close

Enter

Log in using OpenID

道一筋に

embedDownload
学校便り
長野市立古牧小学校
No.25
道一筋に
平成26年10月10日(金)
学校長
岡谷
善博
文責
宮澤
忠利
元気にイギリス訪問中 10/3(土)~12(日)
長野駅
出発
成田空港 出発
ロンドンホテル 到着
(イギリス訪問隊の教頭先生より
交流会はじめの会
その1)
イギリスは日本よりかなり寒いです。朝8時に学校へ。朝、集会ではじめの会がありました。パワーポイント
とビデオ。とても良く聴いていました。通訳の方が合間に解説を入れてくれました。子どもたちも英語で頑張り
ました。イギリスの子どもたちは食い入るように見ていました。学ぼうとする意欲には驚かされます。午前中は
各教室の様子を見て周りました。5歳から8歳の子ども。9歳からの子ども。6年生は昨年ホームステイを受け入れ
た子どもたちでした。そのあと5年生のクラスで一緒に俳句を作りました。英語で短い詩を書いたもの日本の子
どもたちが解説を入れます。子どもたちの感性の豊かさには驚かされます。お昼は朝集会をした場所で食べまし
た。ピザを一切れ。茹でたジャガイモ。野菜。グループごとに取り分けられ、係りの子どもが分けます。
(イギリス訪問隊の教頭先生より
その2)
デザートにアイスクリームが出されました。給食は調理室があり、自校給食です。午後は折り紙を一緒に折り
ました。手裏剣に風船、跳ねるカエル、飛ぶセミ、風車を何個も喜んで作っていました。非常ベルのような音が
鳴って、午後の休み時間です。雨のためか芝のグランドは使わず、コンクリートのところでサッカーをしてます。
遊具の下にはウッドチップが敷かれ安全面はバッチリです。六時間目はマンガを書きました。始めに子どもたち
が説明します。その後、選んだマンガを一緒に描きました。イギリスの子どもたちは食い入るよう見て描いてい
ます。教室は日本の半分。狭いなかで向かい合い、学んでいます。身体だけでなく心の距離も近い。そんな気が
しました。終わりのチャイムが鳴ると先生が前に立ち、きちんと並べて学年ごとに帰らせます。静と動が見事に
使い分けられています。貴重な一日でした。
10/12(日)に長野に帰ってきます。帰ってきてからのイギリスのお話がとても楽しみです。
秋の交通安全教室
10/8(水)
8日(水)に秋の交通安全教室が行われました。講師は長野県交通安全教育支援センターの3名
のみなさんでした。実際の車を使用して学習したことが3つありました。
1つ目は、車の死角です。運転席から見えない部分があることを、実際に車の周りに立って確認
しました。車の周囲には危険があることを学びました。
2つ目は、車の内輪差です。前と後ろのタイヤの通り道がちがい、車の後ろの部分にひかれてし
まう危険があることを確認しました。車が曲がってくるときには注意することを学びました。
3つ目は、車は急に止まらないことです。車に人形がひかれてしまうところを見ました。時速40
㎞で止まるまでに約20m位だそうです。絶対に飛び出しをしてはいけないことを学びました。
最後に、交通安全の大切な3つの約束を教えていただきました。
「とまる」
「みる」
「まつ」です。
自分の命を守るために、交通事故に絶対にあわないように気をつけていきましょう。
ご家庭でも、交通安全について話題にしていただき、古牧から交通事故を出さないように注意し
ていただくようにご指導をよろしくお願いいたします。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
813 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content