close

Enter

Log in using OpenID

めぐみイエス・キリスト教会 公式HP

embedDownload
めぐみイエス・キリスト教会
2015年6月7日(日)《午後6:00~7:00》
第一聖日礼拝週報「通算第261号」
(夏近し)
『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして
滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』
(ヨハネの福音書3章16節)
住所
千葉市稲毛区宮野木町835-78
電話 043-256-0488
主日礼拝 毎週日曜日 午後6時~7時
聖書研究・祈祷会 毎週木曜日 午後6時~7時
牧師
鈴
木
竜 実
ますみ
※当教会は、モルモン教、エホバの証人(ものみの塔)、統一教会
(原理福音)とは、一切関わりがありません。
◎2015年標題聖句『ヘブル人への手紙13章8節』
《イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。》
◎今月のみ言葉『第一ヨハネ5章19節~20節』
《私たちは神からの者であり、全世界は悪い者の支配下にある
ことを知っています。しかし、神の御子が来て、真実な方を知る
理解力を私たちに与えてくださったことを知っています。それ
で私たちは、真実な方のうちに、すなわち御子イエス・キリスト
のうちにいるのです。この方こそ、まことの神、永遠の命です。》
(スイカの季節近し)
◎お知らせ
1.今週の祈祷会は、平常通り6月11日(木)午後6時~7時に行ないま
す。タイ・チェンライから一時帰国される平山輝明宣教師が出席しま
す。祈祷会終了後、「報告と交わり会」を予定しています。
2.6月8日(月)鈴木師は、中野ジョイフル教会において行なわれる
「聖書キリスト教会牧師会」に出席します。そして、すぐにITCNの午
後集会に出席し、奏楽と藤平久代さんの特別賛美を担当します。
3.斉藤順子宣教師は、6月21日(日)の第三礼拝に来て下さり、「ロン
グビーチジャパニーズミニストリー」の報告と、礼拝メッセージを担当
します。主に大いに期待し、またお祈り下さい。
-1 -
◇◆◇2015年6月7日(第一主日礼拝)
午後6時00分~7時00分
司会 鈴木 ますみさん 奏楽 佐野 みゆきさん
◎礼拝プログラム
【賛 美Ⅰ】
①イエスに高き誉れを ②今こそキリストの愛に
③栄光から栄光へと
④その日全世界が
【使徒信条】
【主の祈り】
【賛 美Ⅱ】
⑤祈ります
⑥ビジョン
⑦主イエスを礼拝するため
【メッセージ】《聖書のメインメッセージ》鈴木竜実牧師
【聖 餐 式】
【賛 美Ⅲ】
⑧今月の聖歌444番「我に聞かしめよ」
⑨神のみわざ
【 祝 祷 】
⑩友よまた会う日まで
◎本日のメッセージ【聖書のメインメッセージ】
◎聖書箇所
【ヨハネの福音書3章16節】
3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世
を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びること
なく、永遠のいのちを持つためである。
-2 -
●ポイント1
神が愛された「世」とは?
※創世記1章26節~31節【神様が創造されたものとは?】
(旧約p.2上段)
※イザヤ書43章4節
【神様が最も愛されたものとは?】(旧約p.1095下段)
43:4 私の目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。だから
私は人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
●ポイント2 神様の条件とは?「御子を信じる」こととは?
※ヨハネの福音書12章44節~46節 【私を信じる者は誰も】(新約p.188下段)
また、イエスは大声で言われた。「私を信じる者は、私ではなく、私を遣わ
した方を信じるのです。また、私を見る者は、私を遣わした方を見るのです。
私は光として世に来ました。私を信じる者が、誰も闇の中にとどまることのな
いためです。」
※使徒の働き10章43節
【コルネリオへのメッセージ】(新約p.228下段)
10:43 「イエスについては、預言者たちもみな、この方を信じる者は誰でも、
その名によって罪の赦しが受けられる、とあかししています。」
●ポイント3 「永遠のいのち」とは?
※ヨハネの福音書12章50節
【主イエス様のお言葉】
(新約p.188下段)
「私は、父の命令が永遠の命であることを知っています。それゆえ、私が話し
ていることは、父が私に言われた通りを、そのままに話しているのです。」
※第一コリント15章50節~54節【使徒パウロによる見解】
(新約p.313上段)
15:50 兄弟たちよ。私はこのことを言っておきます。血肉のからだは神の国
を相続できません。朽ちるものは、朽ちないものを相続できません。
15:51 聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみなが
眠ってしまうのではなく、みな変えられるのです。
15:52 終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴る
と、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。
15:53 朽ちるものは、必ず朽ちないものを着なければならず、死ぬものは、
必ず不死を着なければならないからです。
15:54 しかし、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、
「死は勝利にのまれた。」としるされている、み言葉が実現します。
-3 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
157 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content