、以下のものを用意し、学生生活課へ願い出てください。
(再交付までの期間は原則として10日間)
「学生証再発行願」
(証明書自動発行機で購入 手数料 5,000円)
◇学生証の返還について
以下の場合、必ず学生生活課へ学生証を返却してください。
退学・除籍の場合
有効期限が切れた場合
転学科など学籍の異動が生じた場合
④その他学生の身分を失った場合
(見 本)
1616000
1997年4月4日生
2016年4月4日発行 1
2020年3月31日迄有効
3 学籍の異動
本学在学中に下記のような「1」〜「3」の異動が生じた場合は、早急に「休学・退学・復学願」をクラ
ス担任へ提出の上、学長の許可を得ることになっています。このほか学則の定めにより事務手続の措置をと
る「4」除籍、所属学科を変更する「6」転学科があります。
1.休学
病気その他やむを得ない理由で3ヶ月以上修学することができない場合は、まずクラス担任に相談してく
ださい。その上で「休学願」
(所定様式)に必要事項を記入し、保証人連署の上、クラス担任の承認を得て、
教務課に提出してください。なお、病気やケガの場合は診断書が必要です。
(注意事項)
① 休学の期間は、当該年度末(3月31日)または学期末(9月30日または3月31日)までです。
② 休学は1年を限度として休学を延長することができます。ただし、通算して4年を越えることはでき
ません。
③ 休学の期間は在学年数に算入されません。
④ 休学の期間が過ぎても「復学」または「休学」の手続を行わない場合は、
「除籍」となる場合があり
ますのでご注意ください。
⑤ 学期途中で休学する場合、当該学期分の所定の納付金を納入しなければなりません。未納の場合は、
「休学願」を受理できません。
2.退学
病気・進路変更など、やむを得ない理由により学業を続けられなくなった場合は、クラス担任に相談して
ください。その上で「退学願」
(所定様式)に必要事項を記入し、保証人連署の上、クラス担任の承認を得て、
教務課に提出してください。
(注意事項)
学期途中で退学する場合、当該学期分の所定の納付金を納入しなければなりません。未納の場合は、「退
学願」を受理できません。
7
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
883 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content