close

Enter

Log in using OpenID

FAOのIYPマップ 世界のジャガイモ生産量 1991-2007年

embedDownload
FAOのIYPマップ
世界のジャガイモ生産量
1991-2007年
100万トン
200
150
100
50
0
先進国
開発途上国
1991
1993
1995
1997
1999
2001
2003
2005
ジャガイモは、少ない土地と厳しい気候条件のもとでも、短期間で育つ栄養価の高
現在では、総生産量約3億トンのうち約半分が開発途上国で生産されています。消費
い食べ物です。もともとアンデス地帯で8000年にわたって食されてきましたが、16
量については、総量では人口の多いアジアが、一人当たりの量はヨーロッパがトップで
世紀にスペイン人によってヨーロッパに持ち込まれて以来、急速に世界中に広まりまし
すが、アフリカやラテンアメリカでも増加しています。
た。
国連は、ジャガイモが世界の貧困と飢餓に果たす役割に注目し、2008年を「国際
1990年代の初めまでは、ほとんどのジャガイモがヨーロッパや北アメリカ、旧ソ連
イモ年」
と定めて、ジャガイモの重要性への関心を高める活動を行っています。
で生産・消費されていましたが、その後、開発途上国の生産・消費がめざましく伸び、
(社)国際農林業協働協会 http://www.jaicaf.or.jp H19Pu4-2008.3/10-9/100
出典:IYPウェブサイト http://www.potato2008.org
2007
年
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
49
File Size
405 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content